主婦の一番の苦悩といっても過言ではない毎日の献立作り。その日によって食べたいものは変えたいけれども、家計を考えると凝ったメニューばかり作れないし……など、いろいろ大変ですよね。


献立作りに悩んだら、「めんつゆ」を使った調味料時短レシピで、こっそりラクしちゃいましょう!



短時間でおふくろの味「肉じゃが」



煮込み料理って、味の調節が難しいイメージがありますよね。そんな時にも安心!

 

料理が苦手な方や初心者にも、是非オススメしたいメニューが「めんつゆ」を使った「肉じゃが」。とっても簡単に美味しくできちゃいます。



<材料>
豚肉…150g、じゃがいも…4個、にんじん…1本、玉ねぎ…1個、しらたき…100g、きぬさや…20g(お好みで)、水…600ml、めんつゆ…100ml、砂糖…大さじ2、塩コショウ…少々


<作り方>
①すべての具材を食べやすい大きさに切ります。
②鍋に水を入れ、沸騰したらにんじん、じゃがいもの順に入れて煮込みます。
③5分ほど煮込んだら、豚肉と玉ねぎ、しらたき(あく抜き済み)を入れ、めんつゆ、砂糖、塩コショウの調味料で味付けし、灰汁を取りながら煮込みます。
④沸騰してきたら、筋を取って下ごしらえをしたきぬさやを入れて、ひと煮たちさせれば出来上がり。

めんつゆの濃縮度で濃さが変わるので、お好みで味の調節をしてくださいね。



玉ねぎと鶏肉があれば! 「親子丼」



ガッツリ食べたい丼ものだって、「めんつゆ」を使えばあっという間にできちゃいます!

 

玉ねぎと鶏肉、卵。この3つの材料があれば、あっという間に「親子丼」の出来上がり。味付けに迷わない、時短レシピです。


<材料>
鶏肉…200g、玉ねぎ…1個、卵…2個、三つ葉…(お好みで)、水…200ml、めんつゆ…大さじ3、砂糖…おおさじ2、塩コショウ…少々


<作り方>
①薄く油を引いたフライパンに、細かく切った鶏肉を入れて炒めます。
②鶏肉に火が通ってきたら、細切りにした玉ねぎを入れ、軽く炒め合わせます。
③玉ねぎがしんなりしてきたら、水とめんつゆ、砂糖、塩コショウを入れ、弱火で煮込みます。
④水分が半分ほどに減ったら、溶き卵をまんべんなく流し入れ、蓋をして好みの硬さまで火を通せば出来上がり。

盛り付け後、仕上げに切った三つ葉をトッピングすれば、見栄えもさらにUPします。



野菜炒めをパパっとアレンジ☆「焼うどん」



残り物で作る野菜炒めのアレンジメニューとしてオススメなのが、「焼うどん」。


冷凍うどんを使って、さらに時短にできるレシピです。野菜嫌いのお子様のランチにも最適! 「めんつゆ」と「かつお節」で一気に和風に。


<材料>
野菜炒め(残り物)…100~200g、豚肉…100g、冷凍うどん…2個、めんつゆ…大さじ3、かつお節…適量


<作り方> 
①フライパンに油を熱し、細かく切った豚肉を炒めます。
②そこにレンジで解凍した冷凍うどんを入れ、めんつゆで味付けしながら炒め合わせます。
③野菜炒めを入れて、さっと炒め合わせれば出来上がり。盛り付け後にかつお節をふりかけます。


調理・撮影:よっさん



まとめ


万能調味料「めんつゆ」。これ自体がすでに美味しく出来上がっているものなので、味付けの失敗が少なく、出汁をとったり味見をしながら調味料を調節したりする時間がない時には、本当に便利! 我が家では必ずストックしてある、欠かすことのできない調味料です。是非、時短レシピとしてお試しあれ。





<ライター>

よっさん
美容師免許保有のアロマテラピーアドバイザー兼キャンドルアーティスト。動物占いはシルバーのペガサスです。日々、SNSを駆使して、ちょっぴり楽しいことを探しています。

関連するワード