身近に利用することの多いスーパー。アルバイト先としても人気が高いことで知られています。店員さんの動きや仕事ぶりなどで、どんな仕事内容なのかは客として訪れたときに何となく把握できますが、実際はどんなことをするのか検証してみましょう。

それぞれの任された仕事をこなす



スーパーのアルバイトは主に分業体制が敷かれています。レジであればレジを、惣菜を任されたら惣菜をというように、スーパーでアルバイトを始めると、まずは配属された部門の仕事を専門的にこなしていくことになります。作業の手順や順序を覚えること自体はそれほど難しくなく、慣れれば未経験であっても問題なく仕事ができます。

たとえば、品出しを任されたとしたら、陳列の方法や時間帯による商品の補充のし方などを学習することで、どの時間帯にどのような陳列方法でどの商品を品出しすれば品物がより売れやすいかなども理解することができます。そのようにして、自分の力が少しでもお店の売り上げに貢献できれば、それが仕事のやりがいにもつながります。

初心者が始めやすいアルバイト



スーパーはとりわけ初心者が始めやすいアルバイトです。スーパーはとても身近な存在ですし、客として利用したことがあるお店であれば、働くイメージも湧きやすくアットホームな雰囲気で始めることもできるでしょう。

スーパーはお店の規模も大きいことから、たくさんのスタッフを雇う必要があるため、新人スタッフのための研修制度も充実しており、初心者でも働きやすい環境が整っていると言えます。また、スーパーの売り場はかなり広大なスペースになるため、それぞれの売り場や部門に担当者や責任者がいるのが基本です。たとえわからないことがあっても、近くにそうした担当者や責任者がいるので、すぐに確認することができるでしょう。

身だしなみや礼儀作法については多少厳しく要求されますが、それはアルバイトを始める上で最低限のマナーです。そこでしっかりと働くうえでのマナーを身につけることができれば、社会に出た際にも生かしていけるでしょう。

レジを任されたときは



スーパーのアルバイト、と聞いて真っ先に思い浮かぶのはレジ担当ではないでしょうか。レジの仕事はスーパーの仕事の中でも花形であり、お客さんと最も身近に接する仕事なので、特に接客のマナーや身だしなみが要求されます。レジの仕事で大切なのは、いかに早く正確に会計ができるかということもそうですが、笑顔で接客できるかどうかも非常に大切です。

一日中レジの仕事をやっていると、次から次へとお客様が来るため疲れてしまうこともあるかもしれません。それでも、レジにおいて接客する限りは、笑顔を絶やさないようにすることが重要です。慣れてくれば、たくさんのお客様に対応しても笑顔で受け答えができるようになりますよ。

惣菜担当の仕事とは



スーパーにおいて、しばしば目玉商品になるのが惣菜です。惣菜はいわばそのスーパーの数少ない自社ブランドのようなものなので、力を入れているお店も少なくありません。惣菜の担当になると、その仕事内容は調理やパック詰めが主となります。ただ、重いものを運ぶ仕事もさほどなく、また包丁を使った作業もあまりやらないため、力仕事や調理経験などはほとんど問われません。

基本的に、手順に沿って惣菜の調理をしたり、出来上がった惣菜をパックに詰めたり、また値段のシールを貼って店頭に並べるのが惣菜担当の仕事です。立ち仕事が多いため、肉体的に楽というわけではありませんが、調理やパック詰めそのものはそれほど難しくありませんし、惣菜をおいしく作ることにはやりがいも感じられるでしょう。

まとめ


普段何気なく使っているスーパーでも、様々な種類の業務があります。 接客やマナーなど様々な場面で使えるスキルが身につくことがメリットと言えるので、是非検討してみてはいかがでしょうか。




関連するワード