東京や群馬など関東を中心に、インディーズで活動しているスリーピース日本語ロックバンド「Moshu」。昨年末にミニアルバムのリリースツアーを大好評のうちに終えた彼ら。今回は、Vo.gtの小林ヒロトさんに自身の音楽観や、ルーツなどについてお聞きしました。

――ヒロトさんは群馬県出身で2016年3月に大学を卒業されたんですよね。そのまま東京に一人暮らしされてるんですか?

ヒロト:いや、一軒家でシェアハウスしてます。中にスタジオも作ったりして。

――自作スタジオですか!?すごいですね!自分達で改築されたんですか?

ヒロト:めっちゃくちゃがんばりました(笑)ホームセンターで何枚も同じサイズの木を切って、窓つぶして、防音材貼って…っていうのをずっと繰り返してました。今は電子ドラムでバシバシやっても大丈夫です。PAセットとスピーカーから音出してアンプとマイクとベース繋げて、簡易スタジオみたいな感じです。

――憧れますね~。すごく楽しそうです!

ヒロト:よく言われますね。まあ楽しいですけど(笑)

――早速ですが、小さい頃の夢はなにかありましたか?

ヒロト:夢はないですけど、小学6年くらいでいずれバンドやるんだろうなっていうのはありました。親の影響も特になく音楽好きでした。歌うのも歌を聴くのも好きで。高校生くらいになったらバンドやるんだろうな、と漠然と思ってました。

――いつから歌うようになったんですか?

ヒロト:中学くらいのときに初めてカラオケに行きました。

――そのときはどんな音楽を聴いていましたか?

ヒロト:アメリカのポップパンクとか日本のギターロックとか、バンド小僧みたいなのを聴いてましたね。世代からは少し外れてるかも知れないですけど、いわゆるギター・ベース・ドラム・ボーカルのバンド!みたいな。『Green Day』とか『ELLEGARDEN』とかストレートなロックを聴いてました。

――最初に買ったCDはなんでしたか?

ヒロト:全然おもしろくないと思うんですけど『シャーマンキング』のサウンドトラックです(笑)

――少年ジャンプの!漫画好きなんですね!ちょっと脱線しますがどんな漫画を読むんですか?

ヒロト:最初にハマったのが『シャーマンキング』で、最近おもしろかったのは『ザ・ワールド・イズ・マイン』ってやつですね。あとバンド始める前に『BECK』も読みました。同居人が持ってるので最近読み直してみたら「あ、こういうことなのか」ってリアルに感じるところあります。

――現実的に重なる場面があるんですね!最初のギターを買ったのはいつ頃ですか?

ヒロト:中学2年のバレンタインです。たまたまですけど。群馬のとある街にギター買いに行って。でも店員さんに知ってる振りしたくて、何にもわかんないのに弾きもせず「コレください」って。店員さんに「こっちの(初心者)セットもありますよ」って言われても「いや、全然大丈夫です。これください。」って。

――見栄張ったんですね(笑)

ヒロト:ですね、14歳の俺は(笑)

――音楽のルーツはどんなジャンルですか?

ヒロト:ポストロック、エモ、ギターロック的な海外の影響はあるんですが、芯には日本的な歌だったり言葉だったりがありますね。

――初めて曲を書いたのはいつ頃ですか?

ヒロト:高校3年の秋です。高校は洋楽一辺倒だったんで、そんな音楽をやりたいと思ってました。だから一生懸命英語の歌詞を付けたりして、とにかく試作品を作ってましたね。高校卒業する前に東京に出てバンドやりたいと思ってたんで、自然な流れで曲を書いてました。

――曲を作るときは歌詞と曲どっちを先に作るタイプですか?

ヒロト:今は基本的に歌詞より曲が先なんですけど、書きたいことを曲に乗せてます。

――Aメロの同じ繰り返しでも、言葉数が多めだったりしますよね。

ヒロト:そうですね。でも語感や響きは大事にしてます。

――詞は自分の経験談から発想が生まれるんですか?

ヒロト:そうですね。気持ちが乗らないから想像では作らないというか。思ってることや経験から書いてます。昔の記憶があって、今あの人に対してとか、そのことについて思うことを書いてます。

――詞を書く方はそれぞれ特有の言い回しがあると思います。なのでヒロトさんの詞に登場する「笑う」というワードが印象的でした。それも記憶の中に在るものなんでしょうか?

