静岡県静岡市の駿河区と清水区の境界にある景勝地、日本平。2018年に新たな静岡市の観光名所「日本平夢テラス」がオープンしました。眺めの良いテラスからは、富士山や駿河湾、伊豆半島、南アルプスなどの眺望が楽しめます。


施設内には景色を眺めながらゆっくりくつろげるラウンジもあります。今回は入場無料で気軽に楽しめる、静岡市・日本平の新名所「日本平夢テラス」をご紹介します。



日本平と静岡の歴史が学べる、「展示エリア」



まずは日本平夢テラスの入口を入り、一階からすすみましょう。一階は日本平と静岡県の魅力を発信している展示エリア。日本を代表する名勝地「日本平」の歴史を紹介するパネルが設置されています。





前庭の眺望が、趣があって素敵ですね。ガラス張りの壁面に、木材を使った内装と、館内は開放感に溢れています。





日本平についてさらに詳しく知りたいなら、パネル横に設置されているプロジェクションマッピングも利用してみましょう。プロジェクションマッピングのボタンを押すと、音声ガイダンスが流れ、日本平の地形の成り立ちを学ぶことができます。





日本平夢テラスの庭園を眺めながらくつろげる、「茶房 夢テラス」



1階で日本平の歴史を学んだら、二階に上ってみましょう。日本平夢テラスの二階には、「茶房 夢テラス」があります。庭園の景色を眺めながら、季節のお茶や和菓子がいただけます。


「日本平煎茶」など、メニューも豊富です。筆者がこの日に注文したのは、抹茶セット。目の前で淹れてくれる本格的な抹茶と、清水の和菓子屋から仕入れている静岡ならではの和菓子セットをいただきました。





淹れたての抹茶と、甘すぎない和菓子は優しい味わい。庭園を眺めながらゆっくりできるので、ほっと一息つきたい時にピッタリです。





カウンターの隣にあるお土産コーナーでは、日本平の名産品が販売されています。お茶やポストカードなど、ちょっとした手土産にいいですね。





富士山の眺望が楽しめる、「展望フロア」



2階でゆっくり過ごしたあとは、3階に上がってみましょう。日本平夢テラスの3階は、展望フロアです。静岡県産木材をふんだんに使った、天井の美しさは圧巻です。伝統的な日本建築空間を体験しながら、八方向を見渡せます。





この日はあいにくの雨でしたが、晴れた日にはここから絶景の富士山が見られます。天候が悪い日には、大型モニターに富士山の映像が表示されるので、雨天時でも雰囲気を楽しめるのは嬉しいですね。



四季折々の花を楽しめる、「庭園」



日本平夢テラスの隣には、四季折々の花を眺めながら散策できる庭園があります。晴れた日に訪れれば、気持ちの良い時間を過ごせるでしょう。


カップルから子ども連れのファミリーまでどんな年代でも楽しめるスポットなので、休日には県外から訪れる人も多い人気の観光地となっています。ぜひ天気の良い日には、絶景の富士山を堪能しに日本平夢テラスに出掛けてみてくださいね。


日本平夢テラス
【所在地】〒424-0886 静岡県静岡市清水区草薙600-1

【開館時間】日〜金曜日 9:00〜17:00、土曜日 9:00〜21:00
 ※展望回廊は終日入場できます。

【電話番号】054-340-1172

【休館日】毎月第2火曜日、及び年末(12/26〜12/31)

【アクセス】
車を利用の場合、東名静岡I.C.より約30分・新東名静岡ICから約35分
東海道新幹線を利用の場合、JR静岡駅よりバスで約40分(駅北口11番のりば)

日本平夢テラス公式ホームページ


<ライター>

西山ココ
エステティシャンとして国内外で経験を積み、出産をきっかけにフリーライターに転向。自然豊かな場所で子育てをするため、静岡に移住。女性向け恋愛コラムや子育て、静岡情報を中心に執筆。

関連するワード