バイトをはじめたら楽しみなのが給料日ですが、働いた日の給与が支払われるのがいつかというのは、バイト先によって異なります。一般的な給与支払いに関する知識について知っておきましょう。



1.バイト給料の「締め日」と「支払日」



一般的なバイトの場合、「●日~●日分を月に1回まとめて払う」というルールがよくあるパターンです。給料が実際に支払われる日を「支払日」と言いますが、例えば1日~月末のお給料が、月末その日に支払われるわけではありません。末日で「締め」て、そこから給与計算がなされますので、実際に支払われるのは翌月以降となります。


例えば4月を例にとって、「25日締め・翌月10日払い」の場合を見てみましょう。4/24〜5/25を1か月として考え、その間に働いた分の給料が計算されます。計算の結果出た給料は、「翌月10日払い」、つまり6月10日に支払われるということです。


4月1日からバイトを始めた場合、「25日締め」なのでいったん4月25日までの給料が5月10日に支払われます。もし支払いが「翌々月5日払い」という場合は、4月に働いた分は6月5日に支払われるということで、2か月間お金が入ってこないということもありえます。


いずれ支払われる給料ですが、すぐに支払われないことで計算が狂うという人もいるでしょう。バイトの採用連絡があったら、給料の締め日と支払日を確認しておくことをお勧めします。



2.バイト給料の支払われ方



給料の支払いに関して、法律で決まっているのは以下の5点で、「賃金支払い5原則」と呼ばれています。(労働基準法第24条)


・月に1回は必ず払うこと
・最初に決めた日に払うこと
・働いている本人に直接払うこと
・全額を支払うこと
・通貨で払うこと


・一般的な月払い
継続的なバイトなら決まった締め日・支払日があり、毎月1回支払われるという会社が多いでしょう。


・短期バイトに多い週払い
基本的には週払いも月払いと同様です。例えば「月曜~日曜のバイト代を毎週水曜日に払う」などのルールがあるはずです。この場合、締め日は日曜、支払日は水曜となります。


・日払いもある
日払いのバイトでは、バイト作業が終了した後に手渡しで支払われることが多いでしょう。現金の場合、「確かに支払った」ということを証拠として残すため、印鑑を持ってきてくださいと言われることもあります。きちんと給料を受け取れるよう、忘れずに持参してください。



3.給料日が週末や祝日に重なる時、バイト代はいつ振り込まれる?



一般的には前倒しに支払われることが多いですが、中には週明けに振り込むという会社もあるようです。銀行の営業時間によるもので会社の不手際ではないため、後倒しになったとしても法律的には問題ありません。



4.何時になったらバイト代を銀行から引き出せるか



朝10時には引き出せるようになっていることが通常で、遅くとも銀行窓口が閉まる時間、すなわち15時までには口座に振り込みがあるはずです。


一般的にはシステム上で振り込みがなされるため、日付が変わったら振り込みが完了してしまいます。そのため、早朝でもすでに振り込まれているというケースが多くなってきたようです。



5.バイト代が振り込まれていない! そんなときはどうする?



毎月楽しみにしている給料日なのに、なぜか振り込まれていないというときは、以下の手順で相談してください。


・まずは上司に聞いてみる
上司や社員の人に、給料が支払われていないことを報告・相談してください。社内の給与課や人事部に確認をしてくれるはずです。時には人事部のミスで支払いが滞っていたり、間違って別の人に振り込んでいたりすることもあり得ます。


・労働基準監督署に聞く
1度ぐらいならミスで片付けられますが、給与の遅れが毎月恒例となっている場合は、会社近くの労働基準監督署に行ってみましょう。労働基準監督署が会社の状況を確かめ、支払いを促してくれるはずです。給与の遅れは会社倒産前にみられる症状であることも多いので、なるべく早めに確認することをお勧めします。


労働基準監督署が指導しても支払われないような時は、弁護士に相談するという最終手段もあります。弁護士への相談料は高くつきますから、地域の「無料相談会」などがないか調べてみましょう。市役所などに情報がある場合がありますので、「無料で弁護士に相談することはできますか」と聞いてみてください。



6.黙ってバイトを辞めた時の給料はどうなる?



絶対やってはいけないことですが、断りもなくバイトに行かなくなった場合に、働いた分の給料はもらえるのでしょうか。結論から言うと「もらえる」のですが、大人のマナーとして、給料が欲しければ会社に連絡を取り、バイトを辞めることを伝えてバイト代の請求をしてください。


働いた分の給料は会社も支払う義務がありますから、「勝手にやめた人にバイト代は払いません」ということはできません。


法律では「給料は本人に全額支払わなければならない」と決まっていますので、気まずいからといって友達に給料をとりに行かせたり、親の口座に振り込むように依頼したりすることはできません。



7.バイトでも残業代はつく!



時々「バイトだから残業代はつかない」と思っている人がいますが、バイトでも必ず残業代はつくものです。これは法律で決められていることです。


正しく残業代がついているかどうか調べたい場合は、給与明細とタイムカードをもってハローワークなどに相談してみましょう。



お金のことは勉強が必要


お金はとても大切なことなのに、学校でも家庭でも教えてもらう機会は少なく、自分でしっかり学ぶ必要があるものです。何から学べばよいのかが難しいところですが、まずは身近な「お給料」から始めてみましょう。


給与明細に書かれてあることが理解できればまずは第1段階クリア。まずは興味を持つことからはじめてみてください!


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

関連するワード