まもなく春がやってきますが、まだまだ寒い日が続いています。自分の部屋には暖房器具が一切無く、寒さに震えながら学校の課題や勉強をする、なんて方もいるのではないでしょうか。暖房器具は、一式揃えようとなると結構なお金が掛かりますよね。今回はそんな暖房器具のない部屋でも暖かく課題や勉強が出来る方法を紹介したいと思います。

足元の暖をとる



上半身をいくら温かくしても、足元が冷えると結局全身にまで冷えが伝わってしまいます。そんな時には『靴下』+『もこもこ靴下』+『スリッパ』の組み合わせが、かなり冷えを軽減することができるのでオススメです。『スリッパ』はくるぶしまで覆えるものがあるとベストです。さらにお風呂で温まった後だと保温効果は絶大です。

上半身の暖をとる



下半身の暖を確保できたら次は上半身です。『そんなもの着込めばいいじゃないか』と思う方は多いかもしれませんし、実際着込めばある程度暖かく過ごすことはできます。しかし、着込めば着込むほど衣服の締め付けや重さで肩や首回りへ負荷がかかってしまいます。

なるべく軽いもので暖かく出来るものといえば『ブランケット』がオススメです。洋服屋さんや雑貨屋さんなどで手頃な値段で買うことが出来ますし、腰や肩に巻くだけで暖かさは格段に上がります。ただの布切れ一枚と侮っては行けません、オススメです。

必殺の寝袋



上記の2つを行うだけで普段より格段に暖かく快適に作業が出来るとは思うのですが、ここで私が最もオススメしたいアイテムを紹介したいと思います。『上記の2つの方法をとっても寒い!』そんな過酷な環境で作業している方もいるかと思います。

そこで紹介したいのが「寝袋」です。近年着たまま歩ける寝袋などが話題になりましたが今回紹介するのは『普通の寝袋』です。この寝袋をどうするかというと...『履きます』。そう、履くだけなのです。するとどうでしょう、足の裏に汗を掻くほど下半身が温まります。寝袋を胸あたりまで上げると全身が温まります。

しかし1つ気をつけなければならないのは『暖かすぎて眠くなる』ということです。寝袋なので眠気に負けて寝転がってしまえばそのまま気持ちよく朝までぐっすりです。気をつけましょう。安いものでも十分に暖かく保温効果は抜群なので試してみてはいかがでしょうか。


まとめ


その他にもマスクをしたりネックウォーマーをしたり、暖かいスープを飲んだりと方法は様々ですが今回は私が試した中でも効果を感じられたものを紹介させていただきました。皆さんも工夫を凝らしてまもなくやってくる春に向けて、この寒い冬を乗り越えましょう。

<ライター>

しろめし
漫画やイラストを描いています。漫画、映画、音楽、アニメ、ゲームが日々の活力です。あとは周りに引かれるレベルで白飯が好きです、カレーライスよりライスカレー。よろしくお願いします。

関連するワード