「バイトには雇用契約書など必要ない」と勘違いしている会社もまだまだ多いようですが、法律ではバイトやパートでも、労働条件を書面で明示しなければならないと決められています。


時給や働く時間などを口頭確認で済ませてしまうと、後から「聞いていた話と違う」となった時に証拠がなく、泣き寝入りすることにもなりかねません。



バイト条件が書かれた書面は「雇用契約書」「労働条件通知書」など名称は様々



バイト先によって、書面の呼び方は色々あります。「雇用契約書」は会社と雇われる人の両方が捺印し、同意したことを表す契約書を指します。「労働条件通知書」は会社が一方的に条件を通知するというもので、雇われる側の捺印は不要です。


法律上、会社は条件を「書面で通知」すればよいとされています。



雇用契約書も労働条件通知書ももらえない場合はどうする?



面接合格の連絡が入ったら「雇用契約書のようなものは初出社日にいつごろいただけますでしょうか? 印鑑を持っていく必要があればお知らせください」と確認してみましょう。


会社側が書面発行の必要性を理解していなかったり、バイトの入れ替わりが激しいために契約書発行の手間を省いていたりすることもあるようです。


そういう場合は、「以前ハローワークで、バイトでも必ず契約書を交わすようにと言われたことがあるのですが」などと、まずはやんわりと伝えてみてください。



バイト雇用契約書・労働条件通知書はココをチェック!



契約書などと聞くと「難しそう!」と思うかもしれませんが、確認すべきことはどれもバイトをするにあたり気になることばかり。次のようなポイントを事前にチェックしておきましょう。


・バイト採用期間について
・バイトの始業・就業の時間
・残業の有無
・休憩時間やシフトについて
・休日について
・時給
・退職に関すること(解雇についても)
・退職手当以外の臨時賃金について(ボーナス)
・金銭的負担が発生するものがあるか
・安全や衛生について
・職業訓練について
・災害補償や業務外のケガ・病気について
・表彰について
・休職について・バイト採用期間について
・バイトの始業・就業の時間
・残業の有無
・休憩時間やシフトについて
・休日について
・時給
・退職に関すること(解雇についても)
・退職手当以外の臨時賃金について(ボーナス)
・金銭的負担が発生するものがあるか
・安全や衛生について
・職業訓練について
・災害補償や業務外のケガ・病気について
・表彰について
・休職について


これらは「労働基準法」の第5条第1項に書かれてあります。



バイト面接で聞いた内容と雇用契約書が違う場合はどうする?



いざ契約書を見てみると、面接時に聞いていた時給や労働時間などが違う! そんなときは、遠慮なく会社に確認をしてみてください。会社の人も間違うことがありますので、単なる間違いであれば、すぐに修正して再発行してくれるはずです。



もめ事を避けるためにもバイトの契約書は大切


面接時に聞いていた内容が間違っていて、実際の契約に納得がいかないという場合は、早い段階で会社に話してみてください。不明な点は、初出社日を迎える前に確認できればベストです。



参照:労働基準法 第五条―厚生労働省

<取材協力>

星野陽子(ほしの・ようこ)
HRプラス社会保険労務士法人所属の社会保険労務士。東京都渋谷区恵比寿を拠点に、「HR(人事部)に安心、情報、改善という付加価値をプラスしていく」いうコンセプトのもと、全国の顧問先に対し人事労務に関するソリューション提案を行っている。企業が元気にならないと雇用は生まれない、賃上げはできないとの思いから「人事労務で疲弊する日本中の経営者・人事マンを元気にする!」をミッションに掲げ、人事労務担当者の立場に立った人事労務相談、就業規則や諸規程の整備、IPO支援、海外進出支援、社会保険事務のアウトソーシングなどを展開。品質と信頼を担保するために、担当するスタッフ全員が社会保険労務士有資格者。万全のセキュリティ体制でマイナンバー制度へも対応している。


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

関連するワード