静岡のローカルWEBマガジン「miteco」からお邪魔します。ライターの小枝です!


大河ドラマ「おんな城主直虎」の出身地でもある浜松市。浜松市というと、皆さんどのようなイメージが浮かびますか? ピアノ、うなぎ、しらす、そして浜名湖。


今回ご紹介させて頂く「はままつフラワーパーク」は、浜松駅からバスで約40分、浜名湖のすぐ近くにある施設です。


はままつフラワーパークってどんな場所?




はままつフラワーパークは、四季折々の花が楽しめる憩いのガーデン。たくさんの花に囲まれた広い園内は、シーズンごとの行楽にピッタリの場所です。



花の開花に合わせたイベントが年間を通じて開催されており、季節の花々を身近に感じることができます。





特に、多くの花が咲き始める春の園内は見どころ満載です。取材に訪れたときは「浜名湖花フェスタ2018」の開催期間中で、3月から咲き始める1,300本の桜と、色とりどりな50万球のチューリップがシーズン間近でした。



浜名湖花フェスタ2018は、3月21日から6月10日まで開催中。この期間中は、桜とチューリップから始まり、藤、バラ、花菖蒲、紫陽花へと続く「花のリレー」が楽しめます。



圧巻の噴水ショー!音楽に合わせた水の祭典


ゲートを抜けるとまず目に入るのが大きな「噴水池」。こちらは毎時00分、30分に噴水ショーが行われます。





音楽に合わせて踊るように吹き出す噴水ショーは圧巻。





噴水池の周りにはベンチが多数用意されており、音楽と水の美しいコラボレーションを存分に楽しむことができます。



色とりどりのチューリップと桜がお出迎え


噴水ショーを楽しんだら、園内を左側から回っていきます。坂道を下っていくと、「サクラの谷」エリアに到着しました。





こちらはさまざまな種類の桜が植えられており、満開の時期を迎えると圧巻の桜の景色を楽しめます。取材に訪れた日はまだ咲き始めの頃でしたが、たくさんの桜が開花し始めていました。



道なりに進んでいくと、「チューリップ花畑」に到着。こちらは見頃で、色とりどりのチューリップが咲き乱れています。





ずらりと並んだチューリップ。色鮮やかな花弁が春の訪れを知らせてくれています。エリア内にはチューリップの花畑の中を歩ける歩道もありました。SNS映え抜群です



ちなみに園内での植物採取は禁止されているので、マナーを守って楽しく過ごしましょう。



県内屈指の美しさ!桜とチューリップの庭園




水辺に到着しました。こちらは「水鳥の池」というエリアで、名前の通りたくさんの水鳥が気持ちよさそうに泳ぎ回っています。





エサが販売されていました。せっかくなので水鳥と戯れてみようかと思います。





「おいしいごはんがあるよー! ほらおいでー!」





水鳥「・・・」





私の欲が強すぎたのでしょうか。水鳥は近寄ってきてくれませんでした。残念・・・。





その代わり鯉がめちゃくちゃ寄ってきました。かわいいですね、鯉。



さて、こちらの池にはチューリップの浮き花壇があります。





アーチを描くように水の上を走るチューリップは、まるで虹のような美しさ。



水鳥の池から更に道なりに進んでいくと、浜名湖花フェスタの目玉「サクラとチューリップの庭園」に到着。満開の時期を迎えると、桜とチューリップのコラボレーションが楽しめるエリアです。




画像提供:はままつフラワーパーク



まさに天国のような光景です



桜とチューリップ以外にも様々な花が咲き始めており、風に乗って花の匂いが楽しめます。視覚と嗅覚で味わう春の訪れ、最高の場所です。





まさにこれからが見ごろのイベントなので、春の行楽にいかがでしょうか。



期間限定!ムード満点の夜桜ライトアップ


園内ではソメイヨシノの開花に合わせ、期間限定の夜桜ライトアップを行っています。点灯時間は18時からとのことなので、正面ゲートすぐ近くの「メインエントランス」で一休みしました。





フードエリアは種類豊富なメニューが用意されています。今回は静岡の味覚「ミニシラス丼」を頂きました。



ふわふわのシラスは程よい塩気でご飯がどんどん進みます! セルフサービスの漬け物は菊芋の醤油漬けで、サクサク食感がたまりません。この二つの組み合わせ、永遠に食べられます。





18時を過ぎたので、夜桜ライトアップを見に行きましょう。噴水池もライトアップされていて、昼間とはまた違った様子が楽しめます。





ライトアップは園内全体で行われています。桜がきれいに見えるように、ライトの場所や角度を都度調整しているそうです。




画像提供:はままつフラワーパーク



満開時にはこのような圧巻の美しさが楽しめます。日が沈み静寂に包まれた園内、闇夜に浮かび上がる桜。儚く美しい桜の花弁と、春先の少し冷たい夜の空気は、いまの時期しか味わえない贅沢なものです。



季節の花々を様々なイベントと共に楽しめる、はままつフラワーパーク。桜はこれからが見ごろを迎えるとのことで、春の行楽にオススメのスポットです。



< はままつフラワーパーク >
〒431-1209 静岡県浜松市西区舘山寺町195
電話番号:053-487-0511

はままつフラワーパーク 公式ホームページ


<ライター>

小枝 チカ
静岡県浜松市出身。就職を期に県外に移住、帰郷して地元の魅力を再発見。現在は野生のタヌキとよく遭遇する田舎住まい。映画鑑賞と読書とライブ参戦が大好きです。

関連するワード