ヒロト:記憶から思い出すこともあるし「笑った顔」も好きなんですけど、自分が情けなくて「ほくそ笑んでいる」とか。「笑う」には色んな側面があって、俺はそれが感情的だと思って使ってます。「屈託のない笑顔」もあれば「マイナスな笑う」もある。「笑う」行為というのは脈絡で意味が変わってくるから、感情の幅を表すものとして書いてます。

――細かいところまで観察してるんですね。

ヒロト:人を見るのは好きですね。

――作曲する上でアイディアを貯め込むことも大事だと思うんですが、曲はどうやって出てくるんですか?

ヒロト:作詞以外の曲は作ろうと思って出てきます。日常生活で「いまのよくね?」ってなると歩いててもバイト中でもボイスメモしてますね。

――ミニアルバムを作成するにあたり、一曲ずつ練り上げていくのはとても大変な作業だったと思います。出来上がったときの感触はどうでしたか?

ヒロト:最初に出すアルバムも通過点ではあるけど、全力をかけて作ってたシングルとはまた別格でしたね。でも自信のある曲が出揃ってたんで、レコーディング前は起きてから寝るまでずっとそのことばかり考えてました。

出来上がったときはどんな反応があるか楽しみでしたね。でも…ミニアルバム出して3か月経ったんですけど、もう越えられる気がします。それはメンバーも言ってます。レコーディングとか曲作ってる最中に「次もっといけるよね?」っていう成長の過程を実感しながら作ってました。

――それは期待大ですね!ミニアルバムが出来てから全国ツアーを組まれたんですか?

ヒロト:いや、元々全国ツアーをするつもりでアルバム作りました。今お世話になってるところでライブハウスの日程押さえたりとかやってくれる人がいて。

――バックアップも心強いですね!ツアー回って得たものは何かありましたか?

ヒロト:そうですね…どこに行っても俺らみたいにやってるヤツもいるし、お互い刺激し合えるようなヤツもいるし、いい出会いもあったなって思います。バンドマンとの出会いだけじゃなく、お客さんもCD買ってくれたりだとか、わざわざ地方から東京までライブ来てくれたりして、そういう風にしてくれるとホント嬉しいなって思います。だから遠征で得たものはあります。確実に。

結果で言うと、底力が上がったと思います。ライブの良し悪しの幅が狭くなったというか。あらゆる体調のときにどこでやっても「うわ!今日のは酷かった…」っていうのがなくなりましたね。数字で表すとしたら、調子悪いときが20で良いとき70だったのが、60~80になったみたいなイメージですね。どこでやっても誰がいても、ある程度のライブをやれるようになったっていう。やっぱ経験って大事だなって。

絶対的な底力を得たなと。でもまだだなって。いますごく確信的なところに向かってる途中なんですけど、ツアーで確信に近付いたというか。何が確信かって聞かれたら難しいんですけど、隙のない自信に近付いた気がすごくします。

――素晴らしい経験を得られたんですね。でも何故ツアーをやろうと思ったんですか?

ヒロト:俺らの界隈ではひとつの登竜門としてツアーがあるんです。地元のバンドマンやお客さん達に存在を知ってもらうことってすごくでかいんです。だからそれぞれの土地で地盤作りですね。それと武者修行としてでもあります。西は神戸、北は秋田まで周りました。

――かなりハードな日程だったように思うんですが大丈夫でしたか?

ヒロト:関西で5日間連続ライブとかありました。移動もあるし朝まで打ち上げもあるし(笑)やっぱりそこでしか時間共有できない人もいるんで、メンバーは全力で打ち上げに臨みますね。俺は体調で調子が変わったりするんで、わりと気を使ってくれたりして。そういうところは助かりました。

――いいメンバーに恵まれましたね。この先の目標はなにかありますか?

ヒロト:そうですね…ここ1~2年は自分が思ってることをやってきて、地道に少しずつ評価してもらって。でもフジロックに出る!とかの目標はないんですよね。目の前のことをやってこのままいけばもっと評価されるし、もっと色んなところでやれるようになる。俺達が好きな音楽に受け入れてもらいたいですね。突き詰めていけば評価してもらえると思ってます。

――リスナーに伝えていきたいことはなにかありますか?

