コンビニのバイトと聞くと「夜遅くまで働いているイメージ」「仕事量が多くて忙しい」とマイナスのイメージを抱く人が多いようです。実は、コンビニのバイトでさまざまなスキルを身に付けることができます。今回はコンビニバイトのメリットと、仕事を通して身につくスキルをご紹介します。

コンビニでアルバイトをするメリットは?



コンビニでバイトだからといって、単にレジ打ちをするだけではありません。品出しをしたり、商品を手に取ってもらいやすくするために配置を考えたり、コンサートのチケットの手配をしたりなど、やることは多いでしょう。多岐にわたる業務をこなすことで身につくスキルが多いということがコンビニバイトの一番の魅力でしょう。

身につくスキル1.売り場づくりスキル



はじめは先輩と一緒に働きますが、シフト状況や成長スピードによって売り場を任せてもらえるようになります。その分責任は伴いますが、自分がデザインした売り場の商品が売れていくことはやりがいにもなるでしょう。売り場をつくるというスキルは、経験した人にしか身につかないスキルなので社会人になってからも重宝します。

身につくスキル2. 基本的な経営スキル



発注業務を一人でこなせるようになると、経営スキルも身につきます。発注していくなかで「ロス」「エンド」「売上と営業利益の違い」など、経営に関わらなければ分からない専門用語も日常的に使うことになります。将来的に自分で経営をしたいという人はコンビニのバイトで専門的な知識や発注作業を学ぶことが可能です。

身につくスキル3.仕事の効率化



コンビニは時間帯によって、とても忙しくなるときもあります。特に朝やお昼の時間帯はピークに忙しいでしょう。コンビニでは、忙しいときにどれだけ仕事を早くこなすことができるかということが重要です。効率の悪い部分があれば、見直して新しい作業マニュアルを作成するなどの仕事もあります。仕事をより効率的にこなしていくためのスキルは、どこで働くにしろ大切なスキルです。

身につくスキル4.周りを見る力、観察力がみにつく



コンビニの業務は「これをする」という一つの業務に限りません。店内の清掃をしながら、お客様がレジに並んでいないかみたり、商品が少なくなっているものはないか確認したり、賞味期限が切れそうな商品はないかみたりなど、多岐にわたり気に掛ける必要があります。

まとめ


コンビニの仕事は覚えることがたくさんありますが、基本的な経営スキルや観察力、売り場をデザインするスキル、仕事の効率化を考えるスキルが身につきます。どの仕事に携わるにせよ、これらのスキルは重要です。コンビニバイトに興味のある方はこれを機に働いてみてはいかがでしょうか?


関連するワード