ドーモプラスが気になるクリエイターを紹介する「クリエイティブなヒト」。第3回は流行を取り入れたヘアセット動画で人気のYouTuber「髪西(かみにし)」さんが登場。後編では、YouTuberを取り巻く環境や、今後の展望についてお話をうかがいました!

「あぁ動画やっててよかったな」と。



――動画のタイトルにはパッと見た時に気になるワードが盛り込まれているように感じたんですが、つけ方もやはり工夫されてるんですか?

タイトルの設定は、僕もまだ悩んでますね。タイトルで再生回数が変わるので。再生回数が取れるタイトルが何なのかっていうのは、今だに分からないというのが正直なところです。



――編み込み解説動画『お前ら編み込みの仕方知りたいんだろ?』が、かなり再生回数が多いですけど(※2017年10月半ば時点で92万回超)、あれは何か理由があったりするんですか?

いやー……自分でも分かんないんですよね。あんなテキトーな動画、何であんなに伸びちゃってんだろうなって、なんか悔しいんですよね。ほかの動画のほうがめっちゃ頑張ってるのに!(笑)

――では今まで投稿された動画の中で、イチオシはどれでしょうか?

一番好きなのが、『浮気された人の為の動画』ですね。あんまり再生回数は伸びてないんですけど、個人的にすごい優しい動画になったなと思ってます。見て「救われました」って言ってくれた人がかなり多かったので、その時は「あぁ動画やっててよかったな」と。



――ちなみに、1本あたりどれくらいの時間で完成するんですか?

6時間です。

――6時間! それでその日に考えて、その日に撮影・編集も済ませて投稿するってすごいですよね。学校があったりしたら……大丈夫ですか? 寝てます?

あんまり寝てないです(笑)。大学に行く日のスケジュールだと僕、朝にバイトしてるんですけど朝6時半くらいからバイトして、それから学校に行って、帰ってきた後に動画を編集し、だいたい夜9時ぐらいにアップする。その後に次の日に上げる動画を撮影してから、学校の課題をやって寝る。そんな感じです。



――そしてまた翌朝バイトに行かれると。すごくタフですね。では少し話が変わるのですが、現在のYouTuberを取り巻く環境についてうかがわせてください。“プライベートがない”と言われたりもしますが、どう対応されていますか?

やっぱり最初は辛かったですね。大学生のノリでみんなとはしゃぐことができなかったりだとか、普通の男の子がやってもいいことを僕はできなかったり。

でもよくよく考えたら、そういうのはもともと社会に出たらできなくなることだから、まぁ今のうちにできなくなってもいいのかなって。だからもう最近は落ち着いてます(笑)。いつ誰に見られても「やっぱり髪西さんは動画で見てるのと変わりないな」って思ってもらえるように、360度“いい人”であるように意識はしてますね。

――学校でも常に気を張っていると。

そうなってますね。学校だけは本当、集中して勉強したいなぁと思ってはいるんですけど、ちょっと難しい状況です。校内だけじゃなく、外部からも人が来ちゃったりしてるので、やっぱり気になっちゃって。



――うーん……大変ですね。そんな中で、むしろこの状況になってよかったと思ったことはありますか?

やっぱり人間的に成長できたなってのはありますね。さっき言った“早めに社会に出る”っていう考え方も、こういう活動をしていないと至れなかったと思いますし。

あともうひとつ、言葉選びがすごくていねいになりました。YouTubeでは過激な発言がNGなんですけど、“過激”っていってもそのラインが本当に厳しいんですよ。“キライ”って言葉は絶対に言っちゃいけないし、“よくない”っていうのもダメだし。その結果として、やわらかい言葉、人を傷つけない言葉を使うようになったんです。ただ、そういう言葉でも自分の考えをちゃんとはっきり伝えるようにしてはいますね。

――やんわり言おうとすると伝わりにくくなったりしがちですもんね。

そうなんですよ。そこがやっぱり難しい。言葉選びって本当に大変です。撮影の時にも、何度も言い直しては「これもちがうな」って繰り返したりとかして。

僕の動画は「絶対に叩かせない」っていうのがコンセプトにあって、アンチって言われる類の人がかなり少ないんですよ。コメント欄も平和なんですけど、あれは一切コメント削除とかしてないんです。それであの状態だから、ねらい通りではありますね。



僕がそれらをつなぐハブ地点みたいになれたら



――次の質問なんですが、髪西さんは美容師や役者になりたいわけではないんですよね?

