何のバイトをしようかな、と悩んだ時、カフェ・喫茶店バイトが気になるという方もいるのではないでしょうか。カフェ・喫茶店バイトはお店が多く、営業時間も様々で働きやすく、「制服がかわいい」「店舗の内装がオシャレ」といった理由から人気のバイトです。でも実際、カフェや喫茶店のバイトってどんなことをするんでしょうか?今回はカフェバイトのお仕事内容を紹介します!

接客中心!ホールスタッフのお仕事



お仕事の大半はもちろん接客。カウンターやテーブルでお客様の注文を聞いたり、席の案内をしたり、出来上がった飲み物や料理を運んだり、レジでお会計をしたり。お客様と話をする機会もあり、人と接するのが好きな人にはぴったりの仕事です。接客では、しっかりとした言葉遣いや、清潔な身だしなみ、明るい笑顔が大切になってきます。

また、カウンターで注文するスタイルのお店では、周りがにぎやかな分、お客様に聞き取りやすい発声をする練習にもなります。様々な場面で役立つスキルが身につくのは、嬉しいですね。

ホールスタッフのもう一つの大切な仕事は清掃。床やテーブル、椅子などの店内はもちろん、トイレや看板、お客様の触れる食器など、色々なものを常に清潔に保たなくてはいけません。常に回りに気を配りながら清掃を行なうのも、大事なカフェバイトのお仕事です。

調理もお任せ!キッチンスタッフのお仕事



カフェバイトのキッチンのお仕事は、主に簡単な調理と皿洗いが基本です。レストランのバイトと違って、飲み物や軽食がメインなので、長時間の仕込みや複雑な調理がないのもカフェバイトのいいところ。マニュアルに沿って調理していきます。

カフェは、店内と同様、調理スペースもコンパクトであることが多く、限られたスペースの中でテキパキと要領よく作業する能力が必要とされます。またカウンタースタイルのカフェでは、調理をしながらお客様とコミュニケーションをとる機会があるので、複数のことに対して臨機応変に対応するマルチタスクのスキルが身に付きます。

そのほかこんなお仕事も!!



・看板を描く
ホワイトボードや掲示板などにオススメ商品の紹介を描くことも。イラストや文章の作成が得意な人に任されることが多いクリエイティブな仕事です。

・ 新メニューの考案
個人が経営するカフェの場合、新メニューの試作や試食に携わることもあります。自分の意見がお店のメニューに反映されるのはワクワクしますよね。

まとめ


カフェバイトの醍醐味は、やっぱりお客様との直接的なコミュニケーションにあります。人と話すのが好き、誰かを笑顔にしたい、もっと元気に話せるようになりたいなど、人と関わる時間を増やしたい方にはとっても楽しいお仕事です。ぜひチャレンジしてみてくださいね!




関連するワード