貯金したいけどできない、そんな悩みをもつ人も多いはず。理由はさまざまですが、何かと出費がかさんでしまうこともありますよね。今回ご紹介するのは誰でも簡単にすぐできる節約術。どうやって節約したらいいか分からないという人も必見です。やりやすい方法に合わせてぜひ実践してみてください。

工夫するだけでこんなに変わる!食費節約術



食費は生活をするうえで、一番出費するものと言われています。しかしほんのちょっと工夫するだけで節約することができます。

一番簡単な方法は飲み物を水筒に変える、などです。毎日ペットボトルの飲み物を買っているとすると、150円×30日=4,500円の出費になりますが、自宅で作ったお茶などを水筒に入れて持参すれば、その分節約することができます。

もう少し頑張れるかもという方は、お弁当作りをしてみてはいかがでしょうか。例えばランチに毎回500円かかっていたとすると、月の5日をお弁当の日と決めれば、それだけで2,500円の節約になります。

お弁当も材料費がかかりますが、前日の晩御飯の残りをおかずにするなど、工夫すればかなりの節約になります。毎日お弁当を持参するのはキツくても、月のうち5日くらいであれば、あまり負担にもなりませんし、慣れてきたら日数を増やしてみてもよいでしょう。

食費のかかりにくいアルバイトをする



まかないのあるお店でアルバイトすることも、食費の節約になります。居酒屋などの飲食店はまかないが付いているとか、社割で食べられることが多いのでおすすめです。ただ、どの飲食店でも必ずついている、というわけではないので、事前に求人情報などで調べてみましょう。

スーパーのアルバイトもお惣菜やお弁当を安く買えることがあります。まかないつきのアルバイトをすれば、ずぼらな方でも問題なく節約ができるのでおすすめです。

賢く使って通信費を節約



今の時代、スマホやパソコンは絶対に手放せないものですが、無計画に使いすぎて料金が数万円になるなんてことはありませんか?

その対策としては通話、パケット通信など自分がよく使うツールに合わせたプランに変更するなどの方法がありますが、おすすめしたいのはスマホやインターネットプロバイダーなどの通信関係を一社でまとめること。

各社でさまざまな割引プランがあるので、調べてみましょう。また、通信速度を必要以上に早くしている場合もあるので、見直しをおすすめします。そのうえで料金の支払いをクレジットカードで支払うようにすれば、キャッシュバックやポイントがつくこともあるのでお得です。

元値より安く買う!金券ショップが便利



飲食店に行くときや洋服を買いたい時は、金券ショップで金券を買うのがおすすめです。

クオカードやグルメカードなどは正規の値段より安く販売しています。例えば1,000円のものが987円などで売っているので、10,000円の商品券を購入する場合200円近くお得になります。

映画のチケットなども正規の値段より安く売っているので、映画館で映画を観たいときなどもおすすめです。

その他、レジャー施設や宿泊施設、交通機関のチケットなども正規よりも安く購入可能ですのでうまく活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ


今回は無理なくこなせる節約術を紹介しました。最初から全てやる必要はありません。節約は「削る」というより「うまく使う」と考えてストレスの溜まらない節約術を試してみてください。