会社で正社員の人が健康診断を受けているのを横目に、「パートは受けられないのかしら……」ともやもやしている人、いませんか?


結論を言うと、パートでも要件を満たしていれば正社員同様に健康診断を受ける権利があり、会社には受診させる義務があります。



健康診断を受けられるパートの要件



会社に義務があるとはいえ、どんな人でも受けられるかというとそうではなく、以下の条件に当てはまっている必要があります。


・1年以上雇用される予定の人
・週所定労働時間の3/4以上である人


もし通常の週所定労働時間が1日8時間の場合、要件にあてはまるパートの方は「週30時間以上働いている人」ということになります。


また「1年以上雇用される予定の人」ということですから、半年で契約終了ということがわかっている場合はあてはまりません。ただし、半年後も契約が更新される予定であれば、対象になります。



健康診断の費用はパート勤務者が負担するの?



健康診断の費用は会社が負担しますので、パートで働く人が受診にかかる費用を支払う必要はありません。ただし、会社が負担するのは法定分の項目のみ。


それ以上に詳しい検査を受けたい場合は、もちろん自己負担が発生します。


病院によっては法定内の項目以上に受診しなければならないというコースもあるので、自己負担が発生しないかどうか、あらかじめ確認すると安心ですね。



要件を満たさないパートにも健康診断実施という会社も



法律で決められている要件は上述のとおりですが、それ以外にも「週所定労働時間が1/2の人にも健康診断させることが望ましい」という表記もあります。


社員思いの会社であれば、週所定労働時間が1/2(多くの場合は週20時間以上)でも受けさせてくれるところもあるようです。



健康診断を受ける頻度は年1回が基本



会社が従業員に健康診断を受けさせる頻度は、特定の業務を除き、通常は1年に1度と定められています。


また、採用時にも健康診断を受けさせる義務があるのですが、会社によっては「最近健康診断を受けたことがあれば、診断書を持ってきてください」と言われることもあり、この診断書が採用時の健康診断とみなされることもあります。



健康あっての仕事! 健康診断を積極的に受診しましょう!


中には色々な事情で「健康診断を受けたくない」という人もいるかもしれませんが、仕事ができるのも健康であってこそ。1年に1度、会社で受診する機会があるのであれば、積極的に受けてみてください。


会社には、従業員の健康や安全を守る義務(安全配慮義務)があります。健康診断のみならず、十分な業務・作業スペースの確保や、積極的なハラスメント対応なども含まれます。


雇用体系に関わらず、心身の健康を維持・向上するよう、働く側からも働きかけていきましょう!


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

関連するワード