富士山の麓で開催されているスペースシャワーTV主催の野外フェス「SWEET LOVE SHOWER 2016」。
今回はイベント3日目、最終日の8月28日(日)の様子をドーモプラス編集部がピックアップしてお届け!合わせて来場者のフォトスナップもご紹介します。

My Hair is Bad



雲の隙間から時折日差しも見える、爽やかな空気に包まれて始まった3日目。FOREST STAGEのトップバッターは、今年メジャーデビューを果たしたMy Hair is Bad。

力強い演奏と鋭い歌詞が心に刺さる「真赤」から始まり、「アフターアワー」、「元彼氏として」と、人気曲を立て続けに届けてオーディエンスを沸かせた。椎木知仁(G/Vo)はMCの中でも、続く「フロムナウオン」でも、自分たちが新潟県上越市のライブハウスからやって来たバンドであること、スペースシャワー列伝の出演をきっかけにスペースシャワーTVと関われたことへの喜びを、繰り返し伝え続けていた。

最後は「夏が過ぎてく」、「クリサンセマム」と畳み掛け、飛び跳ねる人の心も、聴き入ってしまう人の心も捉えて離さない。今年数々の夏フェスで観客を魅了してきたマイヘアは、SWEET LOVE SHOWERにもしっかりと爪痕を残していった。

米津玄師




心地よい風が吹くMt. FUJI STAGEに登場した米津玄師は、疾走感溢れる「アンビリーバーズ」からスタート。「ゴーゴー幽霊船」、「メランコリーキッチン」と続き会場を沸かせるが、喉の不調が起こり、「アイネクライネ」では、会場を埋め尽くす観客の合唱が響き渡った。

本人も「こんなに声が出なくなったのは初めて」と話す悔しい状況にも関わらず、「みんなに支えられた、生きてて良かった」とオーディエンスに感謝の言葉を残し、9月28日に発売される新曲「LOSER」を披露。ずっと温めてきたであろう“自分は負け犬だと思い続けて来た”というテーマで、新しいステージへと進む米津玄師の姿が垣間見えた。ハチ名義時代からの人気曲「パンダヒーロー」、「ドーナツホール」でも、観客の歌声に支えられながら、全力で歌い切った。

最後に感謝と謝罪の言葉とともに、「もしまた来年も呼んでもらえるなら、その時はリベンジしたいと思います」と話して深々とお辞儀。謙虚さと同時に強い信念が垣間見える立ち振る舞いで、温かい声援に包まれるステージを後にした。

上原ひろみとレキシ ~レキシが助けにやってきた~



静かな雨が降り始めたMt. FUJI STAGEに、上原ひろみが登場。今回、メンバーの健康上の理由でトリオとしての出演が不可能となり、急遽助っ人のレキシと共に出演することとなった。「狩りから稲作へ」のフレーズを弾き始めた上原ひろみに助けを求められ、バンドメンバーと共に登場したレキシが、稲穂コールとともに自由に歌い続け、観客を盛り上げる。

続く「姫君Shake!」。「何そのアレンジ!俺のバンドだから!」と突っ込みを入れ続けるレキシの投げかけにも、上原ひろみは言葉を発さずに鮮やかなアドリブの演奏で答え続け、会場を沸かせた。 「なんだか助けに来たけど助けられちゃったなぁ~、2曲しか出来ないと思っていたけど(笑)、3曲出来そうです!」とレキシが話した後、最後に演奏された「きらきら武士」。ステージが進むにつれ雨が強まっていたが、上原ひろみが魅せる最高の笑顔とともに、レキシとバンドと共に奏でる音も、鍵盤を濡らす雨粒も、本当にきらきら輝いているようだった。

あんなにも多幸感に包まれたステージを見られたことは、きっとその場にいた誰にとっても嬉しい想い出になっただろう。まさにレキシの「稲穂にとっては恵みの雨だよ!」という言葉を証明したような景色だった。

[Alexandros]



Mt. FUJI STAGEのトリは[Alexandros]。降りしきる雨も幻想的に思えるような雰囲気の中、「Nawe, Nawe」でスタート。壮大なメロディーでオーディエンスの心を掴み、続く「Girl A」では何色にも輝く照明が、観客との一体感をさらに強めていった。

ここで、11月9日にリリースするニューアルバム「EXIST!」より新曲の一部を披露。歓喜する観客に「Kick & Spin」、「Swan」、「Starrrrrrr」とキラーチューンを畳み掛ける。

川上洋平(Vo/Gt)が「夏の終わりに最高の思い出を作ろうぜ!!」とステージの前方に出て、観客とずぶ濡れになりながら「ワタリドリ」、「Dracula La」で圧倒的な存在感を見せつけた。
この夏最後の楽しみとして、SWEET LOVE SHOWERに訪れた人も多いだろう。去り際に一部披露されたのは、さらに別の新曲。予想外のプレゼントは、まさに夏の終わりに最高の想い出を彩ってくれた。

ASIAN KUNG-FU GENERATION



3日間の大トリはASIAN KUNG-FU GENERATION。「Re:Re:」、「振動覚」、「リライト」と初期の代表曲が続き、イントロが鳴るたびに会場中から大きな歓声が沸く。7月にリリースした「ブラッドサーキュレーター」では、ファンを誰も一人にせず連れて行くような力強い演奏と歌詞で、新しい旅の扉が開かれる予感を連想させた。
 
続く「ブルートレイン」「君という花」でも見事な掛け合いの演奏を見せた後、後藤正文(Vo.&G.)が「我々は今年で結成20周年です。20年前を思い出しつつ…」と話した後に演奏されたのは、「ソラニン」。降りしきる雨の中、どれほどの過ぎ去った想い出が、大切な人との切なく愛しいやりとりが、聴く者一人ひとりの中に染み渡っていったことだろう。

アンコールの「遥か彼方」で最高の盛り上がりを見せた後、フィナーレを告げる花火が上がり、山中湖に光が降り注ぐ。20年間、多くの人の心にアジカンのロックを刻み続け、また新たな景色を届け続けてくれることが証明されたような、力強いステージだった。
(ライブレポート:竹内歩)

【フェススナップ】


SWEET LOVE SHOWER当日のオーディエンスのファッションスナップをご紹介!



「SWEET LOVE SHOWER」は豪華アーティストが出演するライブはもちろん、どこからでも富士山を眺めることができる会場ロケーション、レストランまで網羅した充実したフード、山中湖の自然を堪能できるアトラクション体験など、様々な魅力のある野外フェスです。夏の終わりの思い出作りとして、是非参加してみてはいかがでしょうか。

このイベントの模様を、10月21日(金)、22日(土)、23日(日)の3夜連続でスペースシャワーTVにて放送予定。会場に行けなかった方も興奮すること間違いナシ!の映像をたっぷりとオンエア。

≪SPACE SHOWER TV にて放送≫
「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016 Day1/Day2/Day3」
【Day1】(8/26収録)10/21(金)21:00~24:00他
【Day2】(8/27収録)10/22(土)21:00~24:00他
【Day3】(8/28収録)10/23(日)21:00~24:00他
※米津玄師出演パートの放送はございません。

スペースシャワーTVは全国のケーブルテレビ、スカパー!等でご覧いただける日本最大の音楽専門チャンネルです。

関連するワード