Fotolia(https://jp.fotolia.com/)

浜松に砂丘があるのをご存じでしょうか。鳥取、九十九里浜とならぶ日本三大砂丘のひとつが「中田島砂丘」です。初夏から秋にかけては運が良ければアカウミガメの産卵が見られる他、美しいご来光スポットとしても有名です。今回は、中田島砂丘の様々な魅力についてご紹介します。

「中田島砂丘」で手軽に異次元ロマン



Fotolia(https://jp.fotolia.com/)

初日の出スポットというのは中田島砂丘の魅力のほんの一部分。もちろん、元旦には初日の出を見るための特別バスが毎年運行されるほどですが、日本三大砂丘のひとつに数えられながら、まちの中心部浜松駅からバスでほんの20分弱という近距離に位置していることが、「気軽に行ける非日常の世界」としての中田島砂丘の魅力を高めています。

さえぎるもののない、どこまでも伸びる砂丘を堪能



Fotolia(https://jp.fotolia.com/)

中田島砂丘は日本の他の砂丘に比べ、起伏が少ないので、砂面をかすめる風が作る風紋の美しさがどこまでも見渡せます。その風紋を、少しずつ崩しながら、きらきらのしぶきをあげる海辺に歩みを進めていくのは、デートでもファミリーでも心から楽しむことができるでしょう。

5月に浜松まつりの凧揚げ合戦の会場になり、7月8月にはウィンドサーフィンやボディボードを楽しむ人々でにぎわいます。波打ち際には貝殻や藻、ときに大きな魚などが打ち上げられていたりして、一日飽きることがありません。海岸線をどこまでもいつまでも進んで行きたくなること請け合いです。

「中田島砂丘」で繰り広げられるイベントあれこれ



初日の出ツアー、凧揚げ合戦の会場であるほか、中田島砂丘は毎年夏にアカウミガメが産卵にやってくることで知られています。母ウミガメの産卵から、赤ちゃんガメ誕生、そして海に帰るまでを特定非営利活動法人『サンクチュアリエヌピーオー』のみなさんが見守ってくれています。一日会員または年会会員になると、5月~8月の母ウミガメの産卵と、8月以降の赤ちゃんガメの誕生を観察するイベントに参加できますよ。

また砂丘という独特の地形から、映画やCMの撮影にも使用されている中田島砂丘。最近では好きなアニメやゲームのキャラクターに扮したコスプレイヤーの撮影場所としても人気です。運が良ければみなさんもロケ現場に立ち会えるかもしれませんよ。

まとめ


すぐそばに駐車場があり、浜松駅からバスも出ていて、雄大な大自然が堪能できる中田島砂丘。大きなイベントも満載ですが、何の変哲もない日曜日にふらっと立ち寄って、砂浜に腰を下ろし風紋や波しぶきをみながらゆったり過ごすのもすてきです。ちなみに波打ち際からトイレまではちょっと距離があるので、行きたくなったら早めに腰を上げて準備してくださいね。

<ライター>

鈴木潤子
三度のゴハンより音楽が好き。僅差でゴハンももちろん大好き! 将来自分のラジオ番組を持ちたいなーとあちこち根回し中です。ワールドワイドに突っ込んでいきます! よろしくお願いします!

関連するワード