インカムを付けながらコールセンターで電話対応する仕事といえば、「テレフォンアポインター」。テレビドラマやCMなどではスマートなイメージのある職業ですが、実際にはどんな仕事か知っていますか?


今回はそんな「テレフォンアポインター」として働いていた元スタッフが、その仕事内容と魅力をご紹介します。



「テレフォンアポインター」ってどんな仕事?



まずは、「テレフォンアポインター」通称「テレアポ」の仕事内容をご紹介します。「テレアポ」とは、コールセンターで企業の営業を電話で行う営業担当者のこと。


顧客の新規獲得を行う他、電話をかけてきた顧客からの注文を受けたり、困っていることや問題を解決したりする専門知識が必要なエンジニア的な要素も持ち合わせた仕事です。


その種類は職場によって様々で、カード会社や電話会社、食品関係や健康用品など、多岐にわたります。テレアポの仕事を意識せずにコールセンターを利用したことのある人も多いのではないでしょうか。



職場環境と魅力



バイトの年齢層は20代~40代の男女が多く、テレアポの仕事は高時給なのが魅力です。


また、時給以外にもアポイントの獲得件数やノルマ達成などで、インセンティブと呼ばれるボーナスがもらえたりすることも。頑張っただけ評価されるのはモチベーションアップにつながりますよね。


会社の設定だけでなく、自分自身で目標を置いて挑戦するという方法をとれば、スキルアップも楽しくできます。座り仕事なので、体力に自信のない方でも大丈夫。会話することが好きな人や聞き上手さんにも向いています。



精神的に辛い仕事って本当?



テレアポのバイトで一番気になるのが精神面の疲弊ですよね。「クレームを受けるのではないか」とか、「ノルマが厳しいのではないか」とかの心配や、「うまく対応できるかな……」という不安が大きいと思います。


でも、安心して。テレアポの職場に働くのは一人だけではありません。たくさんの仲間とスーパーバイザーがいるので、万が一の時はフォローしてくれます。


そして、実際にはノルマが設定されていない職場も多く、設定されていたとしてもペナルティなどはないという求人がほとんどです。マニュアルも設定されていますので、初めてでもスーパーバイザーが優しくレクチャーしてくれます。



まとめ


いかがでしたでしょうか? 今回はテレアポの仕事についてご紹介しました。電話対応の営業職ですが、ガチガチに緊張せずとも大丈夫。ストレスが全くないかと言ったら嘘になりますが、それはどの仕事も同じ。


電話口で「ありがとう」と言われた日や目標を達成できた時には、充実感でいっぱいになるお仕事です。インセンティブの使い道を考えるだけでワクワクしちゃうかも?!



<ライター>

よっさん
美容師免許保有のアロマテラピーアドバイザー兼キャンドルアーティスト。動物占いはシルバーのペガサスです。日々、SNSを駆使して、ちょっぴり楽しいことを探しています。

関連するワード