バイトの応募をメールでする場合、何をどのように書けばよいか迷う人も多いでしょう。採用担当は社員かもしれませんし、目上の人であることも多いものでしょう。そういう方を相手にメールをする時は、友達と同じような感覚で送ってはいけません。


採用担当者はメールの書き方一つで常識があるかどうかを判断しますから、簡単な文章でも構わないので、


・常識のある日本語で
・過不足なく情報を書く


ということを心がけましょう。バイトの応募メールを具体的にどう書けばよいか、順を追ってお伝えします。



メールで書くべき項目



1. メール本文を読まずとも、件名だけで要件が伝わるように配慮する
件名一つでも、「この人はデキる人かどうか」が判断されます。


「ホールスタッフ・バイト応募の件:自分の名前」としておけば要件がわかりますし、何名も応募があったときに件名だけで誰の応募かがわかるので、多くのメールを受け取る相手にとって親切です。忙しい相手に手間をとらせない配慮が問われていることを知っておきましょう。


2. メールの書き出しはごくシンプルでOK
先方の名前を最初に書きますが、名前がわからない場合は「Aレストラン採用ご担当者様」とすればよいでしょう。「相手は忙しい人たちである」という前提にたち、あいさつ文は長々書かずシンプルにしておきましょう。


3. メール応募で必ず書くべきこと

採用担当者が知りたいことは以下のような内容です。本文でも長々と文章を連ねずに、箇条書きにすると読みやすくなります。


―求人媒体
―職種
―自己紹介

※名前の読み仮名をひらがなで書いておくと親切です。
※ワードファイルなどで履歴書が用意できる場合はメールに添付

―シフトに入ることができるスケジュール
-面接可能日
―連絡先


4. 最後はシンプルなご挨拶と署名を
書き始めと同じく、最後もシンプルにまとめましょう。署名欄には住所を含め、連絡先を再度記載すると丁寧です。



メール文章書き方のポイント



1. 長文になりすぎないよう、箇条書きなどを使いながら見やすい文章を心がける
スマートフォンからメールで応募することがあるかもしれませんが、採用担当者はパソコンを使っていることが多いと想定できます。パソコンで見た時に一文が長すぎないよう、適度な長さで改行してください。


2. 誤字脱字の確認
誤字脱字があると不合格の理由を与えているようなもの。メールでケアレスミスが多い人は仕事でもミスをしかねないと思われますので、必ず読み返して確認してください。


3. 同じ表現を連続して使っていないか

語尾をみると全部「~と思います」になっている人が多くいます。同じ表現の繰り返しは幼稚な印象を与えるので避けたほうがよいでしょう。


4. 口語表現を使わない
友達相手に使うような表現が無意識に出てくるかもしれません。意識して十分注意しましょう。口語表現が含まれていると、「この人は敬語が使えない」「一般常識がない」とみなされ、不合格になる大きな要因となります。


5. ワードが使える人は、メールを送る前に一度ワードで文章を書いてみるのがおすすめ
ワードでは「校閲」という機能があり、これを使うと間違っている箇所を探してくれます。



実際のバイト応募メール文



では、実際にどのような文章が良いか例文を見てみましょう。



【例文】
件名:Aカフェ・ホールスタッフバイト求人の件:静岡太郎


本文:
採用ご担当者様
はじめてご連絡を差し上げます。静岡太郎と申します。
〇〇(求人サイト名)を拝見し貴社求人に応募したく、以下の通りご連絡させていただきます。


―求人媒体:〇〇(求人サイト名)
―職種:ホールスタッフ
―自己紹介
静岡太郎(静岡・たろう)・19歳・男性
B大学経済学部2年生。静岡在住
―シフトに入ることができるスケジュール
月・水の17時~23時、土・日の10時~20時
-面接可能日
11/27〜12/15の平日17時以降


私の連絡先は以下の通りです。
静岡太郎
090-1111-1111
×××@×××.××


もし可能であれば、一度面接の機会をいただけますと幸いです。
お忙しい中恐縮ですが、ご連絡をお待ちしております。


静岡太郎
静岡県静岡市駿河区1-1-1
090-1111-1111
×××@×××.××



送信前の確認ポイント



1. バイト先のメールアドレス、担当者名は間違っていませんか?


2. もう一度誤字脱字がないか確認しましょう。
目でチェックするとミスを見逃しがちですが、声に出して読んでみると間違いに気づきやすいものです。可能であれば、印刷をしてから確認するとより間違いを見つけやすくなります。


3. 自分の連絡先は間違っていませんか?



バイト応募先からメールがきたら


めでたく面接日時の連絡がきたら、すぐにお礼と日時確認のメールを送りましょう。
もし面接がだめだったとしても、連絡をいただいたことに対してお礼のメールを送っておくと好印象です。またどのようなご縁でその職場と再会するかわかりませんから、いずれの場合でも丁寧な対応をしてください。



返信メールのポイント



1.面接可能な日時を聞かれた場合、なるべく多くの候補日と時間をあげましょう。
都合が悪い日のほうが少ない場合は、「12月24日以外は大丈夫です」と伝えるのもよい方法です。


2.メールの件名や前回のメール本文は削除せず、そのままにしてください。
多くの応募者がある場合件名で検索することがありますし、前回のやりとりをすぐに確認できるほうが便利です。



まとめ


バイトの応募メールを書くことはとても緊張するものですが、書き方さえわかっていれば恐れることはありません。一般常識を知る良いきっかけとして、正式なメールの書き方を覚えておいてください。


また最近は、DOMOのようにあらかじめ応募に必要な記入事項を設定した応募フォームでバイト応募ができる求人サイトが主流になっています。応募フォームを利用すれば、伝えるべき内容を漏らさず採用担当者に伝えることができるので便利ですね。


ただ、応募フォームを利用する際も、誤字脱字がないように応募する前に必ず確認するようにしてください。



<合わせて読みたい>
バイト応募時から見られている! 知っておきたい「メール返信」マナー

【保存版】バイト応募に使える「電話トーク」事例

要注意! 気を抜きがちなバイトの「WEB応募」で押さえておくべきポイント8選

<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

1週間からのプチ留学『Go Global』
『Go Global』公式Facebook

マルタの総合情報サイト 『all about Malta』
『all about Malta』公式Facebook

関連するワード