秋のイベントといえばハロウィン! 今や街中でハロウィンパーティーや期間限定のハロウィンイベントを開催しているところも多いですよね。今回はハロウィンの由来から仮装パーティーにも使えるハロウィンスターたちまで、わかりやすくギュッとご紹介します。

今更聞けない……そもそもハロウィンて?



本来は10月31日がハロウィン。これは、古代ヨーロッパの中部と西部に住んでいたケルト人にとっての一年の終わりの日のこと。ケルト人は、この日に死者の霊(ゾンビ)がやってくると恐れていました。

その後、ハロウィンがアイルランドからアメリカに伝わり、徐々にイベントとして流行り、ゾンビを伝統的な様々なお化けにアレンジして仮装するようになりました。これがハロウィンの始まりです。

今ではいろいろな仮装をして楽しむイベントになっていますが、最初は死者の霊(ゾンビ)のみだったようです。

世界一有名なカボチャ「ジャック・オー・ランタン」と孤高のダークヒール「ヴァンパイア」



ハロウィンといえば、代表的なオレンジ色のカボチャのキャラクター「ジャック・オー・ランタン」。

元々は顔の形にくり抜いたカボチャの中にロウソクを入れて行灯にしたもので、やってくる死者の霊(ゾンビ)から身を守るための魔除けとして玄関などに置かれていました。

そして、鋭い牙に黒いマントといえば、「ヴァンパイア(吸血鬼)」で有名なドラキュラ伯爵。日光を浴びると灰になる、や、ニンニクと十字架が苦手、など、恐れられている割には意外と弱点が多いのが特徴です。

優しいモンスター「フランケンシュタイン」と毛むくじゃらの「狼男」



モンスターといえば有名なのは「フランケンシュタイン」。ですが、「フランケンシュタイン」とはこれをつくった博士の名前で、本当は名前のない人造人間です。死体をつなぎ合わせて作られた見た目は恐ろしいモンスターですが、実は優しい心の持ち主。頭に刺さる釘が印象的ですよね。

そして、もう一人忘れてはならないのが「狼男」。普段は人間の姿をしていますが、満月の夜になると狼男に変身してしまうという悲しきモンスター。噛みつかれた人間は狼男になってしまうという、ヴァンパイアと共通する設定があります。

まとめ



血糊や特殊メイクでホラー感たっぷりのゾンビメイクは仮装の大定番ですよね。

この他にも、「魔女」、「ミイラ男」、「スケルトン」、「スケアクロウ」、「死神」、「キュクロプス」、「ダークピエロ」など、様々なハロウィンスターたちがいるので、仮装の参考に調べてみてはいかがでしょうか? 

ちょっとしたうんちくも手に入り、話のネタとしても更にハロウィンを楽しめること間違いなしです。

<ライター>

よっさん
美容師免許保有のアロマテラピーアドバイザー兼キャンドルアーティスト。動物占いはシルバーのペガサスです。日々、SNSを駆使して、ちょっぴり楽しいことを探しています。

関連するワード