面接に持参する履歴書の中で、特に困るのが「志望動機欄」ではないでしょうか。コンビニバイトを希望する場合、「この店舗で働きたい!」という強い動機があればそれをそのまま書けばよいのですが、「家から近いから」はまだしも、「ラクそうだから」などとは決して書けません。どういうことを書けばよいか、一緒に考えてみましょう。



コンビニバイトの志望動機はココをおさえて履歴書を作成!



コンビニバイトに応募するときはどうでしょう。「どうしてもこのコンビニで働きたかった!」と強い動機がある人は少ないでしょうが、相手のニーズを考えてみると、書きやすいかもしれません。


ニーズ1.24時間営業なので早朝・深夜も入ってほしい
通常であれば「通いやすいから」という理由はあまり好ましいとは言えません。しかし、24時間営業のコンビニバイトに限っては、仕事が早朝・深夜になることもあり、通いやすさはバイト側のみならず、店側にとっても「シフトを組みやすい」というメリットとなり得ます。


ニーズ2.長く働いてほしい
これはコンビニバイトに限ったことではないものの、24時間シフトを埋めるために、コンビニは他のバイト先に比べてより多くのバイトスタッフを雇っています。安定してシフトを組むためにも、バイトスタッフの出入りは最小限にしたいもの。「長く働けそうだから」という志望動機は有効です。


ニーズ3.競合のコンビニと差別化したい
なるべく多くの人に利用してもらうため、コンビニは店舗ごとに様々な工夫をしています。中でも重要なのはやはり「接客」。


コンビニバイトではホテルのような接客は必要ないものの、人と接する仕事ですので「接客が好き」という人のほうが向いていると言えます。常連のお客様に「今日は暑いですね」などと一言かけられるコミュニケーション力があれば、リピーターになってくれる可能性があり、他のコンビニと接客力で勝負することができます。


接客が好き・接客業の経験があるという方なら、志望動機には「接客バイト経験を活かしたい」とアピールしてください。


4.真面目な人に来てほしい
お金を扱う仕事ですから、「真面目な人に任せたい」と考えるのは当然です。真面目であるということを志望動機につなげるために、「お金を貯めて●●したいから」という動機が有効です。目標を立てて、そこに向かって努力する姿を面接官は感じてくれるでしょう。



実例で見る! コンビニバイトの「志望動機」に書く文章



先に見たニーズやポイントごとに、実際の文章をご紹介します。長くなりすぎないよう、履歴書の志望動機欄におさまる文章量を心がけましょう。


・通いやすさ
「通学路にある貴社であれば通いやすく、大学の授業と両立して長く働けると考えました。」


・コンビニへの想い
「自分が客として利用する際に、いつも笑顔で挨拶をしてくれるスタッフの方がいます。買い物をするたびに元気なり、自分もあんな風にお客様の1日を明るくするような仕事がしてみたいと思い、応募しました。」


「いつもお手洗いがきれいに清掃されていて、スタッフの方がお客様のことを考えているんだなということが伝わってきます。そういう方と一緒に仕事がしたいと思い、志望いたします。」


「私は●●という商品が大好きで、週に2度は購入します。同じバイトをするなら、自分が好きなものを売る仕事がしたいと思いました。」


・真面目さ
「2年後に留学を考えており、2年間でできるだけたくさん働いてお金を貯めたいと考えています。なるべく長くバイト時間に充てたいため、通勤時間が少なく、早朝・深夜でも働けるバイト先を探しており、貴社の求人が目に留まりました。」


・接客業経験
「以前ファミリーレストランで接客のバイト経験があり、その時に教えてもらった敬語の使い方や接客の基本を活かせると考えて応募しました。」


「接客経験はありませんが、人と接することが好きなので、一人一人のお客様に丁寧な接客ができるバイトを探しておりました」


・ビジネスの視点
「経営やマーケティングに興味があり、複数のコンビニが集まるこのエリアで、どうすればお客様に選ばれる店になるのだろうかと考えました。働きながらその答えを見つけ、仕事に慣れてきたら自分の改善案も提案させていただければ幸いです。」




履歴書の志望動機欄を空白にするのは絶対にダメ!



コンビニバイトの志望動機欄に書くことがないからと、空白で出してしまうのは絶対にNG。空白であるというだけで「やる気がない」とみなす面接官も多く、他の候補者と比較をした時に不利なポイントになってしまいます。


どんな仕事内容でも、そこを選んだ理由がなにかしらあるはずです。客観的な理由がなくても、「人と接するのが好きだから」「几帳面で細かい仕事が得意だから」などと、自分の性格に焦点を当ててみると書きやすいかもしれません。



結論! コンビニバイトの志望動機は率直に


コンビニバイトの仕事内容は上述の通り多岐にわたり、接客以外の時間にも仕事がたくさん。想像以上に忙しいバイトですから、一生懸命まじめに働けるということが重要です。立派な志望動機を書こうとせず、率直に、あなたの真面目さをアピールするとよいでしょう。



<合わせて読みたい>
まさか空欄で出してない? 志望動機の書き方 - 「飲食店」バイト編

「スーパー」のバイトは奥深い! 履歴書の志望動機を書く前に知っておくべきこととは

面接官の心をつかむ! 「カフェ」バイトの志望動機でおさえておきたいポイントとは

好きなだけじゃダメ! 「アパレル」バイトの志望動機の書き方とポイント

<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

関連するワード