そうですね。

――では、そういったプロではなくYouTuberというスタンスをとる理由は?

僕がやりたいと思っているのは「いろんな要素をつないでいって、新しいものを作り出すこと」なんです。今投稿している動画も、ヘアセット、カッコいい音楽、動画編集っていう3つがつながって、新しい“ヘアセット動画”っていうのができてるんですよ。それをもっと組織的に、もっと大きくビジネスにしていくっていうのが僕の今後の目標です。

何か別のものをつなぎ合わせるのには、人を集めることのできる“YouTuber”って最適なんですよ。人が集まるとそこにビジネスが生まれ、お金が発生して、その資金で新しいことも生まれる。僕がゼロから美容師の技術を身につけるんじゃなくて、そこはプロにお願いしてしまったほうが手っ取り早いし、僕もまた別の新しいことに手を付けることができる。だから美容師になろうとは思わないですし、役者にもなろうとも思わないんです。

先に言ったように、僕は美容師さんの専門知識や技術を利用させてもらって、美容室は僕の宣伝力を利用できる。そういうwin-winの関係をいろんなところを結ぶことによって、僕がそれらをつなぐハブ地点みたいになれたらいいなって考えてますね。

僕がやってるのは……なんだろうな。なんかヘンな仕事なんです。それでも現にお金がそこで生まれているってことは、新しいビジネスの形になりうるんじゃないかと。大学では経営学の勉強をしていて、ビジネスについても学んでいるんですけど、いろんな企業の例を見てみると、どこも新しいことに挑戦してるんですよ。そこで、じゃあ自分も新しいことをやってみようと考えたんです。



――何と何をつなぐかによって、生まれるものも変わってくると思いますし、大きな可能性を感じますね。今後の目標は何でしょうか?

社長になることですね。今の“YouTuber”って呼ばれてる人たちとは、ちがう形になれたらいいなと思ってます。エンタメ要素の強いYouTuberじゃなくて、“異形の者”というか、新しい形の動画投稿者。そんな存在になれればいいのかなって。

――これからもずっと顔出しをした状態で動画は投稿し続けようとは思いますか?

そうですね、おじさんになるまでは続けようかと思ってます。顔ってやっぱり、すぐなくなっちゃうものじゃないですか。自分で言うのは難なんですけど、今は顔の要素も組み込んではいます。でも、ぶっちゃけるなら僕自身は自分の顔をカッコいいとは思っていないんですよ。自分がカッコ良さをこだわってるのは動画編集のほうなので。

僕、もともとすごく太っててブサイクだったんです。中身はブスなんですよね(笑)。だからどちらかと言うと、人間的な魅力をより出していければと思ってますね。



――今度の展望についていろいろとお話しいただきましたが、その大元にある“髪西さんを動かしているもの”とは何なのでしょうか? ただ「楽しいことがしたい」のでも「稼ぎたい」のでもない、根源的な何かがあるように感じたんですが。

何だろう……「楽しいことをやって、社会貢献」かな。“社会貢献”が僕の根底にあるかもしれないです。例えば、僕が5分くらいの動画を上げて、その短い時間で視聴者さんが少しでも「楽しいな」とか「カッコいいな」とか感じてくれたらいいなぁって。そう思ったのが“社会貢献”ってことを意識した始まりで。将来的には、もっともっとみんなのためになるチャンネル?電波塔?みたいになれたなら、みんなにとってより便利なものになるなって思いが僕の中にあって。

みんなが便利になったら企業も便利になる。企業も得があるし、みんなも得があるし、そうすると僕自身も得ができるわけですよ。そこで得られた利益でまた新しいことができるし。こういうことを言うと本音じゃないのかもと思われるかもしれないですけど、お金は二の次っていうか。みんなにも企業にも“便利になる”という得があった上で、お金が返ってくるという考え方なので、あんまり優先することではないです。

――それは先ほどの「タイアップは受けない」という話にも繋がりますよね、納得しました。それでは、おしゃれを楽しむコツについてもうかがいたいと思うのですが、おしゃれを楽しむには詰まるところ、自分のコンプレックスと向き合うことにもなりますよね。髪西さん自身も以前はぽっちゃりされていたということですが、上手なコンプレックスとの付き合い方は?

