どんなに気をつけていても避けられない遅刻、ありますよね。寝坊などは論外ですが、学校の授業が長引いたり交通機関がストップしてしまったりと、自分ひとりではどうにもならない理由で遅刻すると、つい出勤するのがイヤな気分になってしまいがちです。しかし、そんな時の対処方法次第ではイメージアップにつながることさえあります。万が一アルバイトに遅刻しそうな時、どうすればよいか確認してみましょう。

まずは「上司」へ必ず連絡をしよう!



出勤時間に間に合わないとわかった時点で、まず上司に連絡をします。上司が不在であればリーダーなど指示をあおげる人に連絡しましょう。同僚へのメッセンジャーアプリによる連絡などで済ませる人もいますが、これは論外です。

あくまで、責任者が勤怠について把握した時点で遅刻連絡としてみなされることを忘れないようにしましょう。連絡方法は普段から上司とメッセンジャーアプリをすることが認められており、移動中で通話ができない時であればイレギュラー的に対応してもよいですが、原則は電話で連絡をすることが望ましいでしょう。

また、メッセンジャーによる連絡が認められている場合でも、気付かないこともありますので、やはりまず電話、が基本です。

報告内容は「遅刻の理由」と「どのくらいで着くか」



遅刻をする理由と、到着までの時間によって、上司やバイトリーダーなどの責任者が対応方法について検討します。例えば急な体調不良により病院に寄りたいといった場合、職場までの到着時間が読みやすいかかりつけ医と、緊急的にかかった総合病院が混雑していたケースでは、出勤までに必要な時間が違います。

また体調の回復度合いやほかのスタッフの人数などにより、終わり次第出勤を指示されるケースと、欠勤を促されるケースがあります。欠勤になればその人の仕事を他のスタッフでフォローしてもらうか、代わりのスタッフを呼ぶか判断することになります。責任者に効率よく判断をしてもらうためには、的確な状況を報告しましょう。

必要に応じて「遅延証明書」をもらおう



例えばアルバイトでも実績によりボーナスが付く就業先などでは、勤怠が給与査定の基準となることがあります。やむをえない遅刻として認められている有名なものでは、「交通機関の遅延による遅刻」があります。車両事故などで大幅に遅刻をすることがわかった場合は、必ずこの「遅延証明書」を受け取るようにしましょう。交通機関にもよりますが、遅延の内容が車両故障や人身事故などで、大幅に遅延した場合には発行されるケースが多いようです。

まとめ


いかがでしたか?遅刻はもちろんしないことが大原則です。普段から体調管理や寝坊をしにくい規則正しい生活を送ることは不可欠で、さらに時間に余裕をもって出勤するのが基本、と心得ておきましょう。ちなみに遅刻だけではなく、納期が決まった仕事をする時にも同じことが言えます。納期オーバーが予想された時点で必ず上司の指示をあおぐことが大切です。


関連するワード