冬の一大イベント、クリスマス。クリスチャンではなくても、もはや一般的な風物詩ですよね。もみの木を飾り、プレゼントを用意して、みんなでご馳走を食べる。今回は誰もが知っているクリスマスの、意外と知らないサンタクロースのことやトナカイのお話を紹介します。

サンタクロースは実在する?



幼いころに誰しもが抱くこの疑問。サンタクロースは大昔のトルコの聖ニコラウスという司教が起源といわれています。ということは、現在はもう亡くなっているので現存しないということになりますが、そんな夢のない話じゃなく! ここはひとつ、ニューヨークのある新聞社と女の子のサンタクロースにまつわる実話を紹介します。

ある日、「サンタクロースはいるのですか?」という8歳の女の子からの手紙が新聞社に届きました。女の子は友達からサンタクロースの存在を否定されたといいます。その返事を、新聞社は社説として掲載しました。

「それは妖精をいないと言っているようなもの。目に見えないからといって、存在しないとは限らない。サンタクロースが見えないからといって、いないということにはならないのです。サンタクロースは永遠に生き続け、これからもずっと子供の心を喜ばせるでしょう。」と、「サンタクロースは確かにいる」として発表。そして、これは長く語り継がれる話になりました。

とてもアメリカらしい、ユーモアにあふれた素敵なストーリーですよね。その他にも、フィンランドのサンタクロース村に手紙を出すとサンタクロースから返事がもらえるなど、世界中の信じる人々の心の中にサンタクロースは存在するようです。

なぜ煙突からやってくるの?



聖ニコラウスには、貧しい人や弱者を助けたという伝説が数多くあるのですが、中でも、貧しさのあまりに娘を売らなければならなくなった一家の話が有名です。

一家を哀れんだ彼は、真夜中にこっそりとその家の煙突から金貨を投げ入れました。すると、偶然にも暖炉のそばに吊るされていた靴下に金貨が入り、その金貨のおかげで、一家は救われ、娘を売られずに済んだのです。

この話によって、サンタクロースが煙突からプレゼントを持ってやってくるというストーリーになったといわれています。

どうしてトナカイなの?



トナカイはサンタクロースの乗るソリを引いていますよね。では、なぜトナカイなのか? 大昔に出版された本が出典元のようです。「魔法が使える」といわれている北欧のサーミ人という遊牧民族がトナカイを連れていたことから、それがサンタクロースのイメージに合い、取り入れられたという説もあります。

ソリを引くトナカイは全部で9頭いて、「赤鼻のトナカイ」で有名なルドルフ以外にも、実は全員に名前がついています。ソリを引く順番も決まっていて、鼻が役に立つルドルフを先頭に、ダッシャー、ダンサー、プランサー、ヴィクセン、ドンダー(ドンナーもしくはドナーとも呼ばれます)、ブリッツェン、キューピッド、コメット。

ちなみに、性別もはっきりしており、ダンサー、プランサー、ヴィクセンはメスです。そして、ダンサーは踊るトナカイ、ヴィクセンは口うるさいトナカイ、キューピッドは美しいトナカイなど、性格が見えてくるような特徴の設定もあります。

まとめ


今回はクリスマスの面白ストーリーと題して、サンタクロースやトナカイにまつわる話をご紹介しました。意外と知らないクリスマスのこと。日本ではカップルや家族で過ごす定番の楽しいイベントとなっていますが、その起源はこんなところにあるようです。

「クリスマスの奇跡」という話も、世界中にありますよね。聖夜には、その神秘的なストーリーに耳を傾けてみるのもいいかもしれません。

<ライター>

よっさん
美容師免許保有のアロマテラピーアドバイザー兼キャンドルアーティスト。動物占いはシルバーのペガサスです。日々、SNSを駆使して、ちょっぴり楽しいことを探しています。

関連するワード