バイトをすぐに辞めたいと言い出すのは、言いづらいもの。特に「人間関係に疲れた」「やる気がなくなった」等という時は、他の理由で取り繕うこともあります。


とはいえ、当たり障りない理由だと「引き止められてもっとやめづらくなった」ということもありますから、以下のポイントを押さえ、すっきり円満に辞められるよう注意してください!



注意点1:バイトを辞める意思はすぐ上の管理者に伝える



誰よりもまず、直属の上司か店長、職場の責任者に相談しましょう。うっかり同僚などに「辞めたい」と漏らしてしまうと、「Aさんから聞いたんだけど、バイト辞めるって本当?」などと、ややこしいことになる可能性もあります。言いづらいかもしれませんが、責任者に対面で伝えるのが一番です。


伝える際には前もって「お話ししたいことがあるのでお時間をいただけますでしょうか」と、事前にアポイントを取ります。最近はメールやLINEで一方的に「辞めます」と伝える人もいるようですが、これはマナー違反ですのでやめましょう。



注意点2:すぐに辞めるのはNG! バイト先の都合も考えて1か月前がベスト



辞めたいと思うと明日にでも辞めたくなるものですが、急にバイトを辞めるのは会社にとって大迷惑。トラブルになり、余計に辞めづらくなることもあります。


労働基準法では、「期間の定めのない雇用契約の場合は退職届の提出は2週間前まで」となっていますが、できれば1か月前までに申し出ると良いでしょう。特にシフトを組んでいる職場では、シフト提出期日までに伝えるのが大人の配慮です。


バイトを始める前に契約書などを交わしている場合は、退職についての項目の有無や内容を確認してください。



注意点3:言いづらくても辞める意思ははっきりと



言いづらいからと言って中途半端な伝え方をすると、「何かを改善すれば続けられるのかも?」などという余地を残してしまい、引き留められてやめづらくなることも多々あります。


学校の授業、就職活動、家族の手伝いなど、会社が介入できない理由を伝えれば、比較的スムーズに事が進むはず。


「どうしても辞めさせてもらえない」「トラブルになりそうだ」という特殊な場合には、「退職届を郵送する」という方法もあります。その場合は郵送したことを後から証明できるように「内容証明」という方法をとってください。



注意点4:バイトでも「立つ鳥跡を濁さず」の精神を大切に



バイトだからと言って仕事を軽く考えてはいけません。やるべき仕事はきっちり済ませ、次に入ってくるバイトの人が引き継ぎやすい工夫をしてください。


引き継ぎをする時間がない場合は、仕事内容やポイントをまとめたノートを残すと喜ばれます。



まとめ


縁があって働いた職場。将来またどんなことで繋がりがあるかもわかりません。「辞めてしまうのは残念だけど、いい仕事をしてくれてありがとう」と、気持ち良く送り出してもらえるようにしっかり最後を締めくくりたいものです。


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

関連するワード