富士山の麓で開催されているスペースシャワーTV主催の野外フェス「SWEET LOVE SHOWER 2017」。
山中湖交流プラザきららにて、8月25日(金)、26日(土)、27日(日)に開催されたこのイベント。今回はイベント3日目、最終日の8月27日(日)の様子を前編から引き続き、ドーモプラス編集部がピックアップしてお届け! 後編では、合わせて来場者のフォトスナップもご紹介します。

8月27日(日)ライブレポート



クリープハイプ



陽がかげり始めて、この日一番爽やかな風がそよぐ時間を迎えたMt.FUJI STAGE。クリープハイプの4人が登場すると、尾崎世界観(Vo/Gt.)がおもむろに話し始める。「本当に、自分にとって大事なフェスで……。気合いを入れて散髪したら、ワカメちゃんみたいになってしまいました」と笑いを誘い、「いい感じの無造作ヘアになるように、汗をかかせてください。富士山にも届くくらい、大きな声でお願いします」と観客に呼びかけ、「HE IS MINE」でスタート。

続いて長谷川カオナシ(Ba.)が「楽しかった夏休みも、もう終わりですね。皆さんが夏祭りに行ったか、僕は知ったこっちゃないですが、でも今日はここを火まつりに……、火まつりにします!」と言い放ち、「火まつり」を披露。力強い演奏に、赤く燃えるような照明がよく映える。


「ラブホテル」では尾崎が先日、「地方の駅で切符を清算しようとしたら駅員の態度がかなり悪かったのでここでは言えないような言葉で文句を言った後、財布をなくしていてアナウンスで駅員室に呼び出された」という「夏のせいにしたい出来事」を語り、オーディエンスと一緒に力を込めて歌った。

今年の夏フェスでは初めて歌われた「百八円の恋」。小泉 拓(Dr.)のドラムが山中湖に響くと、小川 幸慈(Gt.)が印象的なギターの旋律をかき鳴らし、尾崎が一気に畳み掛けて歌いあげる。続く「鬼」もそうだが、クリープハイプの曲はどれもイントロから訴えかけて来るうえに、どの曲も唯一無二の個性があり、ここ数年も新しいステージを感じさせる曲を発表し続けていることがすごい。

「信頼で成り立っていると思うので……。こうやってこのフェスに出させてもらっていることも。財布は失くしたら返って来るけれど、信頼は一度失ったら戻せない。」「最高か最低か……、簡単です。最高か、最低か、そのどっちかを大きな声で教えてくださいよ!」と尾崎が呼びかけた「社会の窓」では、「最高です」の大合唱が巻き起こる。

「この場所でこの曲を歌えること、本当に嬉しく思います」と告げ、ラストの「イト」へ。SWEET LOVE SHOWERへの愛が何度も伝わって来るライブだった。オーディエンスの愛も、クリープハイプに伝わっていますように。こんなにも、何度でも最高と言いたくなるステージを見せてくれたのだから。

[Alexandros]



昨年、大雨のMt.FUJI STAGEで熱狂のステージを見せた[Alexandros]が、今年は晴天に恵まれたLAKESIDE STAGEに登場。満員のオーディエンスの前で、1曲目から未発表の新曲が披露される。ハンドマイクで歌う川上 洋平(VOCAL & GUITAR)の紡ぎ出す歌詞は耳に心地よく届き、爽やかな旋律はこの日のような大きなステージにも、日常のささやかなシーンにも染まりそうな予感を感じさせる。

「1曲目から新曲で盛り上がってくれてありがとう!」と川上が口にして、「ワタリドリ」でさらに会場を盛り上げる。ヒップホップ要素を取り入れた「Kaiju」では、陽が落ちた会場に鮮やかな照明と磯部 寛之(BASS & CHORUS)の重低音が見事に映える。川上がステージを縦横無尽に動き回りながら観客を煽り、オーディエンスを躍らせてひとつにした「Kick&Spin」では白井 眞輝(GUITAR)の鮮やかなギタープレイ、庄村 聡泰(DRUMS)の華麗なスティックさばきが炸裂した。どの曲も違う世界観を持った表現力の幅広さと、それでもぶれることのない演奏力の高さに圧倒させられる。


観客の合唱を誘った「Adventure」で聴く者の背中を押した後、なんとラストにまた別の新曲を披露した。彼らは今年出演した各地の夏フェスで、新曲を披露している。もちろん作った物に自信がないと出来ないことだし、フェスに訪れるオーディエンスを信頼していないと出来ないことだろう。用意されていたのは以前から知っていたかのように、身体が反応してすぐに合唱出来てしまう曲。それでいて、[Alexandros]にしか作り出せない音。ライブでしか見られない景色と反応がこの曲を完成させるうえでどのような要素となり、どのような形で世に放たれるのか、楽しみで仕方ない。

なんとこの日のSWEET LOVE SHOWER出演直前に、12月に開催される東名阪ツアーを発表していた[Alexandros]。「ツアーでお会いしましょう!」という言葉を残して、熱気に満ちたステージを後にした。何度聴いても飽きない親近感と、進化し続けているスケールの大きさを持ち合わせている。多くのファンを獲得し続け、今後も新たなステージを見せ続けてくれるであろう彼らの底力を見せつけられた、色鮮やかで貴重な時間だった。

plenty



いつもどおりのSEが流れ、いつもどおりの様子でplentyの3人がFOREST STAGEに登場する。それがいつもどおりの光景でなくなってしまう切なさと、まだ実感が湧かない気持ちがオーディエンスから伝わって来るような雰囲気がそこにあった。9月16日に日比谷野外大音楽堂で行われるラストライブをもって、解散することが発表されているplenty。示し合わせたようにステージ上に細く美しい月が現れ、「ひとつ、さよなら」でスタート。お別れの意思を強く優しく示すように、丁寧に奏でられた。

