オシャレな場所で、華やかなイメージのアパレルバイト。憧れのショップに応募する場合、志望動機も書きやすいでしょう。しかし、特に思い入れがない場合や接客未経験の場合、履歴書の志望動機欄は何を書けばよいかと悩みます。アパレルバイトの特徴を踏まえながら、志望動機の書き方を見てみましょう。



アパレルバイトにつきたいなら! 履歴書の前にまずは情報収集を



志望理由を考える前に、まずはそのブランドのWEBサイトでブランドコンセプトを改めて確認してください。単に「好きだから」だけでは理由として薄いですが、コンセプトをしっかり理解し、そこに共感していることが伝われば1つ目のハードルはクリア。


いつから愛用しているか、愛用しているアイテムは何かなども織り交ぜながら、想いを伝えましょう。自分が接客してくれたスタッフの対応などに触れるのもエピソードとしてよいでしょう。もし仲良くしている店員さんがいるようであれば、名前を出してみると具体性が出ます。



アパレルバイトの志望動機―履歴書でおさえておきたいポイントとは



1.そのブランドが好きだという気持ちをアピール
物を売る仕事では、商品に愛着があることは重要なポイントです。自分がいかにそのブランドを愛用しているか、どういうところが好きなのかを自分の言葉で書いてください。好きなだけでなく、いかに自分がそのブランドの役に立てるかという視点もお忘れなく。


2. アパレルバイト経験がある人はそこでの経験を説明する
どのブランドで何年間働いたか、リーダーやマネジャーのポジションについたことがある人はその肩書きと、何人ぐらいのスタッフをまとめていたかなどにも触れてください。企業側としては、自分の頭で考えて、ゆくゆくは責任あるポジションにつけるような人を探しています。


大切にしていたこと、難しかったけれども工夫してうまくできるようになったことがあれば、エピソードを書いてください。売上にどれぐらい貢献したかを数字で表すことができればベストです。


3. 経験がない場合、コミュニケーション力のアピールを
他のサービス業経験があれば、そこで学んだことを思い出してください。他業界でも接客業経験がない場合は、接客業に必要なコミュニケーション力があることが伝えられるエピソードを思い出してみてください。


コミュニケーション力とは「おしゃべり好き」ということではありません。相手の話をよく聞いて、相手の気持ちがわかること。お客様や一緒に働くスタッフの気持ちを汲み取ることができるかどうかが大切です。


4. 体力のアピール
一見華やかなアパレルバイトですが、その裏では体力が必要な面も多くあります。立ち仕事であることはもちろん、たな卸しや在庫管理などでは、商品の詰まった段ボールを持ち運びしなければなりません。


体育会系部活に入っていた人は、体力に自信があることもよいアピールポイントとなりますので、過去の経験も簡単に踏まえて書いてみましょう。



アパレルバイトの「志望動機」書き方例



アピールポイントごとに実際の書き方例を挙げますので、志望動機を書く際に参考にしてください。



1. ブランドへの想い
「毎シーズン、新しいデザインが出るのが楽しみで、そのために一生懸命お金を貯めてきました。もしこちらで働けたら、もっとこのブランドを多くの人に知ってもらえるようSNSで発信し、お客様により素敵なコーディネートを提案したいと思い、応募しました。」


2. アパレルバイト経験
「アパレルショップで2年接客業の経験があります。最初の3カ月はわからないこと、戸惑うことばかりでしたが、6か月後には新人の中で売上1位となりました。先輩スタッフのやり方を良く観察したり、お客様の立場にたって考えたりしながら接客方法を工夫することで、お客様に喜んで購入してもらえる感覚をつかめたような気がします。憧れだったこちらのお店で、自分の経験を活かすことができれば幸いです。」


3. コミュニケーション力
「演劇部に所属しており、表現の方法や相手との呼吸の合わせ方など、相手の意向をくみ取るコミュニケーションという点においては自信があります。人好きな性格なので、初対面の人に話しかけることも抵抗がありません。こちらのお店では静岡さんというスタッフの方にアドバイスをもらって購入していますが、静岡さんのようにさりげなく、かつ的確なアドバイスができるようなスタッフになりたいと憧れています。アルバイト自体は未経験ですが、接客を通じてお役に立てれば幸いです。」


4.体力
「中学時代はソフトボール部で3年間、休まず練習を続け、県大会2位まで行くことができました。アパレルのバイトは華やかながら体力的にも大変だと聞きましたが、体力に関しては自信があります。几帳面な性格なので、在庫管理や事務仕事でもお役に立てると思い、応募させていただきました。」



あくまでも履歴書! 個人的な感想だけではNG



アパレルバイトの志望動機はどうしてもミーハーになりがちですが、そこで働くということは、単にかわいい服が着られるということではありません。お店の売上を上げること、お客様によりよい提案ができることなど、仕事内容はそれほど単純ではないということをふまえた文章にしてください。



まとめ


あまりにも嘘っぽい志望動機を書くよりも、そのブランドがいかに好きかを素直な表現で表すほうが好印象。表現の工夫は多少必要ですが、奇をてらわず、かといってありきたりにならないよう、自分の言葉で考えや想いを織り交ぜてみてください。



<合わせて読みたい>
率直に書こう! 「コンビニ」バイトの志望動機の書き方とポイント

<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

関連するワード