いよいよバイトも最終日。働いた期間が長くても短くても、特別な気持ちになる日ですね。最終日にどう振舞うかは社会人になっても重要なことですから、これを機に、きれいに職場を去るマナーを覚えておきましょう。



バイトの「ばっくれ」は簡単じゃない! 辞める時は誠実に



バイトが嫌になって、急に行かなくなることを一般的に「ばっくれ」とよびますが、このばっくれだけは避けてください。バイト先に迷惑をかけることはもちろん、「基本的なマナーも守れない自分」とセルフイメージも定着してしまい、誰にとってもよくありません。


そもそも残った給料の受け取りや、保険の手続きで必要になる書類などもあり、「こっそりばっくれる」ことは簡単ではありません。後々気まずい思いをするぐらいなら、最初からきちんと対応しておきましょう。



バイトを辞める最終日。挨拶をするタイミングは?



バイト最終日に何よりも大切なのは、やはり「挨拶」。お世話になった方へのお礼、一緒に働いた仲間へのひとことを直接伝えたいものです。迷惑をかけたことがあるなら、今一度お詫びの言葉も伝えておきましょう。


挨拶例:
「今日がバイト最終日となりました。色々なことを教えていただき、ありがとうございました! 今度からはお客さんとして遊びにきたいと思います!」


「大失敗をした時に助けていただいたこと、本当に感謝しています。次のバイト先でも教わったことをいかして、頑張りたいと思います。これまで本当にありがとうございました」



これがマナー! 最終日にバイト先ですべきこと



立つ鳥跡を濁さず、という言葉があるように、最後は美しく去りたいものです。バイト最終日には以下のことをして帰るようにしてください。


・ロッカーやデスク等、自分が使っていた場所の掃除(除菌シート等で中を掃除)
・私物はまとめて持ち帰る
・借りていたものをまとめておく(名札などの備品はひとまとめにして担当者へ手渡し)
・制服があれば洗って返す(後日でもよい)



最終日に菓子折りはバイト先に持参すべき?



「1,000〜3,000円ぐらいの菓子折りを」という人もいます。感謝の気持ちを形で表したい人であれば、もちろん持参して構いません。その他にも、一人一人にひとこと書いた小さいカードを渡すなど、感謝の表し方はお菓子以外にも色々あります。いつもより丁寧に職場や事務所のお掃除をする、というのも一つの方法ですね。


重要なのは「菓子折りを持参すべきかどうか」ではなく、感謝の気持ちをどれぐらい感じているかということ。相手への感謝を思い起こし、自分なりの伝え方を考えてみてください。


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

関連するワード