その後も「ETERNAL」が噛み締めるように披露され、「待ち合わせの途中」では、力強く歌い続ける江沼 郁弥(Vocal/Guitar)に、降りだした小雨が照明に照らされて降り注ぐ。もし奇跡が目に見えるのなら、こんな景色なのだろうかと思わされるほど神秘的な時間だった。

江沼が「雨だー!」と叫び、「枠」ではさらにギターが激しさを増す。淡々と、だがしっかりと食らいつくように新田 紀彰(Bass)が演奏を支え、中村 一太(Drums)が一曲ごとに振り絞るようなドラムに変化していったのが印象的だった。冷静さと確かな情熱を持ち合わせたような演奏で、「最近どうなの?」「傾いた空」と一気にラストまで駆け抜ける。


観客の拍手に包まれながら、アンコールで再びステージに戻って来た3人。江沼が「心を込めて歌います」と口にして、「よろこびの吟」を歌い始める。月は雲の陰に姿を消し、雨も止んだ。穏やかな演奏と歌声が、空気の澄んだ山中湖の湖畔に響き渡る。中村が正式加入した後、初めて新体制でリリースされた「手紙」も披露される。

「スペシャ、SWEET LOVE SHOWER、本当にお世話になりました。ありがとうございました、さよなら!」と江沼が口にして、ラストの「蒼き日々」へ。いつもどおりと思いたかったが、やっぱり、いつもどおりではなかった。はっきりとお別れの挨拶が告げられて最初の一音が鳴り、3人が向かい合って笑った瞬間、最後の一音が響き渡った。新田と中村が礼をしてステージを去った後、江沼が何度も不器用なお辞儀を繰り返し、plentyにとって最後の夏フェスを後にした。

心の誰にも見せない部分、それでいて一番大事な部分に染み渡ってくるような存在、それがplentyの音楽だと思う。だからこそどこかで毎年plentyに会えると思っていたのは甘えで、別れは張り裂ける思いだ。誠実に足跡を見せてくれた彼らが残してくれたものを受け止め、この日の景色を忘れずにいたい。

ゆず



観客が溢れるほど押し寄せたLAKESIDE STAGEに登場したのは、三日間の大トリを務めるゆず。軽快なギターと岩沢 厚治のハーモニカから導かれる「サヨナラバス」でスタートすると、北川 悠仁が「やっと出演できたー!」と、SWEET LOVE SHOWERに初出演の喜びを叫ぶ。

続く「少年」でも会場のボルテージを一気に上げ、「虹」ではステージと観客が七色の照明で彩られる。まさに、虹のように空の端から端まで届くような2人の歌声に圧倒される。

「ここまでは僕らの代表曲を聴いてもらいましたが……、やっぱり最新の僕らを見てもらいたい!」と、6月に2週連続で発売されたEP『4LOVE』、『謳おう』にそれぞれ収録されている「愛こそ」、「タッタ」を披露。「愛こそ」では自然に手拍子や合唱が起こり、「タッタ」では曲の前に踊り方のレクチャータイムがあり、ここでもとても自然に観客を躍らせてしまう。


「1998年6月のスペースシャワーTV Power Pushに選ばれた曲です、夏色!」と北川が告げ、一気に放たれた銀テープと同時に、大きな歓声が上がる。サビを何度も繰り返して盛り上げ、ラストの「栄光の架橋」へ。自然に観客の大合唱が広がり、あらためて壮大なメロディと歌詞の持つ力に心が震える。

北川が「ゆずのライブを見るのが初めての人―?」と観客に問いかけると、大勢の人が手をあげる姿にゆずの2人も驚きつつ笑っていたが、オーディエンスの心にもゆず自身の佇まいにも、全くアウェーを感じさせないステージだった。

どの曲も口ずさめるほど普段の生活で耳にしているのに、CDやTVで聴くより圧倒的な歌唱力とパフォーマンスで、こちらの心に迫って来る。

夏の終わりには何か特別な力があるのか、いつも寂しさが付きまとう。そんな夜に音楽の力で、誰も置き去りにしないステージがそこにあって本当に良かった。

(文:竹内歩)

フェススナップ


SWEET LOVE SHOWER当日のオーディエンスのファッションスナップをご紹介!







このイベントの模様を、10月20日(金)、21日(土)、22日(日)の3夜連続でスペースシャワーTVにて放送予定。会場に行けなかった方も興奮すること間違いナシ! の映像をたっぷりとオンエア。

「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017 Day1/Day2/Day3」
【Day1】(8/25収録)10/20(金)21:00~24:00 他
【Day2】(8/26収録)10/21(土)21:00~24:00 他
【Day3】(8/27収録)10/22(日)21:00~24:00 他

スペースシャワーTVは全国のケーブルテレビ、スカパー!等でご覧いただける日本最大の音楽専門チャンネルです。


豪華アーティストが富士山の麓に集結! 「SWEET LOVE SHOWER 2017」潜入レポ【前編】http://domonet.jp/plus/post?id=411

関連するワード