みなさんは、いちご狩りの楽しみ方を知っていますか?いちご狩りのシーズンや美味しい食べ方を知っているだけで、何倍もいちご狩りを楽しむことができます。今回は、いちご狩りの楽しみ方を「4つ」ご紹介したいと思います。

いちご狩りはいつがおすすめ?「いちごが美味しい時期」を知る



いちご狩りの楽しみ方の1つ目は、「時期」です。いちご狩りを楽しむためには、1番美味しいとされる時期を知ることで違ってきます 。

いちご狩りのイメージは3月くらいの暖かくなってからですが、1月も美味しいいちごを食べることができる季節と言われています。寒い期間は、いちごの成長がゆっくりなため、糖分が十分に蓄えられ、とても甘いいちごになるのです。そして、午前中に行くと、大きくて良いいちごがたくさんあるので狙い目です。

美味しいいちごってどんないちご?美味しい、「いちごの見分け方」



せっかくの楽しいいちご狩りも、酸っぱかったり、水っぽいいちごばかりでは気分が沈んでしまいますよね。いちご狩りの楽しみ方の2つ目は、「いちごの見分け方」です。

美味しくて甘いいちごの特徴は、ヘタが濃い緑で、元気に反り返っています。そして、表面に光沢があってヘタの近くまで真っ赤ないちごです。

とても美味しいいちごは、ヘタの根元が締まっていて、ひし形になっています。また、葉っぱの陰に隠れているいちごは、見つけにくいため、熟していて日陰で冷たくなっているので、より美味しいでしょう。

いちご狩りのお悩み解決!プチッと気持ちよい、「いちごの取り方」



いちご狩りで、引っ張ってもなかなか取れない!ということ、みなさんも一度はあるのでは?プチっと茎から気持ちよく取れないと、少しイライラしていちご狩りの楽しみが半減してしまいますよね。

いちご狩りの楽しみ方の3つ目は「取り方」です。まず、人差し指と中指の間にいちごを挟み、少し手首を曲げるように手前に引っ張るとプチンと気持ちよく取れます。いちごが潰れないように優しく包み込むように掴むのがコツです。みなさんも、プチンと気持ちよく取ってみましょう。

いちご狩りのいちご、どうやって食べる?美味しい、「いちごの食べ方」



美味しそうないちごを見つけたら、美味しく食べちゃいましょう!いちご狩りの楽しみ方の4つ目は、「食べ方」です。みなさんは、いちご狩りのとき、いちごをどのように食べていますか?いちごのヘタ側?先端側?それとも、真ん中から?

いちごは先端が1番甘いので、ヘタ側から食べると、より甘さを感じ、美味しく味わうことができます。そして、食べ始めからコンデンスミルクをつけない方が飽きずにイチゴ狩りを楽しむことができるのでおすすめです。
(撮影/本島真美)

まとめ


さて、今回の「いちご狩りの4つの楽しみ方」はいかがでしたでしょうか。いちご狩りは、楽しみながらいちごの実り方が学べ、食育にピッタリです。どんな食べ物も生産者さんが愛情をたっぷりかけて育てているので、それを感じ、生産者さんに感謝しながらマナーを守っていちご狩りを楽しみましょう。

<ライター>

まぁさん
この度ドーモプラスにて記事掲載させていただくことになりました「まぁさん」です。静岡県在住なので、静岡県内の観光スポットやデートスポットを中心に、紹介していこうと思います。

関連するワード