夏といえば、夏バテも気になるところ。なんとなく体がだるいとか、食欲がわかないとか、ちょっとした体の不調は精神面にも影響を及ぼします。そんな夏だからこそ、スカッとできるスパイスが必要。そこでおすすめなのが、レモンウォーターです。今回は夏の疲れを吹き飛ばすおすすめのレモンウォーターの作り方や効果についてご紹介します。

気になる!レモンウォーターの効果とは



レモンウォーターとは、レモンを使ったシンプルなドリンクのこと。レモン1個分はとても低カロリーでレモンウォーターに使用する分量はもっと少ないため、カロリーを気にせず飲めるのがポイントです。さらに、低カロリーなだけでなく、合わせてデトックス効果が期待できるのがレモンウォーターの嬉しいところ。体内の老廃物をスムーズに排出することによって、夏バテで重い体もスッキリさせてくれます。さらに、レモンにたっぷりと含まれるクエン酸には疲労回復効果も!まさに夏バテにぴったりなドリンクなのです。そしてレモンには、体に脂肪を蓄えないようにする効果も期待できるため、ダイエットも叶えてくれるかもしれません。

レモンウォーターを作ってみよう!



レモンの効果を引き出すには、白湯と合わせるのがおすすめ。白湯であれば温かいため胃腸にやさしく、代謝アップも期待できます。
レモンウォーターを作る前に、まずは、コップ1杯分の60度くらいに冷ました白湯を用意しておきましょう。次にレモンの準備。レモンを半分に切って、果汁を絞っていきます。ここで、スクイザーというレモン絞り器があれば、半分に切ったレモンの断面を押し付けるだけで果汁が採れるので便利です。スクイザーを使う際は、皮付近まで強めに押し付けると川の苦みが溶け出るので、力加減には注意しましょう。

レモンウォーターの効果的な飲み方と注意点



レモンウォーターを効果的に使いたいのであれば、朝の起きぬけに飲むのがおすすめです。レモンウォーターには、デトックス効果があるため、朝に飲むことで腸を活性化させることができますし、代謝アップにもつながります。朝以外であれば、空腹時にレモンウォーターを飲むのがおすすめ。レモンウォーターには、食欲を抑えるという効果もあるため、空腹時に飲むことによって食べ過ぎてしまうということを防いでくれます。

まとめ


レモンウォーターは、ダイエットしたい人だけでなく、夏の疲れた体や夏バテにもおすすめです。ちょっと酸っぱいのが苦手だという方は、ハチミツなどをプラスすると飲みやすくなります。無理せず朝起きぬけの1杯を目標にレモンウォーターを取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連するワード