年男、年女だとどんなことがあるの? 十二支は、年賀状の絵や写真で毎年なんとなく知るけど、どんなものなのか詳しくはわからない……そんな干支ビギナーさんにもわかりやすく、干支の由来から動物たちの一覧、そして、よく聞く「年男、年女」とはどんなものなのか?という、その理由に迫ってみたいと思います。

干支ってなあに……?



干支とは、年月や方角を表すために古代中国で使われていた「十干(じっかん)」と「十二支(じゅうにし)」を合わせた60の周期で表すものです。一般的に私たちが使う「干支」とは、この「十二支」のこと。十二支とは、古代中国より日本に伝わってきた思想で、12の動物のことを指します。


子(ねずみ)、丑(うし)、寅(とら)、卯(うさぎ)、辰(たつ)、巳(へび)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(いのしし)


十二支にはそれぞれ意味があり、毎年順番に巡って来るそのうちの一つがその年を代表する動物となります。その順番にはいくつかの逸話がありますが、どうしてそうなったのかは謎が多いところです。



年男、年女って……?



「年男、年女」とは、生まれた十二支の年を迎えた男女のこと。干支にはそれぞれ意味があって、生まれ年で性格判断などに使われることもあります。年男、年女は、年神様のご加護を多く受けると考えられており、縁起が良いといわれます。

また、重要な神事や儀式に関わることもあり、他の人たちよりも神様のパワーをいただく機会があるというのも、その理由の一つです。

ちなみに、年男・年女と厄年が重なる年がありますが、考え方が異なるものなので、厄年のお祓いをしても問題はありません。

その他にもある、厄年などのいろいろ



厄年とは、厄災が起こるとされている年齢のこと。男性は25歳、42歳、61歳。女性は19歳、33歳、37歳、61歳。厄年の年齢は「数え年」で数えることが一般的です。その年になる年齢+1歳と考えれば簡単です。厄年にはお祓いをしてもらうとよいでしょう。

また、最も大きな厄年(大厄)は、男性は42歳と女性は33歳です。厄年を本厄といい、その前後の年に本厄に次いで慎むべき年の前厄と、厄の恐れが徐々に薄らいでいく年とされる後厄があります。後厄は厄が終息する期間なので「厄晴れ」ともいいます。

まとめ


2018年の干支は戌(いぬ)です。「キャー!年女!」という筆者の叫びで年齢がバレてしまいそうですが、みなさんは自分の干支を知っていますか? 自分だけでなく、家族や身の回りの人の厄年や年男、年女などもチェックすると、参拝の時に役に立つかもしれません。

<ライター>

よっさん
美容師免許保有のアロマテラピーアドバイザー兼キャンドルアーティスト。動物占いはシルバーのペガサスです。日々、SNSを駆使して、ちょっぴり楽しいことを探しています。

関連するワード