定番アルバイトとして人気の飲食関係。募集も多く、初めてのアルバイトとしてもうってつけ。料理がうまくなりたい人や、接客マナーを身に着けたい人にも役立つ仕事です。 ひとことで飲食業と言っても、そのスタイルは様々。働きたい仕事やお店が、自分のイメージに合っているかは重要なポイントです。飲食業で働くなら知っておきたい業態と仕事を確認しておきましょう。

飲食関係のアルバイトはいろんな形態があります!



仕事は主に厨房と、ホールにわかれます。業務形態により、やりたい仕事の範囲も変わるので要チェックです。
・ファストフード
セルフサービス中心。調理も簡単な業務。
・ファミリーレストラン
ホールは客席サービスの全般。厨房は実際に調理することもありますが、一部工場から完成品が届く場合もあります。
・本格派レストラン
海外料理は語学を覚えることも。厨房は専門的。
・居酒屋
お酒だけでなく食事をメインのお店も多数。
・バー
お酒メインで、料理は軽食のみの店も少なくありません。

料理をしたい人がファストフードやバーを選ぶと、やってみたい仕事とかけ離れてしまいます。ミスマッチを避けるためにも覚えておきましょう。

アルコールを扱うお店に応募する前に気をつけること



お酒メインのお店のアルバイトで気をつけたいのは、年齢とジャンルです。お酒を出すお店にはキャバクラやガールズバーもあります。女性的なサービスのアルバイトを考えていないなら、そういったサービスのお店は避ける必要があります。募集内容からわかるケースが殆どですが、中には女性バーテンダー募集とあっても、仕事がガールズバーかショットバー、どちらなのか判断が難しい募集もゼロではありません。自分がやりたいと思ったお仕事でなければ、お断りするほうが無難です。

アルバイト応募前に、一度お店を訪れてみませんか



アルコールを提供するお店だけではありません。面接前に、できれば一度、実際にお店を訪れてみてはどうでしょうか。仕事をするイメージも湧きやすくなりますし、どんなスタッフが採用されているか確認することもできます。
あらかじめスタッフのイメージがわかっていると、面接での緊張もやわらぎますし、髪のカラーリングやネイルやメイクもチェックしておきましょう。面接で失敗しがちな人も、一度訪れておくと用意もしやすく、安心につながります。

まとめ


飲食関係のバイトはサービスした料理やお酒を楽しむお客様を見ることができるので、やりがいも感じやすい仕事です。また、飲食業はチーム作業も多いので、アルバイト同士の仲間意識が強いところも魅力のひとつ。調理やサービス、アルバイト仲間に興味がある人は、飲食業に挑戦してみてはいかがでしょうか。


関連するワード