バイトが終わると誰からともなく、「今日飲みに行かない?」と誘われること、ありますよね。仲の良いバイト仲間なら気楽ですが、上司や社員など、気をつかう人と行くときはちょっと緊張することも。


仕事ではありませんが、飲み会にも一定のマナーがあります。一般常識としての「飲み会マナー」も覚えておきましょう!



バイトの飲み会で絶対おさえておきたい基本マナー



・一気飲みは絶対ダメ!
急性アルコール中毒などで運ばれる人も少なくありません。一気飲みを強制された場合はしっかり断ってOK。もちろん自分から一気飲みをけしかけるようなことは慎みましょう。


・ハラスメントに注意! 無理にお酒を飲ませない
お酒が飲めないという人に飲ませるのはハラスメントの一種です。「ノリが悪い」などという人もいますが、お酒が飲めない人が飲むと大きなトラブルになることも。お酒を飲むかどうかはその人次第です。絶対に強制したり、断れずに応じてしまったりすることがないようにしてください。


周りで見ている側にいる場合は、勇気を出して止めることも重要です。



気配り上手な人のマナーから学ぶ



楽しみながらも全体を見渡し、細やかな配慮ができる人はかっこいいもの。もしあなたが後輩の立場なら、お店の人に注文を言いやすい席、すなわち「下座」に座ってみてください。


後から来た人がいたらおしぼりを追加で頼んであげたり、誰かの飲み物がなくなっていることに気づいたら、「何か注文しますか?」とメニューを渡してあげたりできると親切ですよね。「メニューが遠くて届かない」「先輩のお説教につかまって注文するタイミングをなくしていた」、なんてこともありますから。


「適当に食べ物頼んでくれる?」と言われたら、自分の好きなものを頼むのではなく、みんなでとりわけやすいもの、野菜や肉、揚げ物や焼き物など、バランスよく頼むと喜ばれます。


他にも「乾杯時は目上の人よりグラスを下げて」「上司にはお酌をする」など、日本らしいマナーもありますが、年齢層の若い会社では、もう古いマナーになっているようです。



バイト飲み会の断り方マナー



バイトの飲み会をどうしても断るときは、「体調が悪い」「別の仕事がある」「レポートを仕上げなければいけない」など、色々な理由が考えられるでしょう。


飲み会が頻繁にあり、何度も同じ理由で断りづらい場合は「お酒アレルギーがある」「家庭の事情で、夜はいつも家にいなければならない」などと、日を問わず、飲み会には参加できない理由を伝えておくとよいかもしれません。



飲み会でおごってもらったら次のバイト日にお礼を伝えよう



バイトの先輩や社員と一緒に飲みに行くと、おごってもらうこともあるでしょう。その場でお礼を言うのはもちろんですが、次に出社したらすぐに再度お礼を伝えるのがオトナのマナー。


「昨日はどうもありがとうございました! バイトしっかり頑張ります!」
などと、お金以外でお返しをする意気込みを伝えれば、先輩社員もおごり甲斐がありますね!



バイトの飲み会も悪くない


ひと昔前は「飲ミニケーション」という言葉があったほど、飲み会で打ち解け合おうという考え方がありましたが、できれば飲まずとも、仕事を通じてわかりあえるのがベストです。


仕事を離れた場所だからこそ、相手の考え方や性格がより良くわかるということはあるでしょう。相手のことをよく知り、より楽しく仕事をするためにも、上手なおつきあいをしたいものですね。


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

関連するワード