「ほかの人を見ない」ってことですね。ほかにカッコいい人がいたとして、その人たちを見ると「あの人に比べて自分は脚が短いな」とか「あの人は直毛だけど、俺は癖っ毛だな」とか、嫉妬で苦しくなっちゃうんですよ。負の感情が起きちゃうわけです。そこで、いい意味でナルシストになっちゃうっていうのを、僕はみんなにおすすめしていて。

ナルシストになって自分のことをよく見れば、自分の欠点も見つめることになりますよね。それを認めた上で「自分のいいところはなんだろう」ってしっかり観察して、伸ばしていけば、やがて自分らしさにも繋がっていく。ほかの人を見ちゃうと「みんなカッコいいな」って思いますけど、それでも「あの人カッコいいな。でも俺にはこれがある」って思えるものがあれば、自分らしくあれるのかなと思いますね。



最初はやっぱり、楽しんでやることが一番大事



――なるほど。では次に、YouTuberになりたい人へのアドバイスがあったら聞かせてください。

数字を見たほうがいい。YouTubeを使ってお金を稼ぎたいんだったら「1ヶ月間でどれくらいの動画を上げて、どれくらいの収益が獲得できたのか」と「来月はどうすべきなのか、それで獲得できる利益はどれくらいなのか」っていうのを、全部頭の中でもいいから記録しておく。あとは、「再生回数やチャンネル登録者がどれくらい伸びているのか」や、それに伴って、Twitterやインスタグラムなど「ほかのSNSのフォロワーはどれくらい増えてるのか」っていうのも把握しておいた方がいいです。

数字って、全部見ろっていうわけではないんですけど、データとしてとっておくってことがかなり大事なんで。もしYouTubeでお金を稼ぎたいって思ってる人がいたら、数字と向き合いなさいっていうのを僕は伝えたいですね。

――では、これから初めて動画投稿したいという人や、ライトユーザー向けのアドバイスはありますか?

最初はやっぱり、楽しんでやることが一番大事なのかなって思いますね。お金について考えるのも大事なんですけど、自分が楽しくないとやっぱり続けられないですし。苦しくなったらすぐ辞めたほうがいいです。アンチと向き合うのは、本当にかなり辛いので。

僕の動画は基本的には平和なんですが、それでも時々アンチが出てくることがあるんですよ。彼らの批判する言葉って「動画つまんない」とかなんですけど、それって「ブス」とか「バカ」みたいな浅い言葉じゃなくて、もっと深いところを突いてくる言葉だって感じていて。だからこそ真に受けちゃうというか。やっぱりアンチは辛いので、もしそれに耐えられないんだったら、辞めたほうがいいですね。



“人気のYouTuber”であることに伴う苦労も率直に聞かせてくださった髪西さん。終始おだやかに分かりやすく語っていただいて、それも日々の動画撮影で磨かれたものなのだなと感じました。社長を目指すYouTuber・髪西さんが、今度どんなものを発信してくれるのかが楽しみですね♪

取材・文:古原孝子
Photo:くさかべまき

【プロフィール】
髪西(かみにし)
へアセットなど美容系のyoutube動画配信を開始、現在チャンネル登録者数14万人にのぼる。その他サロンモデル、脚本執筆など幅広く活動を行いながら大学生として教職課程も履修中。


【公式アカウント】
YouTube
Twitter
Instagram


<髪西さんサイン入りチェキプレゼント>


ドーモ公式Twitterアカウントをフォロー&リツイートで「髪西さんサイン入りチェキを抽選で4名様にプレゼント!


【応募方法】
①「ドーモ」公式ツイッターアカウント(@domonet_jp)をフォロー

指定ツイートをリツイート

③抽選で4名様に、「髪西さんサイン入りチェキ」をプレゼント!!

【応募締切】
2017年11月27日(月)

【当選発表】
厳正な抽選の上、当選者の方へのみTwitterのダイレクトメッセージにてご連絡させていただきます。
@domonet_jpアカウントのフォローをはずされていた場合、当選連絡ができないのでお気をつけください。



ヘアセット動画で人気のYouTuber・髪西が見すえる未来(前編)【クリエイティブなヒト vol.03】
http://domonet.jp/plus/post?id=439