工場では、ベルトコンベアーなどで大小の生産ラインが敷かれ、厳しい決まりに沿って原料や材料を組み合わせながらモノを完成させ出荷するところまでが行われています。倉庫管理のバイトもその中に含まれます。世の中にはいろんな種類の工場がありますが、その仕事の実態と工場でバイトをするメリットをご紹介しましょう。

工場バイトの仕事内容



工場での仕事にはどんな種類があるのでしょう。何を作っているのかによって特徴は異なりますが、比較的軽作業が多いです。ひとつのものを作るために流れ作業で行うことが多く、扱うものが何であってもその作業の時間、量、タイミング、長さ、重さ、色、カタチ、角度すべてが綿密に決められています。

それをひとつ間違えてしまうと不良品を出してしまうことになるので正確さが求められます。また、仕分け作業や必要な物を一カ所に揃える、箱詰め、部品の組み立て、検品作業などもあります。

工場の倉庫バイトでは、原料や材料、また完成した製品の在庫の入庫・出庫の管理を行います。正確な数字を記録しながら、多すぎて無駄になったり、不足して生産や出荷を止めてしまったりすることのないよう的確な配置と整理整頓が重要です。個数の管理にはバーコードなどでシステム管理されている工場が多いです。

工場バイトのやりがいとメリット



工場でのバイトのメリットは、難しいことは少なく、単純な作業が行える点です。特定のスキルが求められることも少なく、経験が無くても就業できる可能性があるでしょう。

それぞれの持ち場を担当する仲間と一緒に、ひとつのものを作り上げていくので責任感と一体感を持って働くことができますし、一緒に働く人たちとの交流も増えるにつれて楽しみも増していく仕事でもあります。

工場で働く人たちは同年代ばかりではないはずです。一緒に同じ仕事をしたり、教わったり、協力し合う中でいい社会勉強にもなるでしょう。

工場バイトはどんな人が向いてる?



工場でのバイトに向いている人は、ひとつのことを黙々と行うことができる人です。バイト内容が単調に感じる方もいるかもしれません。しかし、作業の正確さが求められるため、同じ作業の繰り返しになるので根気のある人、同じことを行っていても集中力を保つことができる人が向いているでしょう。

反対に飽き性の人、いろいろなことに興味が湧くタイプの人は退屈に感じられる仕事かもしれません。作業内容にはルールがあります。きちんと守れる人、制限や規制に窮屈さを感じなければ気持ちよく続けていくことができるでしょう。

まとめ


難しいことは少なく、責任感をもって集中してコツコツと作業を行うことが重要な工場でのバイト。バイト意外の時間も充実させたい方や、集中して一つの仕事に取り組みたいと考えている人にはぴったりのバイトと言えるでしょう。


関連するワード