街中に存在しているレンタルビデオ屋で働いているスタッフはアルバイトであることが多く、求人サイトなどで募集を見かけることもあるでしょう。最近ではコミックや文房具などを一緒に取り扱うなど、多様な展開をみせている店舗も増えています。今回はそんなレンタルビデオ屋での仕事内容を紹介していきます。

基本はレンタルビデオの整理とレジ打ち



レンタルビデオ屋のアルバイトがする最も基本的な仕事は商品陳列とレジ打ちです。商品陳列ではお客様が返却してきたビデオやDVD、CDなどをしかるべき場所に戻す必要があります。地味な作業に思えるかもしれませんが、場所を誤ってしまうと探し直すことが非常に困難になるため、確実性が求められる仕事です。

また商品陳列をしている際にお客様に探し物の在り処や在庫状況を聞かれることが多いので、ある程度どこに何があるのかを把握しておくようにしましょう。

レジ打ちではレンタルビデオの貸し出しや返却手続きを行いながら、精算をしていきます。レンタルする泊数によって料金は異なってくるため、伺うことを忘れないように。ビデオやDVDは壊れやすい商品なので梱包するときには取り扱いに気をつけましょう。

店内のレイアウトを任されることもあり



レンタルビデオ屋ではアルバイトは店頭や店内、トイレの掃除を任されることが多いものですが、熱心に働いているスタッフや人手が足りないレンタルビデオ屋では店内のレイアウトを任されることもあります。

レイアウトとはおすすめのビデオやDVDの横に「店員のおすすめポイント」が書かれたポップを貼ったり、商品の販促グッズを飾ったりする作業です。最近はレイアウトに工夫を凝らしている店舗が多いため、少しでも売り場を華やかにしてお店を盛り立てていく必要がありますね。

映画やドラマが好きでレンタルビデオ屋で働きたいと思っている人は多いので、こうした仕事を任せられると俄然やる気がでてくるでしょう。主観に走りすぎない程度に商品の推薦文を考えてみてはどうでしょうか。手に取ってくれる人がいるとやる気も格段に高まります。

お客様への催促電話もあり



どんなアルバイトでも嫌だなと感じる仕事内容はあるものです。レンタルビデオ屋のアルバイトでつらいことといえば、延滞しているお客様に電話をかけて返却を催促することでしょう。もしかするとネチネチと嫌味を言われたり、大声で怒鳴られたりすることもあるかもしれません。

しかし電話でのやり取りであるため、直に言われるよりはダメージが少ないはずです。あまりにもひどいお客様には社員が対応することが多いので、必要以上に恐れることなく毅然と対応することが求められます。

まとめ


レンタルビデオ屋のアルバイトは、映画やドラマ鑑賞を趣味としている人にとっては新作リリース情報がいち早く手に入るため楽しく仕事をすることができるでしょう。しかしあくまでアルバイトであるため、商品とお客様に対して丁寧に接する態度が求められます。気になる人は近くのレンタルショップの求人情報を探してみてはいかがですか。


関連するワード