みなさんはこの夏、どう過ごされましたか? 旅行やお祭り、花火大会などへ行き、たくさん楽しんだ方も、毎日バイト三昧! で仕事に明け暮れていた方も、そろそろ疲れが出てくる頃。そこで、今回は手軽に試せるリフレッシュ&リラックス方法を3つご紹介します。

眠れない……熱帯夜の睡眠の質を高めよう



なかなか眠れない熱帯夜では、心身ともに疲れが取れないもの。そこで、手っ取り早く快眠を得るには、寝具選びです。

特にオススメなのは、ひんやり涼しく感じる素材で作られた夏用シーツや、氷枕(冷やし枕)などのクールアイテムをプラスすること。それだけでも、快適さは格段にアップ。

眠る直前はスマホを触らず目と脳を休ませて、速やかに深い眠りにつけるように工夫すると更に良いでしょう。気持ちを解きほぐしてくれる香りのアロマオイルをハンカチやタオルに数滴垂らし、枕元に置いたり、枕に挟んで使用したりすることも有効です。

クーラーで冷えた体には……入浴中にセルフマッサージ



どこに行ってもクーラーが効いている時期。身体が冷えてしまった方にオススメなのが、じっくり時間をかけての半身浴。そして、髪を洗う際に是非ヘッドマッサージをしてみてください。実は、肩や腰と同様に、頭皮も凝るんです。

やり方は、シャンプー時に頭皮を指の腹で優しく揉みほぐすだけ。自分が気持ちいいと思う力加減で大丈夫。難しければ、市販のヘッドマッサージブラシなどを使ってみると簡単に出来ます。美容室に行く予定がある方は、オプションでヘッドマッサージを追加するのも良いでしょう。頭皮を揉みほぐすことで、体の緊張が解けてリラックスできます。

そして、暑い日には冷たいものばかり飲んでいませんか? 胃も疲れています。紫外線をたくさん浴びた夏の体に最も必要なのは水分とビタミンの補給。お風呂上りには温かいハーブティーを飲んで、胃とお肌も労わってあげてくださいね。

ゆらぎのリズムでリラックス……キャンドルタイムで癒されて



リラックスに深くかかわる『f分の1ゆらぎ』というキーワードを知っていますか? 波のリズム、心音、雨音など、自然界には多くの「ゆらぎ」があふれていますが、それら「不規則的」と「規則的」の調和がとれた状態のメカニズムを『f分の1ゆらぎ』といいます。人はそれを心地良く感じる、というものです。

夏の野外イベントのひとつといえば、キャンドルナイト。音楽フェス会場でもよく催されていますよね。キャンドルの炎の揺れも『f分の1ゆらぎ』のひとつ。その炎の揺らぎを見つめていると、リラックスや癒しの効果があるといわれています。

キャンドルナイトに行く時間のない方も、眠る前に部屋でお気に入りのアロマキャンドルなどを灯して、ゆっくりするのもオススメです。

まとめ


今回は夏におすすめの、比較的簡単に出来る方法をご紹介しました。男性にも意外と多い冷え性。筆者が美容室勤務をしていた頃、夏こそ頭皮がゴリゴリに凝っていて、手足の冷えがつらいとお悩みのお客様が多かったので、参考に記事にしてみました。ストレスフルな毎日もセルフケアで癒されてください。

<ライター>

よっさん
美容師免許保有のアロマテラピーアドバイザー兼キャンドルアーティスト。動物占いはシルバーのペガサスです。日々、SNSを駆使して、ちょっぴり楽しいことを探しています。

関連するワード