ヒロト:その人にとっての道具だったり、おもちゃだったり、支えだったり。聴いてくれる人が一番いいように使ってくれればいいかなって。俺もそうしてきたんで。楽しいときは楽しい音楽、強く心を持ちたいときはそういう音楽で。俺達が提示してるものがその人にとっての生活の一部になれたら嬉しいな、とは思います。

――では最後に、この記事を読んでくれている読者にメッセージはありますか?

ヒロト:単純にほかの記事だったり、音源だったりをチェックして欲しいですね。普通に(笑)

――では今後もチェックさせていただきます!今日はありがとうございました!

ヒロト:こちらこそありがとうございました!


(取材・文:腰越 洋匡)

【プロフィール】

Moshu(モシュ)

2012年結成。
小林ヒロト(Vo.gt)、マキノシン(Ba.)、ぱや(Dr.cho)によるスリーピース日本語ロックバンド。現在、東京や群馬など関東を中心に活動している。2016.08に1st mini Album「裸眼」をリリース。全国25ヶ所のツアーを敢行し、2016.11.12渋谷「乙-kinoto-」にてツアーファイナル。満員のライブを終えた。2016.12.09にNew single「nameless」をリリース。


【MV】「nameless」



【LIVE INFO】

2017/4/19(水)「Time is Running」
至 渋谷乙
OPEN/START :--/--:--
ADV/DOOR \2,000 \2,400

スマトラブラックタイガー/オトロシ/クロノマップ/モノクロ街道/ P.G Good Taste

2017/4/22(土)
「I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER」
至 群馬音楽センター
OPEN/START 11:00/12:00
 前売り/通し \5,500 \9,000

LACCOTOWER/ircle/Ivy to Fraudulent Game/KAKASHI/片平里菜×cinema staff/cinema staff/SUPER BEAVER/NUBO/秀吉/ラックライフ/忘れらんねえよ

2017/5/1(月)
「ZowieZowieZowie 1`st mini album "departure" release tour 」
至 金沢vanvan
OPEN/START 17:30/18:00
ADV/DOOR \1,200 \1,500

ZowieZowieZowie and more...

2017/5/2(火)
「ASR RECORDS presents 『Crimson Ballroom』  ZowieZowieZowie 1`st mini album "departure" release tour 」
至 天王寺fireloop
OPEN/START 18:30/19:00
ADV/DOOR \2,000 \2,500

ZowieZowieZowie/phyxmoment/青に晴れる/the seadays

2017/5/3(水)
「ZowieZowieZowie 1`st mini album "departure" release tour 」
至 京都LIVE HOUSE gattaca
OPEN/START 18:00/18:30
ADV/DOOR \2,000 \2,500

ZowieZowieZowie/橙々/GENNARI/街人

2017/5/4(木)
「神戸ART HOUSE pre 『音の渦』 ZowieZowieZowie 1`st mini album "departure" release tour 」
至 神戸ART HOUSE
OPEN/START 17:30/18:00
ADV/DOOR 1,700 \2,200

ZowieZowieZowie/bootleg/verrolls/Stigmatic/アスミライ/蜂月の秘密

2017/5/5(金)
「Hanazy(キノトPA)BxDx proudly presents 『The Sentinel vol.5』」
至 渋谷乙
OPEN/START --:--/--:--
ADV/DOOR \-,--- \-,---

ZowieZowieZowie/鋼鉄打撃王/EVIOUS/FOOLA/Tetsuu Ota Trio/TEXAS COMMANDO/乙/鏡花乱舞 and more...

2017/5/6(土)
「ナイフ革命 5th Anniversary GW SPECIAL」
至 仙台RIPPLE
OPEN/START 13:30/14:00
ADV/DOOR \1.000 \1.200

"ゲスト"   KAKASHI/Moshu
放課後賢者タイム/カリソメ/オムゼウス/At five twenty/Removal of fear/Vivid Bright Glorious/The Adam`s Apple/Compass/zizi/ダルせーニョ/Ft.

関連するワード