人生の晴れ舞台である結婚式は、見ているだけで幸せな気分になってしまいますよね。そんな一生に一度の華やかな場面で、スタッフとして働く”プロ”のブライダルスタッフはとってもやりがいを感じられます。華やかな舞台の裏側は表と違い大変と言われることも多いブライダルの仕事ですが、実際はどうなのか?お伝えしていきます。

実際、結婚式バイトってなにをするの?



いわゆる一般的な結婚式は、指輪交換が行われるチャペルや神殿での挙式後に、親族・お世話になった方・友人を招いて披露宴を行います。この披露宴のスタッフとして働くことが「結婚式アルバイト」「配膳アルバイト」といわれるものです。会場の準備から片付け、招かれた人たちへのお料理や飲み物の提供がメインのお仕事です。実際に働いていると、自分の結婚式ではこれを取り入れたい!なんて披露宴に出会えてしまうかもしれませんね。

華やかな結婚式バイトの裏側は、専門用語だらけ?!



結婚式でのアルバイトでは覚えることがたくさんあります。テーブルマナーや専門用語、提供する料理や飲み物についてなど…働いてみて最初に驚くのが専門用語の多さです。
「シルバー(=ナイフやフォーク)をまく(配る)」「どんでん(片づけをして次の会場準備をすること)」「カスター(塩コショウなど)セット」など多くの専門用語が飛び交います。覚えて働いていくうちに責任ある”プロ”としての仕事にやりがいを感じていけるはずです。テーブルマナーや、作法を学ぶことも出来るので、自分が出席者になった際に役にも役に立ちます。

就活にも有利?!お金も貯まる?!



なんといっても結婚式でのアルバイトは時給が高いのが魅力。時給1200円以上という高条件も多く、高いところだと時給1600円というところもあります。また、披露宴は平均的に2時間30分という時間で行われ、短時間で働くこともできます。週末の土日に結婚式は多く行われ、ひと月、週末のみで8万円近く稼げることもあります。平日は忙しいという学生の方や、掛け持ちでアルバイトをする人にとっては好条件かもしれません。

まとめ


華やかな結婚式の裏側では、多くのスタッフが裏方となり支えています。「一生に一度」という責任ある場面で働くことで自分自身の成長につながるだけでなく、人の笑顔が自分の幸せと感じることでしょう。幸せな結婚式作りの一員として是非働いてみてはいかがですか?




関連するワード