言葉遣いや礼儀作法はもちろんですが、ちょっとした事で相手に与える印象は変わってきます。頭では分かっていても、いざ実際にその状況になると出来ない方は多いんです。皆さんは、これらのことすべて出来ていますか?面接を受けるときのマナーについて、いくつかまとめました。

1.電話やメールではマナーと内容をチェックしています。




ほとんどの方が面接当日の服装や言葉遣いには気をつけると思いますが、実際には面接当日のもっと前から、採用者はチェックしています。

例えば、
①面接に応募したときの電話対応
・電話した目的(アルバイトの面接希望)を伝えられているか?
・きちんと自分の名前を名乗れているか?
・電話の終わりには、きちんとお礼を伝えているか?

②折り返し、アルバイト先の面接担当から電話がかかってきたときの電話対応
・電話の出方は丁寧か?
・言葉遣いは丁寧か?
・きちんと折り返し連絡をもらったお礼は言えるか?

③面接に応募したときのメールの書き方
・メールの件名は正確に記載されているか?
※件名の無いメールは社会人としてNGです。

・メールの文章は適切な長さで改行されているか?
※改行が無く、二行くらいに長々と書かれている文章はNGです。
※顔文字などが入っているのもNGです。

折り返しの連絡が来ることが分かっている場合には、応募先の電話番号を登録しておきましょう。見知らぬ番号から電話がかかってきて、けげんな様子で電話に出る…ということはないようにしましょう。また、かかってくる電話番号が、こちらがかけた電話番号と同じとは限りません。企業によっては受信と発信の番号を分けているところもあります。折り返しの電話がかかってくる可能性があるということは、頭の片隅に置いておきましょう。

応募先からメールで返信が来るときには、きちんと受信できるよう、迷惑フォルダに振り分けられないように、設定をしておきましょう。

メールや電話応対の方法は、ネットで調べておくことができますが、可能であれば身近な人で練習して確認してもらうと安心です。

「メールの文面は問題ないか?」
「電話の応対は大丈夫か?」

特に最近はメールやLINEでコミュニケーションを取ることが多くなってきています。採用担当の方に話を伺うと、電話応対が苦手な人が増えてきているようです。電話でのやり取りは練習しておくと安心でしょう。

2.面接当日マナーはこの5点に気をつける!




面接って緊張しませんか?中にはまったく緊張しないという強いココロを持ち合わせた方もいらっしゃいますが、実際には多くの方が緊張します。少しくらい緊張するのは普通なことだと思ってください。
面接当日は、皆さんが会社に足を踏み入れたときから相手の企業さんはチェックしていますので、気を引き締めましょう。

①予定時間の15分前には確実に着いておく
面接の時間の15分前には確実に着いておきましょう。場所に慣れていなかったり、交通事情で遅れる可能性もあります。時間を計算して、どんなに遅れても15分前には着いているようにしましょう。

面接場所が駅から遠かったり、歩く距離が長いときもあります。夏場には面接場所に着いてから、汗をかくこともありますので、さらに時間に余裕を持って行動しましょう。万が一、時間に遅れそうなときは必ず電話で連絡をいれましょう。その際に、

・遅れる理由
・何分くらい遅れて到着できるか?

を伝えることを忘れないようにしましょう!

②面接場所に入る時間は5分前が基本
早く着いたからといって、面接が早く始まるわけではありません。余った時間は心と頭の整理に使ったり、身だしなみチェックの時間に使いましょう。面接予定時間の5分前になったら、面接場所に入るようにしましょう。

③アルバイト先に入るときの挨拶
きちんとアルバイトの面接で来ていることを伝え、自分の名前を名乗りましょう。
ファミレスやコンビニなど店舗で面接を行う場合は、きちんと名乗らないとお客さんだと思われます。
会社内での面接の場合も、扉を開けてすぐオフィスのところもあれば、受付で内線をかけるところもあります。

④アルバイト先(会社内)にいる人に挨拶
面接を行う場所に通されるまで、顔を合わす人にも挨拶をすることを忘れずにしましょう。
「こんにちは」と挨拶ができるかできないかで、相手が受ける印象は大きく変わります。
また、面接に受かれば、その場にいる方は先輩になるわけです。きちんと挨拶することは大切です。

⑤面接する部屋に通されたら、もう一度挨拶をして準備をする
面接をする部屋に通されたら、用意してきた履歴書と筆記用具を出して面接担当の方を待ちましょう。
担当の方が入室してきてから、バタバタと準備することがないようにしましょう。

3.面接後のマナー。帰宅後のお礼メールを忘れずに!




面接が終わったら、きちんと担当の方に面接の時間を作ってくれたお礼を伝えましょう。
また、面接が終わった後も、帰るまでは気を抜かないことが大切です。お店にいる人、会社にいる人にも「ありがとうございました」と一言お礼を言うようにしましょう。

最後に、今日のお礼を伝えてお店や会社を出た後、もう一度振り返ってみましょう。
会社やお店によっては姿が見えなくなるまでその場でお見送りしている場合があります。特に接客業の場合はよくあります。少し歩きだしてから振り返ったとき、もし相手がその場で見送っていた場合は、一礼することを忘れずにしましょう!それだけで最後に与える印象はグッとよくなりますよ。

可能であれば、帰宅後に面接をしてくださったお礼のメールを送るようにしましょう。送るタイミングは早ければ早いほどよいです。お礼のメールかあるかないかで、印象は大きく変わりますよ。

<取材協力>

日下 章子(くさか あやこ)
株式会社 はたらこらぼ 代表取締役。http://www.hatacolla.jp/ 
幼少期から独立を夢見て過ごし、高校(建築家)在学中にプチ起業。商売に目覚める。高校卒業後は、いつか自分の店を持つことを目標に掲げ、接客業でアルバイトを行う。様々な店舗で多くの常連のお客様を作り高い評価を得る。独立前の修行の場として株式会社リクルートへ入社。求人媒体の営業を行う中で人材の大切さを痛感。全国展開する企業での採用担当の経験を経て、2013年1月に「はたらこらぼ」設立。地元企業から全国展開する企業まで、幅広い企業の採用や育成に携わる。




関連するワード