せっかく面接に合格してバイトをはじめても、なぜかいつも続かない……。そんなお悩みを抱えている人はいませんか? なぜバイトが長続きしないのか、どうすれば続けられるのかを一緒に考えてみましょう!



バイト先までの「通いやすさ」を重視してバイト選びをする



バイトに限りませんが、通勤に時間がかかり過ぎたり、いつもの行動エリア以外にわざわざ行かなければならなかったりすると、「バイトに行くの、面倒だな……」となるのは目に見えています。


バイト内容もさることながら、まずは「通いやすい」ことを基本条件にして選べば、「バイトが続かない」というお悩みがかなり解消されるかもしれません。



自分を良く知り、性格にあったバイトを選ぶ



バイト内容が自分の性格にあっているかどうかも重要です。人と会うのが苦手な人が接客業につくと苦労も多いでしょう。


半面、苦手意識を克服したいという目的をもって働けばまた違った結果がついてくるかもしれません。自分を良く知ることは、バイトを続ける重要な要因です。



バイトに長期的な目的意識を持つ



接客が好きな人は、カフェや居酒屋のバイトにつくことが多いかもしれません。しかし同じ居酒屋のバイトでも、「接客を学ぼう」と長期的な目的を持つ人と、「洋服代を稼ごう」と目先の楽しみだけを考える人とでは、仕事に対する取り組み方が違ってきます。


もちろん稼いだお金で何を買おうか考えるのは楽しいことですし悪いわけではありませんが、その先にある「働く目的」を意識できればさらに多くの学びが得られ、結果的にバイトも長続きする可能性が高まります。



面接前に働く人の雰囲気をチェックする



事務系の仕事だと難しいかもしれませんが、ショップやカフェ、ファーストフード店などであれば、そこで働く人の様子を見ることができるでしょう。よく観察していると、社員のような人が心無い言葉でバイトスタッフを叱っていたり、バイト同士で愚痴を言いあっていたりする店もあります。


バイトが続かない原因の一つに「人間関係」があります。バイトに限らず正社員でもそうですが、「人間関係の悩み」は常に退職理由のトップに入るほど、どんな人と働くかはとても大きな意味を持つことです。働く人が笑顔でいるか、会話の内容が思いやりのあるものかどうかを、できる限り客観的にチェックしましょう。


まとめ


バイトと言っても立派な仕事。楽しいばかりとはいきませんが、できる限りやりがいをもって、同じ職場でキャリアを積んでいけるに越したことはありません。バイトでの経験が将来を左右するということもあり得ますから、自分が長続きする要因を見極め、かしこく選んでいきたいものです。


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

1週間からのプチ留学『Go Global』
『Go Global』公式Facebook

マルタの総合情報サイト 『all about Malta』
『all about Malta』公式Facebook

関連するワード