常にたくさんの人で賑わっている、スーパーでのバイト。日常で良く利用する方も多く、学生の皆さんにも身近な印象なのではないでしょうか。今回はスーパーのバイトの面接でよく聞かれる質問とその回答のコツをご紹介します。

質問1.今日はどちらから?通勤方法は?



実は、どこから通勤するのかということはとても重要です。遠方から通う場合、人件費の面からも高額な交通費を払ってまで来てもらうことは、店の経営を任されている店長にとってリスクです。

「自転車なら○○分で着きます」や、「歩いても○○分くらいです」というような、通勤しやすいイメージを与える表現が良いでしょう。是非働きたいという気持ちと、通勤費はあまりかかりそうにないというプラスイメージを与えることができます。

質問2.仕事は週にどのくらい入れますか?



週にどのくらいシフトに入れるのかということも、とても重要です。融通のきくシフト希望の人(勤務時間・曜日制限の少ない人)はお店にとって、とても重宝がられます。

また、時間や曜日は正確に伝えましょう。「何曜日以外だったら入れます」「学校が終わって午後5時からは大丈夫です」などと具体的に伝えると良いでしょう。

質問3.なぜスーパーなの?なぜうちなの?



志望動機はどんなアルバイトの面接でも大切なポイントです。しかし、あまり強い動機が無いのに無理してつくろうと、相手も不信感やマイナスイメージを持つことにもなりかねません。

スーパーマーケットは地域に密着していて、色々な人が働ける職場でもあるので、自分の都合に合うことも立派な志望動機です。「学校の帰り道で家も近いものですから」や「一度接客の勉強をしたいと思いまして」というふうに素直に話をしましょう。

質問4.これまでどんな仕事をしましたか?



スーパーの仕事では、レジが立て込んだり、品出しが間に合わなかったり、お客様からのクレームがあったりと、予期せぬことが起こる場合もあります。そういったときに、自ら進んでチームの手助けが出来るかどうかは大切なポイントです。出来るだけチームで行った仕事の経験を話すと良いでしょう。

スーパーでの仕事の経験が無い場合は、他のバイトでの体験を話すのもひとつの手です。「清掃の仕事をみんなで協力して行っていました」や「引越しの仕事の経験があります。仲間と力を合わせて一日に二軒くらいこなしていました」などと伝えると良いでしょう。

まとめ


スーパーは幅広い年代の人が働く場所です。また、アルバイトをすることによって、人間関係や商品知識、販売知識、接客応対の仕方など、学べることも多いのがこの仕事の魅力です。是非、面接前によく聞かれる質問とその回答のコツを参考にして、面接を受けてみてはいかがでしょうか。


関連するワード