インドネシアやタイなどのアジアやアフリカンな雰囲気漂うエスニック雑貨や服。そんなエスニック系ショップが大好きな方は必見。これからの季節は特に注目!元ショップ店員がその仕事内容と楽しさや、やりがいなどの魅力をご紹介します。

職場環境と仕事内容



たくさんの雑貨や衣類に囲まれて、見ているだけでも異国にいるような気分にさせてくれる場所。エスニック系のヒーリングミュージックなどが流れる店内での仕事内容は、接客、値付けから商品陳列、店内レイアウトや清掃、カードや金銭授受などのレジ業務などがあります。

日本と比べて物価の低い国や地域から入荷している商品もあり、プチプライスの物からオールハンドメイドの一点物まで、様々な価格の商品を取り扱っているので、特に値付けが大変。品数が多く、入荷時のレートによっても変動するので、手作業で値付けをしているショップも多いです。

ならではの商品に詳しくなれる



エスニック系ショップの店内はいつも、エキゾチックなお香の匂いでいっぱい。取り扱うお香は、リラックス系からリフレッシュ系の匂いの物まで種類も形状も様々ですが、詳しくない方も定番の『ナグチャンパ』や『チャンダン』といった銘柄はピン!とくる匂いかもしれません。店頭で試し炊きをしているので、それによって自分の好みを知ることもできます。

瞑想にはこれ、ヨガにはこれ、など、時と場合に合わせたお香選びをマスターし、お悩みのお客様にアドバイスができるようになれれば一人前です。私は、マニアックなお香をお探しのお客様と、話が盛り上がってしまったことがあります。

他にも、海外のお守りを取り扱っている店舗もあり、トルコの魔除け『ナザルボンジュ』やインディアンの悪夢除け『ドリームキャッチャー』、テレビで願いがかなう人形と放送され一世を風靡したボリビアの『エケコ人形』など、国内では見かけないとてもユニークな品を知ることができ、異国文化に興味がわきますよ。

自社割引でお得にゲット



なんといっても嬉しいのが、店内商品を割引で購入できること。各ショップによって様々ですが、自社割引のあるところが多いです。雑貨、アクセサリー、衣類などが対象。店頭で取扱製品の着用を指定されている場合は、衣類を2割引から半額で購入することができることも。

私はお客様に勧めながら「自分も欲しいな~」なんて思いつつ、次のバイト代での購入を目標に仕事をしていました。欲しいものを見ながら仕事ができる環境は、特にモチベーションが上がります。

海外で活躍するバイヤーを目指すことも可能



商品は海外で買い付けているものも多く、ショップ店員としてバイトから採用されて仕事をしていく中で、ゆくゆくは海外で商品の買い付けを担当するバイヤーを目指す、ということも可能です。

仕入れから販売までのノウハウを知ると、例えば「このアロマポットはどういう経緯でこの場所で売られているんだろう?」ということに興味が出てきます。異国の地に想いを馳せながら調べてみるととても面白いですよ。また、店頭では外国人のお客様を接客する機会もあり、英会話や語学力を活かせるグローバルな職場でもあります。

まとめ


今回はエスニックショップのお仕事についてご紹介しました。ショップ店員は接客がメインの職場ですので女性スタッフが多いイメージですが、エスニックショップの店員は男性スタッフも多いのが特徴です。CDやジャンべなどの楽器を販売しているショップもあり、多種多様な商品の数々に囲まれるとてもユニークなショップで、好きなことを仕事にしてみてはいかがでしょうか?

<ライター>

よっさん
美容師免許保有のアロマテラピーアドバイザー兼キャンドルアーティスト。動物占いはシルバーのペガサスです。日々、SNSを駆使して、ちょっぴり楽しいことを探しています。




関連するワード