静岡県内の大学や専門学校などで活動中のサークル・ゼミを、ドーモプラスが定期的に紹介! 第10回は、常葉大学で活動中の「セビジャーナス」で全国的に有名な強豪部常葉大学セビジャーナス部をピックアップ!


フラメンコは知ってるけど「セビジャーナス」ははじめて聞くなぁ、なんて人も多いかもしれません。フラメンコと同じ仲間の舞踏で、有名なセビリアの春祭りで盛大に踊られる華やかな踊りです。そんな「セビジャーナス」で全国的に有名な強豪部が常葉大学にあります。部長の田中美帆さん(教育学部生涯学習学科)に訊きました。セビジャーナスって何? 魅力はどんなとこ?



Hola! ようこそ、草薙キャンパスへ!


セビジャーナスはスペインのセビリア発祥のスペイン舞踊の一種です。ひとつの踊りの中に1番から4番までの異なったパートがあって、それをペアで踊ります。日本でいう盆踊りみたいな感じ。実際、向こうでも祝祭行事にみんなで踊るそうです。


現在は静岡県内で行われるお祭りや地域のイベントで踊りを発表しています。イベントは平均すると1カ月に1回。特に夏から冬にかけては1カ月に2回あるときも。以前は全国大会に出場し、優勝経験もあります。


ただ、去年から全国大会に「審査」がなくなってしまって、いまは参加していません。目標にしていただけにそこは残念ですね。




セビジャーナス部・部長の田中さん(左)



初心者からのスタートでも全国レベルへ


現在セビジャーナス部は11名で、専攻もいろいろ。グローバル学科が多くて、英米、教育、造形って感じで全部いますね。入部時はほぼ初心者で、文化部出身者も多いです。


練習は月・金曜日の16時45分から19時、講師の方に月に2回来ていただいてます。普段の練習はだいたい最初に20分くらい柔軟をやって、その後で踊りを綺麗に見せるために必要な手の動きを曲に合わせて練習しています。


そこからはイベントで使うレパートリーの練習。1曲は3~4分くらいですね。雰囲気は割と明るくきゃっきゃっやってますよ。部員に明るい子が多いっていうのもあるし、明るい方が楽しいですから。





お客さんの声援をうけるまで


個人的な話なんですけど、大学に入ったら体を動かしたいなーと思っていて。新入生歓迎会でセビジャーナスのステージを見てすぐ「これに入ろう!」って。フリフリのスカートもかっこいいし可愛かった。


まず覚えないとならないのは、姿勢、振り、足の動き。セビジャーナスは1番から4番まで踊れたとしても、きれいに踊れるわけじゃない。どうしたらきれいに見せられるのか今も研究してる途中です。


部長になって、人に教えるようになり、より気を付けて自分の姿を見るようになって、先生に「その姿勢いいね」って言っていただくと手応えを感じます。ステージに出て、お客さんの拍手とか、終わって降りてくるときに「良かったよ」とお声掛けをもらえた時、やっててよかったって思います。





もっとたくさんのひとに知ってほしい



ステージは地域貢献を目的にイベントに出させてもらっているという意識でやっています。ただ踊ってるだけじゃ自己満足で終わっちゃうんですけど、出ることでわかるうれしさがある。


学内でもセビジャーナス部の単独公演をできたらいいのかなっていうのがいまの夢ですかね。引き続きイベントに積極的に参加し、1人でも多くの地域の皆様に見てもらい、セビジャーナスを知ってほしいと思っています。


セビジャーナスはあまり聞き馴染みのないものだと思うので一度見てほしいですね。もしイベントで見かけたら、「オレ」とか「ミラミラ」とか、「いけー!」みたいな掛け声があるので、そういうのを言いながら楽しく見ていただければとても嬉しいです。



常葉大学セビジャーナス部
常葉大学セビジャーナス部公式Twitter


取材を終えて


恥ずかしいことに取材をしておきながら、まだセビジャーナスのステージを生で見たことが無い。田中さんが話している時の姿勢はしゃんとしていて、普段の生活が踊りに活きているんだと思いました。男性部員も募集していて、僕も誘われちゃいました! でもまずはステージを見に行って、魅力を肌で感じてこようと思います!


取材・執筆
増田純一(常葉大学外国語学部英米語学科4年/『静岡時代』編集部)
最近の趣味は女性ファッション誌を眺めること。周りは若干引いてます。


制作:静岡時代編集部
http://shizuokajidai.or.jp


【関連記事】
「静大生の今をRADIOの波に乗せて〜」Cue-FM放送研究会
「知れば知るほど『県政』は身近でおもしろい」ふじのくにづくり学生研究会
「慈しむように。陸上をとおした日々をわかちあう奇跡」静岡大学陸上競技部
「図書館から街と大学をつなぎたい」常葉大学草薙図書館サポーター
「落ち着いていて、たのしく、二人でつくり上げて行くダンス」静大社交ダンス部

関連するワード