自分専用のパワーストーンとして、特別な輝きを持つ誕生石。アクセサリーなどで贈り物にも用いられ、今やとってもポピュラーなもの。そんな誕生月に由来する特別な宝石「誕生石」のひみつ、第4弾の今回は「春生まれ編」です。3月~5月までの誕生石についてはもちろん、詳しく知りたい誕生石のひみつをちょっぴり掘り下げてご紹介します 。


「6月~8月 夏生まれ編」はこちら
「9月~11月 秋生まれ編」はこちら
「12月~2月 冬生まれ編」はこちら


春の誕生石「3月、4月、5月」



3月の誕生石「アクアマリン」と「サンゴ」。石言葉は「沈着、勇敢、聡明」 。海水のように美しい青色をしていることからその名前が付けられたアクアマリン。意志を強くし、幸せな結婚生活をもたらしてくれる石といわれているので、結婚前の方へのプレゼントに最適です。また、サンゴは日本独自に選定されている誕生石です。


4月は「ダイヤモンド」。石言葉は「清純無垢」。もっとも硬い鉱物として有名なダイヤモンド。その輝きには魔除けのパワーがあるといわれています。


5月は「エメラルド」と「ヒスイ」。石言葉は「幸運、幸福」。 クレオパトラも愛用していたというグリーンの輝きの宝石。エメラルドは予知能力を授けてくれる石といわれています。また、ヒスイの宝石名はカワセミの美しい緑の羽に色彩が似ていることに因んでいます。さらに東洋の宝石と呼ばれており、災いから身を守ってくれる石ともいわれています。


誕生月に限らず、石言葉からパワーを読み取って使い分けるのもオススメです。


日本の誕生石



※画像はイメージです。


そもそも宝石商が設定したものなので、誕生石にも日本と海外で多少の違いがあります。日本の誕生石が発表されたのは1958年。それまでのアメリカのものを基準にしつつ、日本国内の事情や文化を反映させ、若干の修正が加えられました。


3月には桃の節句があることから桃色が美しいサンゴが追加され、新緑が美しい5月には、古来から日本で好まれている緑色のヒスイが加わっています。こういった春生まれの誕生石には日本特有の宝石があるので、外国の友人へプレゼントすると喜ばれそうですね。


ホープ誕生石?



※画像はイメージです。


今までは主に天然宝石の誕生石をご紹介してきましたが、実は合成宝石にも誕生石が選定されており、ホープ誕生石と呼ばれているものがあります。名称は天然宝石と同一の商品名も含まれていますが、「コランダム」と「スピネル」という2種類の鉱物から人工的に作られています。天然石よりも安価で、尚且つ天然石に近い色や輝きを出した合成の宝石です。


合成ではありますが、可愛い輝きのものや、昼と夜で色が変わるものなど、非常に人気のある石もあります。合成品は石の持つパワーは期待できませんが、天然宝石の誕生石で好みのものがなければ、ホープ誕生石をファッションとして持つことも素敵です。


『ホープ誕生石』

1月…アレキサンドライト
2月…パープルサファイア
3月…ブルースピネル
4月…ホワイトジルコン
5月…エメラダ
6月…スリランカサファイア
7月…ルビー
8月…エリナイト
9月…サファイア
10月…ピンクサファイア
11月…ゴールデンサファイア
12月…ブルージルコン


まとめ


シリーズでお送りしてきましたが、ついに今回で最終章。誕生石のひみつ~春生まれ編~をご紹介しました。奥深い誕生石の世界。身近なパワーストーンの魅力をちょっぴり感じていただけたでしょうか? 大切な人へのプレゼントや、自分へのご褒美に購入する際は、是非、これらを参考にしてみてくださいね。


<ライター>

よっさん
美容師免許保有のアロマテラピーアドバイザー兼キャンドルアーティスト。動物占いはシルバーのペガサスです。日々、SNSを駆使して、ちょっぴり楽しいことを探しています。

関連するワード