アルバイトを探していて気になる求人を見つけた時、すぐに電話をかけて応募したくなりますよね。しかし、アルバイト先の業種によっては電話をかけないほうが良いという時間帯もあります。では、どんな時間に電話をかけたら企業の迷惑にならず、良い印象を与えることができるのでしょうか。いくつかの観点から考えてみましょう。

時間帯を問わず 比較的電話がしやすい応募先



様々な企業や職種があるので、「絶対にこの時間に電話をかけてはいけない」というのは断定しづらくなります。しかし、どんな企業・職種であっても、営業時間外や深夜の時間帯は避けたほうが無難です。営業時間が過ぎても対応してくれる企業もありますが、あまり良い印象は持たれないでしょう。

また、24時間営業であっても21時を過ぎたら電話は控えたほうが良いでしょう。一般的な社会常識がないと思われる可能性が高くなります。事務などのアルバイトや、飲食業の場合でも店舗ではなく本社や支社などに電話をする場合は、営業時間に注意しましょう。

もちろん営業時間内に電話をかける必要がありますが、開始時間ぴったりだと迷惑になる場合もあります。これは、朝礼や朝のミーティングを行っている企業が多い為です。もちろん営業時間として開示している以上、その時間に電話をかけても「失礼」と思われることはないでしょうが、ちょっとした気遣いとして心がけておくと良いポイントです。

同じように、営業終了時間ぴったりに電話をかけることも控えましょう。少なくとも、営業終了時間の1~2時間前にはかけておきたいものです。その他、昼食時なども避けておくのがベター。10時~11時、14時~16時ころがベストなタイミングと言えそうです。(※企業の就業時間によって異なる場合もあり)

この時間はご遠慮願います、という時間がある応募先



避けたほうが良い時間が明確なのが、飲食業です。基本的にランチタイムやディナータイムなど、混雑が予想される時間帯は電話をかけないほうが良いでしょう。また、モーニングをやっているお店であれば、午前中も避けるべき時間だと言えます。14時~17時ころに電話をするのが一番無難です。

ランチ営業をしていない居酒屋などは、開店の1~2時間前を狙って電話をかけてみましょう。また、飲食業ではありませんがコンビニも同様の時間帯が混雑します。お昼や夜の混雑している時間帯は避けましょう。

働く側の立場に立って、考えてみましょう



どうしても電話をかける時間帯に自信がなければ、下見を兼ねて店舗を見に行ってみるのもひとつの手です。その場合、ある程度「何時くらい」という目途を立てて行くと良いでしょう。また、そこまでしなくとも、ある程度常識のある時間であれば印象が悪くなることはありません。

ただし、どんな時間帯にかけても「お時間宜しいでしょうか。」「お忙しいところ失礼致します。」など、相手に対する配慮の気持ちを忘れないようにしましょう。また、電話をかける際には手元にメモできるものを用意する、騒がしい場所でかけない等、スムーズに用件が済むように心がけることも大事です。

まとめ


アルバイトの採用基準に、応募時の電話対応を含めている企業はそう多くありません。しかし、常識ある時間に電話をできるかどうかは、相手が感じる印象を大きく左右します。

企業や職種によって時間帯の業務量には差があり、どの時間がいいのか断定することは難しいですが、避けるべき時間帯の予想はできます。お互いに落ち着いて話ができるよう、ちょうどいい時間帯を上手く見つけ出しましょう。


関連するワード