夏本番! 買い物などに出掛けるのも、何かと暑くて大変な時期ですよね。「今日は家でゆっくりしたいから、なるべく自宅にあるもので今日のデザート何か作れないかな?」そんな時にオススメの、自宅で作れる「夏の簡単デザートレシピ」をご紹介します。



ひんやりクリームぜんざい



甘いアイスにもっちもちの白玉がひんやり美味しい、魅惑の和スイーツを自宅で手軽に再現! 女子会やママ友たちとワイワイ楽しむパーティーデザートとしても喜ばれること間違いなし! の贅沢な一品です。


<材料>
白玉粉…1袋、ゆであずき…1缶、バニラアイスクリーム…1個 

<作り方>
①白玉粉は袋に記載してある作り方通りに水を加えて、食べやすい大きさに小さく丸めておく。(ゆでると膨らむので注意)
②基本の作り方通りにゆでたら取り出し、水に冷やしておく。
③出来上がった白玉とゆであずき、バニラアイスクリームをお好みでお皿に盛り付ければ出来上がり。



紫陽花ゼリー



ジュースを使って作る、見た目も華やかな紫陽花ゼリー。そのまま飲むのに飽きたら、こんなアレンジもアリなんです。旬のフルーツをカットして乗せたり、冷凍庫で凍らせたりして食べても美味しいので、お試しあれ。


<材料>
カルピスウォーター…500ml、粉ゼラチン…10g、サイダー…350ml、かき氷シロップ…大さじ1、寒天…4g 

<作り方>
①カルピスウォーターを鍋で火にかけ、沸騰する直前に火からおろし、粉ゼラチンを加えてしっかり混ぜます。
②①の粗熱が取れたら容器に流し入れます。
③同様にサイダーとシロップを鍋に入れ火にかけ、沸騰する直前に火から下ろし、寒天を加えてよく混ぜます。
④③の粗熱が取れたらバットに流し入れます。
⑤②と④を冷蔵庫に入れて冷やし固めます。
⑥固まったら④をさいの目状に細かくカットし、スプーンで掬って②に盛り付けたら出来上がり。



涼を感じる水まんじゅう



涼を感じるひんやり和スイーツといえば水まんじゅう。自宅でも片栗粉を使って簡単に作ることができます。和菓子屋さんでしか手に入らないと思ったら、手作りが出てきた! なんてサプライズなおもてなしデザートにもオススメです。


<材料>
片栗粉…20g、水…200ml、こしあん…10g、砂糖…10g 

<作り方>
①片栗粉、水、砂糖を鍋に入れてよく混ぜたら弱火にかけます。
②①を透明になるまで混ぜ続けます。
③とろみが強くなるまでよく練り、ドロッとなったら火からおろします。
④小さなカップなどに少量を流し入れます。
⑤④にこしあんを入れて、その上からまた③を手早く入れます。
⑥氷を入れたバットに、カップごと浸け30分ほど冷やし、カップから取り出したら出来上がり。


調理・撮影:よっさん


まとめ


じりじりと肌を焼く季節。暑い夏に食べるひんやりデザートほど美味しいものはありませんよね! アイスクリームにかき氷、たまには思いっきり食べたい! なんて思ってしまう今日この頃。手作りで楽しんでみるのも素敵です。今回は夏を感じるひんやりデザートのレシピを3つご紹介しました。





<ライター>

よっさん
美容師免許保有のアロマテラピーアドバイザー兼キャンドルアーティスト。動物占いはシルバーのペガサスです。日々、SNSを駆使して、ちょっぴり楽しいことを探しています。

関連するワード