季節の美味しいフルーツや野菜。ついついもらいすぎちゃったり、たくさんあって食べきれなかったりしませんか?そんな余りがちな食材を使って、今回は保存にも向いていて、アレンジもできる、ジャムやシロップを作りたいと思います。それではレシピ、大公開~!

夏野菜で?!『トマトジャム』



野菜でもジャムができちゃうんです。今回は色鮮やかな夏野菜の代表格「トマト」を使ったジャムをご紹介します。パンに塗るのはもちろん、ヨーグルトのトッピングやお菓子作りにも使えますよ。

<作り方>
トマト…350g、グラニュー糖…100g、レモン汁…大さじ1 

①トマトの皮を剥く。(剥きづらければ湯剥きします)
②軽くつぶしてボウルに入れ、グラニュー糖をまぶします。
③10分ほどおいて水分が出てきたらレモン汁を加え、弱火で煮ます。
④好みの甘さまで煮詰めれば出来上がり。


自家製『はちみつレモンシロップ』



甘酸っぱい果肉をそのまま食べてもヨシ、炭酸で割ってもヨシ。さっぱりした味わいで水分補給にもってこいの、『はちみつレモンシロップ』をご紹介します。

<作り方>レモン…2個、はちみつ…200g、シナモンスティック…適量 

①よく洗ったレモンを薄い輪切りにします。(種も取っておくとベスト。) 
②煮沸消毒した保存容器にレモンとお好みでシナモンスティックを入れ、その上からはちみつを注ぎます。
③蓋をして冷蔵庫で一晩冷やします。
④時々かき混ぜて様子を見て、レモンがくたくたになってきたら出来上がり。


さわやかな甘さ『スイカジャム』



夏といえば、スイカ!でも、スイカってひと玉買うと余りがちですよね。そんな時におすすめの果肉ゴロゴロ『スイカジャム』の作り方をご紹介します。普通の食べ方に飽きたら、スイカシロップにして、かき氷やソフトクリームにトッピングしてみては?

<作り方>スイカ…500g、グラニュー糖…50g、レモン汁…大さじ1 

①スイカの皮を剥いて細かく切り、種を除きます。
②軽くつぶしてボウルに入れ、グラニュー糖をまぶします。
③10分ほどおいて水分が出てきたらレモン汁を加え、弱火で煮ます。
④好みの甘さまで煮詰めれば出来上がり。


調理・撮影:よっさん

まとめ


今回は夏の食材を使って作る、美味しいジャム&シロップの作り方をご紹介しました。個人的にはトマトのジャムをチーズに合わせて食べるのがブームです。クラッカーに乗せれば、お手軽カナッペの具材になりますので、女子会やホームパーティーにも使えそうですね。保存にも向いているジャム&シロップで、新しい食べ方を見つけてみてください。

<ライター>

よっさん
美容師免許保有のアロマテラピーアドバイザー兼キャンドルアーティスト。動物占いはシルバーのペガサスです。日々、SNSを駆使して、ちょっぴり楽しいことを探しています。

関連するワード