ダイエットや体系維持などで注目されているスポーツクラブ。身体を鍛えながら、働くことの出来るバイト先として、人気の職場です。


でも、未経験者がバイトとしていきなり入って出来ることってあるの? 専門知識が無くても大丈夫? など、疑問や不安も多いはず。今回はそんな『スポーツクラブ』でのバイトの、仕事内容やその魅力について元スタッフがご紹介します。



スポーツクラブの仕事内容はそのジムの形態によって変わる



スポーツクラブでのバイトの仕事は主に、インストラクター、フロアスタッフ(受付)、そして監視員などです。しかし、スポーツクラブといってもその形態は様々で、営業時間や利用者、設置しているマシンや環境、施設規模によって、バイトの仕事内容も変わってきます。


個人会員をマンツーマンで指導しながらトレーニングするパーソナルジムや、一般的な会員制スポーツジム、24時間営業ジムなどがあり、どの種類の職場を選ぶかで、採用の規定や人材などが変わってきます。今回は比較的広く求人をしている一般的なスポーツクラブについてご紹介します。



スポーツクラブのインストラクターやフロアスタッフの仕事



インストラクターは、設置されている器具(マシン)の利用で鍛えられる筋肉を教えたり、身体を痛めたりケガをしないよう正しい使い方を指導したりします。


また、カウンセリングをしてから、身体の動かし方や、その人に必要なトレーニングの仕方を教えるのが仕事です。学生時代の部活でのトレーニング経験を活かすこともできるでしょう。しかし、専門的な指導や危険を伴う指導の場合は、社員が担当することが決まっています。


フロアスタッフは、入会希望者の施設案内や書類などの利用手続きを担当します。利用者への対応や電話対応もフロアスタッフの仕事です。ロッカールームなどの設備の消毒やメンテナンスもします。いずれも、就業時に先輩スタッフから丁寧に教えてもらえるので安心です。



スポーツクラブのバイトの働き方とメリット



インストラクターについては、部活や体育専攻などのスポーツ経験が採用にかかわってきますが、その他の求人については未経験でも応募可能なことがほとんどです。


バイトの年齢層も10~20代の学生やフリーターに人気の職場です。休日はもちろん混み合いますが、平日も主婦層や年配者の利用が多く、ある程度のシフトの自由が利くのも魅力。曜日に限らず働きたい方にオススメの職場です。


また、ジムやプールを格安、または無料で使うことができるので、自身のトレーニングや自分磨きが働きながらできます。従業員割引を使って、施設内で販売しているグッズやトレーニングウェアなどが購入できることも。



まとめ


働きながらキレイにかっこよくなりたい! 身体を動かしてストレス解消したい! という方にオススメの職場『スポーツクラブ』。今回は、そんな『スポーツクラブ』でのバイトについてご紹介しました。


スポーツの知識を深めたい方、部活の経験を活かしたい方、将来、スポーツ関係や身体を使った体力の必要な仕事に就きたいと考えている方にピッタリの職場です。是非、求人をチェックしてみてください。


<ライター>

よっさん
美容師免許保有のアロマテラピーアドバイザー兼キャンドルアーティスト。動物占いはシルバーのペガサスです。日々、SNSを駆使して、ちょっぴり楽しいことを探しています。

関連するワード