面接に着ていく服装や身だしなみに悩まれる方は多いのではないでしょうか。無難なのはスーツスタイルですが、そこまでフォーマルにしなくてもよいという場合が一番困りますよね。今回はどのような服装や身だしなみなら問題ないのか、まとめてみました。

1.服装のポイント:面接を受ける企業で働く人が着ている服と似た服装をする



一般的には男性も女性も面接時の服装はスーツですが、工場やコンビニのアルバイト面接だと服装に困るということもあると思います。悩んだときには、服装を受けるアルバイト先の服装に合わせることをオススメします。

オフィス作業のアルバイトや面接をする場所がオフィスであれば、スーツでもよいですし、オフィスカジュアルのスタイルでもよいです。逆に工場などでスーツを着ている人がいない場所にスーツを着ていくのは、ちょっと場違いです。会社訪問は難しいかもしれませんが、お店などがあり行ってみることが可能な場合は、そこで働いている人がどんな服装か、どんな身だしなみかを見てみると参考になります。お店で働いている人と同じような服装、身だしなみで行けば間違いありません。

また、面接前に下見していくと、実際の面接時に好印象を与えられます。

「実は、どのような服装か迷ったので、○○の店舗に行ってみて参考にしました。」

「オフィスカジュアルでというお話だったのですが、正直どのような恰好がベストか自信がなかったので、一度下まで来たことがあります。」

面接時にこのように言われて悪く思う企業は無いでしょう。準備がしっかりできる人という好印象を持ちますので、可能な限り下調べをしておくことをオススメします。

2.企業を下見できない場合は、ホームページやチラシでヒントを探す



企業やお店を下見できない場合は、ホームページやチラシ、求人誌に載っている人の服装を参考にしてください。ホームページやチラシ、求人誌に載っている人は実際にそこで働いている人ではないかもしれませんが、そこに載っている人やイラストの服装は、実際の職場で働いている人と近いイメージなことがほとんどです。

どんな服装、どんな身だしなみで面接に行けば良いか迷ったときは、まずホームページなどを見て、面接を受ける企業で働いている人の恰好に近いイメージにしましょう。

3.大学生・フリーター・高校生、それぞれが注意すべき服装のポイント



大学生やフリーターの場合は、高校生に比べて服装や身だしなみのチェックも厳しくなります。ここでいう厳しくというのは、正装(スーツ)で行くかどうかではありません。きちんとTPOをわきまえた格好ができるかどうか?ということです。

カジュアルな恰好でよい面接だとしても、ヨレヨレのTシャツやボロボロのスニーカーで来る人はNGです。指輪やネックレスなど派手な装飾品もひかえましょう。相手に良い印象を与えるという点で考えれば、少なくともシワのない襟つきのシャツ、綺麗なスニーカーにしましょう。男性も女性も、「おとなしめ」「真面目」に見える格好、少し地味なくらいの恰好がちょうどよいです。

面接というかしこまった場に、ふさわしくない恰好で来るという時点で大きなマイナスポイントです。面接を担当する人は、「まわりに合わせることが難しいタイプかも」、もしくは「そこから教育しなくてはいけないのか…」と感じます。この時点で採用にはなりません。どれくらい仕事ができるかは面接の時点ですべてを計ることはできません。

面接を担当する人は、この人を採用したらどうなるだろう?と考えます。面接の場にふさわしくない恰好の時点で採用NGです。

高校生の場合、服装は学生服で問題ありません。無理に私服を合わせようとする必要はありません。髪の毛や爪など、身だしなみについても、ホームページや求人誌、チラシに載っている人を参考にすれば間違いありません。

男性の場合、
「ヒゲは大丈夫かな?」
「髪の毛が少し長めだけど」

女性の場合、
「髪の色が明るいけど…」
「ネイルは問題ない?」

など、悩むポイントはありますが、どれも絶対にこれ!という正解はありません。

ヒゲがあっても大丈夫か、髪の毛の色が明るくても大丈夫か、これらはすべて面接を受ける企業で働いている人とどれくらい近いか?というところがポイントです。

・ホームページや求人誌、チラシを参考にしたいけど、人やイラストの写真が無い!

・会社やお店、店舗に行ってみたいけど、中に入ることができない!

このような場合には、自分が受ける企業に近い企業のホームページや求人誌を見てください。同業種の場合、大きく違ったイメージの恰好をしているところは少ないでしょう。

4.オフィスカジュアルって、どんな格好!?



最近、求人誌などでも目にする「オフィスカジュアル」のスタイルですが、スーツとカジュアルの真ん中…というイメージがありますよね。

普段からオフィスカジュアルの恰好を好む人は問題ないのですが、ファッションにこだわりがあったり、個性的な服装を好む人ほど困ると思います。もしどんな格好が困った場合は、一度洋服屋で、オフィスカジュアルの恰好を聞いてみると参考になります。

上下セットで販売されていること多いので合わせやすいですし、店員さんに聞けば丁寧に教えてくれますよ。

<取材協力>

日下 章子(くさか あやこ)
株式会社 はたらこらぼ 代表取締役。http://www.hatacolla.jp/ 
幼少期から独立を夢見て過ごし、高校(建築家)在学中にプチ起業。商売に目覚める。高校卒業後は、いつか自分の店を持つことを目標に掲げ、接客業でアルバイトを行う。様々な店舗で多くの常連のお客様を作り高い評価を得る。独立前の修行の場として株式会社リクルートへ入社。求人媒体の営業を行う中で人材の大切さを痛感。全国展開する企業での採用担当の経験を経て、2013年1月に「はたらこらぼ」設立。地元企業から全国展開する企業まで、幅広い企業の採用や育成に携わる。