バイトをすると帰宅が遅くなることもあり、自宅近くでバイトを探す人も多いでしょう。中でも「スーパー」は、親しみのあるバイト先として人気がありますし、学生さんの場合は保護者の人も「スーパーなら安心」と、応援してくれるバイト先でもあります。


スーパーでバイトをしたいと考えた時、履歴書の志望動機欄には何を書けばよいのでしょうか。単純に「家から近いから」ではなく、スーパーを様々な角度から見て志望動機を考えてみてください。



履歴書で志望動機を書く前に! 知っておきたいスーパー運営の特徴



いつもは客として見ていたスーパーについて、経営側に立って改めて考えてみましょう。


人々の日常生活になくてはならない存在のスーパー。地元の人に愛され、売上を伸ばすことがスーパーとしての目標です。


スーパーは数あるサービス業の中で、人々の生活に最も密着したビジネスだと言えます。お客様と直接やり取りをする接客業の経験がつめることはもちろん、店舗運営のノウハウや、物を売るためのマーケティング、流通など、将来の就職を考えてスーパーのバイトを選ぶ人も多いのもうなずけます。


お客様の世代が幅広いことも重要なポイント。お年寄りも多く利用していることはどこのスーパーでも共通していることでしょう。あらゆる世代のお客様に満足してもらえる接客が大切です。



スーパーのバイトに期待されるポイントを志望動機欄に書く



志望動機がはっきりしていればよいですが、そうでない場合はまず上記のような雇う側のニーズを知り、「自分ならそのニーズを満たすことができる」というアプローチが有効です。スーパーのバイトに求められているポイントを見てみましょう。


・真面目である
レジの接客以外では、在庫チェック、品出しなど、単純作業が多いことが想定されます。単純な仕事でも一生懸命、丁寧にできる真面目さはスーパーのアルバイトにとっては重要な要素。几帳面であることや、やり抜く力などもアピールできるポイントです。


例:「6年間ピアノを習っていますが、毎日30分の練習を欠かしたことがありません。やると決めたことは自分で計画を立て、コツコツと積み重ねることが得意です。スーパーのバイトは接客のみならず、在庫管理など様々な仕事があると聞いています。丁寧な接客はもちろんですが、コツコツと正確に行う仕事も向いていると思いました。」


・接客業に興味がある
接客業の経験があれば、その経験を書いてアピールしましょう。


例:「以前コンビニで2年間バイトをした経験があります。緊張したレジ打ちにも1か月ほどで慣れ、会話を交わすような常連のお客様との出会いもありました。私がいるからと毎朝コーヒーを買いに来てくれる人もいて、接客業はやりがいがあると感じました。


スーパーではコンビニ以上に幅広い年齢層の方が来ると思いますので、一人一人のお客様にあわせた接客を学びたいと思います。」


接客業経験がない場合は、「スーパーで買い物時、困っていた時に声をかけてもらった」「笑顔での挨拶で元気になった」など、自分が顧客として利用した際の感想などに絡めて、接客業への考えを書くとよいでしょう。


・人が好き、明るくて元気
地域に根付いたスーパーでは特に、親しみやすい性格の人が好まれます。


例:「体育会系の部活に3年間所属していたので、元気な挨拶だけは自信があります。店内を一段と明るくします!」


「ご近所づきあいのある地域で育ったためか、自然と幅広い世代の方と親しくすることが得意になりました。ご高齢のお客様にも親しみやすく丁寧な接客で、お店のファンを増やしたいです」



無理をして大げさなことを書くのはNG



無理やりひねり出したわざとらしい志望動機はすぐに見抜かれてしまいます。


「家から近いから」という理由の人は、正直にそう書いてもかまいません。スーパーとしても自転車で通勤できる人なら交通費を支払う必要もなく、助かるというところもあるでしょう。


その場合でも、単に「家から近いから」と自分のメリットだけを書くのでなく、「家から近いからシフトにたくさん入ることができる」という店側の視点をいれると、印象がぐっとよくなります。


例:「家から近く、昔から利用しているので親しみがありました。通勤がしやすいので、なるべく長く働けると考え、応募させていただきます。」



スーパーはビジネスの基本が学べるバイト



スーパーに行くときは、どんな工夫がされているかと考えながらお買い物をしてみてください。


野菜コーナーで新種のレシピが手書きで掲示されていたり、お米などの重いものはレジ近くにあったり、買い回りやすいよう店内の動線に工夫がされていたりと、各スーパーによって多くの努力がなされています。


通勤が便利というのもバイトを長く続ける上で大切な要素ですが、就職活動など、自分の将来に役立つ学びが多いことも重要な点です。物事を長い目で見てみると、自然とよい志望動機が思いつくかもしれません。


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

関連するワード