「もうバイト嫌だ! 辞めたい!」と思うことは誰にもあること。もちろん辞める際には「試験勉強のため」「就職のため」などと正式な理由で辞めることができれば一番よいですが、「人間関係に疲れた」「休みが全くもらえていない」「シフトにもっと入れてほしいのに入れてくれない」などが原因であることも多いでしょう。


中には辞めることをきちんと告げず、「ばっくれた」経験がある人もいるのではないでしょうか。もちろん「ばっくれて迷惑をかけてやろう!」と思ってはいないと思いますし、事情を伝えづらい状況におちいって、結果的に何も言わずに辞めてしまう……ということが多いようです。


アルバイトのばっくれは決して褒められたことではありませんが、きっと何か理由があってのことでしょう。「ばっくれた場合にどうなるか」ということをご説明しますので、少なくとも以下のようなことは理解しておいてください。


1.給与をもらう権利はあるが「取りに来い」と言われることも



ばっくれた立場とはいえ、1日でも働いた分については給与をもらう権利があります。銀行振り込みの職場であればそのまま振り込まれるかもしれませんし、きちんと話をしようという理由で「職場まで取りに来てください」と言われる可能性もあるでしょう。


どうしても取りに行けないような場合は、ばっくれたことをきちんとお詫びしたうえで「銀行振り込みをお願いできますか?」と聞いてみましょう。


【電話で問い合わせる場合】


「お世話になります。アルバイトの静岡太郎です。急にアルバイトを休んでしまい、大変ご迷惑をおかけしました。事情があり、アルバイトを続けることができなくなりました。電話でのお詫びとなり申し訳ありませんが、ご挨拶をと思いご連絡いたしました。」


とまずお詫びを伝え、先方の話を聞きましょう。先方が「わかった。仕方がない」と納得してくれたら、そこで初めて以下のように切りだします。


「こんな辞め方をしておいて厚かましいようですが、今月働いた●日分の給与はいただけますでしょうか。いただけるようであれば、お手数ですが銀行振り込みでお願いできればと思います。」


【メールの場合】


B様
お世話になります。アルバイトの静岡太郎です。
このたびは急にアルバイトを休んでしまい、大変ご迷惑をおかけしました。
事情があり、アルバイトを続けることができなくなりました。
メールでのお詫びとなり申し訳ありません。
このような辞め方をしてお伺いしづらいのですが、今月働いた●日分の給与はいただけますでしょうか。いただけるようであれば、お手数ですが以下の口座銀行にお振り込みいただけますと幸いです。


静岡銀行
静岡支店 普通 1111222
静岡太郎(シズオカタロウ)


ご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。


静岡太郎


2.返却物を返していない場合は給与から引かれることもある



制服など、職場から借りているものを返していない場合はその実費を働いた給与から引かれることもあります。1日、2日の勤務であれば、給与から実費を差し引くと「振り込み額ゼロ円」いうこともあるでしょうし、逆に「マイナス」となり「制服代3,000円をお支払いください」と言われるかもしれません。


もちろん現物を返却すればよいことです。気まずいかもしれませんが、制服などはきちんと洗濯をし、お詫びに行くことをお勧めします。どうしても顔を合わせたくない場合は、返さないよりは郵送ででも返したほうが良いでしょう。その際は一筆、お詫びを添えるようにしてください。


3.健康保険などに入った場合は保険証の返却が必要



週5日でシフトに入っているような方は健康保険等に加入していると思います。会社から配布された健康保険証は退職時に返却する必要がありますので、これは必ず返却してください。制服と同様、最悪は郵送でも構いません。


4.労働は「契約」のもと成り立っている



アルバイトでも本来は「雇用契約書」を交わすことが必要なのですが、小さなお店などでは交わしていないことも多いかもしれません。


契約書を交わすことで、アルバイト先は「給与を支払う義務」を、働く人は「労働を提供する義務」を負います。「週3日働く」と約束したらそれを守らなければ契約違反ですし、シフトを出したのに理由を告げず休む・辞めてしまう、というのは立派な契約違反です。


その契約書には「辞める場合は1か月前までに申し出る」というようなことも書かれているかと思いますので、これも本来守らなければならないルールです。


法的には「辞める時は2週間前に申し出る」ということなので、少なくとも2週間前に申し出ておく必要があります。


改めて、「ばっくれ」は法律違反に値することを自覚しておきましょう。


5.将来の自分に対して「信頼」を減らしている



ばっくれを続けることで本当に損失となるのは、「自分への信頼をなくしていること」です。ばっくれた経験がある人は、30歳、40歳になっても自分のしたことを恥ずかしく思うもの。


アルバイトをばっくれるという小さな出来事でも、「約束を破る」ことは「自分は約束が守れない人間だ」というレッテルを自分で自分に貼っているようなものです。


アルバイト先に迷惑をかけてはいけないということはもちろん、自分自身のためにも、一つ一つの節目をきちんと処理することは重要なことでしょう。



<こちらも合わせてチェック>
バイトの辞め方マニュアル
バイトが続かない人必見! バイトが長続きしない原因と対策4選
バイト先で突然の「クビ」宣告! 失業保険や解雇予告手当がもらえるかも?
バイトに行きたくないときどうしてる? 無断欠勤を避ける方法とは

<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

1週間からのプチ留学『Go Global』
『Go Global』公式Facebook

マルタの総合情報サイト 『all about Malta』
『all about Malta』公式Facebook

関連するワード