ドーモプラスが注目の男子を紹介する連載企画「レコメン図」。今回は、様々な舞台やドラマで活躍し、6月からは舞台「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」 第4弾「剣豪将軍義輝~星を継ぎし者たちへ~」への出演も決定している「輝山 立(きやま・りゅう)」さんが登場! 前編では、役者のお仕事を志したきっかけやこれからチャレンジしたい仕事など、ご自身のお仕事観についてお話を伺いました!

ドラマや映画のなかに出てくる仕事だったんです。



――このお仕事を始めたきっかけはなんですか?

輝山:高校3年生になると今までの人生のなかで一番しっかり進路を考えるじゃないですか。部活を引退したタイミングが別れ目でした。何をやりたいのか考えたときに浮かんだのが、中学生のころからずっと好きだった、ドラマや映画のなかに出てくる仕事だったんです。

警察ドラマなら警察官に興味を持ったり、消防士の話だったら消防士かっこいいな、とか。親にも説明しなきゃいけないことですし、ずっと部活一本だったんで踏み出すタイミングがなかったんですけど、岐路に立って考えたときに、「その職業をやりたいんじゃなくて、その職業を演じてる人になりたいんだな」という考えが自分のなかにあってチャレンジしたいと思いました。



――お芝居をするうえで気をつけていることや心掛けていることはありますか?

輝山:芝居をするうえで、役を演じるということは自分のなかではまず当たり前にやらなきゃいけないことだと思っています。

その役になってカメラが回ったり、舞台の本番に立ったとき、相手役の方といかにコミュニケーションを取るか、そういった会話する感覚を大事にしているとその瞬間にしか生まれないものがあると思っています。

芝居は決まっているものだけど、相手役の方とのその時にしか生まれないコミュニケーションが瞬間瞬間にあると思うので、それを一番大事にするようにしてますね。

――舞台はライブですもんね。アドリブ合戦のようなものも、よくあったりしますか?

輝山:あります!!アドリブ合戦になるとちょっと修羅場ですけど、最近アドリブ合戦になる局面が多くて(笑)。そのときはもう何も考えずに感じた勢いをぶつけています。

一度、舞台の上でびっくりすることがあって、つい最近やっていた『ツキステ』っていう舞台でアドリブを効かせてきた出演者がいたんですが、収集がつかなくなって、「ごめん芝居できねえ。ちゃんと芝居しよう。」って仕切り直したことがありましたね(笑)

――なかなかそんな場面見れないですよね。その方がアドリブしたのはその回だけだったんですか?

毎回そのシーンにアドリブを入れてくるんです。僕はあまりアドリブをガンガン言うタイプじゃないからどうにか返さなきゃ、って頑張っていました(笑)



自分とアニメのいいとこ取りができると一番良いのかなと思います。



――今いわゆる2.5次元系という、アニメや漫画が原作の舞台も多くやられていると思いますが、原作がないオリジナルのものと、人気漫画やアニメが原作の作品では、演じる上で何か違いはありますか?

輝山:何だろう。大きな違いはないと思うんですけど、アニメや漫画が原作の作品を三次元でやるってなったときに、必ずその作品にはファンの人がいてそのキャラクターのことを好きな人がいますよね。

それを自分が演じて、「全然違うじゃん」ってなったらやっぱり作品に失礼だと思うんです。だからどの作品にも大事にしなきゃいけない部分というのがあって、でもただモノマネするなら「結局モノマネすればいいじゃん」ってなるんですよね。

今2.5次元と言われているものについては、自分とアニメのいいとこ取りができると一番良いのかなと思います。たぶん人の感じ方ってそれぞれあると思うんですけど、あまりモノマネをやり過ぎてしまうとお芝居にならなくなっちゃうので、その上でファンの人たちが大事に守ってきたものはちゃんと大切にしなきゃいけないと思ってます。

オリジナルはもう全部が自分だから、寄せる材料が自分しかないじゃないですか。アニメだと自分+アニメのアプローチがあるから素材が多いんですけど、オリジナルになると全部自分が演じるものなので、また違うのかなと思いますね。逆にオリジナルはイメージがないから全部自分で一から作れるっていう楽しさがあるし全然違う気がします。

2.5次元には2.5次元にしかない役作りの面白さがあると思いますし、オリジナルはオリジナルにしかない面白さがあるので、両方チャレンジしていきたいですね。



――役作りをするうえで、何か素材があったほうが早く役に入れたりしますか?

輝山:どうなんですかね。でも役って考えたらオリジナルも原作も一緒なのかなって思うので、もうそこは素材が多いとかじゃなくて、楽しみ方の違いというか、武道で言うところの流派の違いかなと思ってます。



役者はいろいろなお仕事を演じられるっていうのも、ひとつの魅力



――これからもっとチャレンジしていきたいのはどんなお仕事ですか?

輝山:消防士やレスキューにすごい憧れた時期がありました。でもいざ言われてみると他にやりたかった仕事ってそんなに出てくるものじゃないですね。役者はいろいろなお仕事を演じられるっていうのも、ひとつの魅力なのかなと思ってます。

あとはクリエイティブなことも全般的に興味があります。今は役者として演じることが主なのですが、経験を積んだらお芝居を作るのも面白そうだなと思っていて、制作側の方たちと接しているとすごく楽しそうだし興味があります。

高校の進路で役者っていうのは一番にあったんですけど、テレビ局スタッフのような作り手側にも興味があったので。



進路を考えるタイミングで、役者の仕事を志すようになったという輝山さん。演じることだけではなく、クリエイティブなことにも興味があるということで、ますます今後の活躍が楽しみですね。後編では、学生時代のアルバイト経験や静岡での思い出についてのお話をお届けします!

取材・文:ドーモプラス編集部
Photo:くさかべまき

【プロフィール】
輝山立 [きやま・りゅう]
1992年9月11日生まれ
東京都出身/B型

舞台、映画と幅広く活躍中。
2014年にミュージカル『忍者じゃじゃ丸くん!』で主演を務める。
以降、映画『予告犯』、舞台『遙かなる時空の中で6』、『熱いぞ!猫ヶ谷!!』、『2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ』、『「ダイヤのA」TheLIVE Ⅲ』など数々の人気作品に出演。
2017年8月には、超体感ステージ「キャプテン翼」への出演が控えている。


【レコメン図 vol.2】輝山 立インタビュー(後編)
http://domonet.jp/plus/post?id=310

関連するワード