これまで日本では履歴書にパソコンを使わず、手書きで作成する風潮が一般的でしたがグローバル化やIT化が進むにつれて、パソコンで書かれた履歴書が認められるようになってきました。

アルバイトで履歴書を書く際にもパソコンを使用してもよいものか悩んでしまう人も多いかと思いますが、応募する企業によって異なってくるので注意が必要です。ここではパソコンで作成してもよいバイト先の特徴とともに、手書きの履歴書を作成した方がよいバイト先の特徴も合わせて紹介していきます。

パソコンの履歴書が認められやすい募集企業はどこ?



まだまだ手書きの履歴書の方にポイントが高い傾向にあるのは、社員もアルバイトも同じこと。しかしその一方でパソコンによる履歴書の方が認められやすい業界もあります。例えば、ウェブデザイナーやウェブライターなどパソコンを使用することが多いIT系の求人に応募するときにパソコンを使って履歴書を作ると、ITスキルをアピールすることができます。

また、求人募集をウェブ上で行っている企業に応募する際には、パソコンで履歴書を作っておくと添付ファイルで送信することができるため、おすすめです。ただし、自作の履歴書フォームは応募者にとって都合のいいことしか書いていないのではないかと勘繰られる恐れがあるため、あまりおすすめできません。パソコンで履歴書を作成する際には、ウェブ上の履歴書をダウンロードして使用するようにしましょう。

手書きの履歴書が評価されやすい募集先とは



「文字を見ればその人の人となりがわかる」と考え、手書きの履歴書を推奨している企業はまだまだ多く、特に仕事でパソコンを使う機会がさほどない接客業や販売業に目立ちます。パソコンで作成した履歴書を持参すると「手抜き」と思われてしまう可能性があるので、多少面倒でも手書きの履歴書を用意する方が、良い印象をあたえるかもしれません。

また、長年続いている老舗の会社や、人に自分の字を見せることが多い教師や講師などのアルバイトに応募する際にも手書きの履歴書がよしとされています。手書きの履歴書は自分の個性を発揮できるところが長所ですが、一文字誤ってしまうだけですべてやり直しとなってしまいます。あらかじめ予備の履歴書を何枚か用意しておくことがおすすめです。

手書きとパソコンの履歴書のメリット・デメリット



手書きの履歴書にもパソコンによる履歴書にもそれぞれメリット、デメリットがあります。どちらがよくてどちらがだめと一概にいうことはできませんが、それぞれを上手に使い分けることによってスムーズに応募することができるのでメリット・デメリットを知っておいて損はありません。

手書きの履歴書の最大のメリットといえるのは、文字で自分の個性をアピールできるということ。字を書くことに自信がない人でも丁寧に書くことによって、やる気や誠実さを伝えることができるでしょう。反対にデメリットはとにかく手間と時間がかかり、一文字間違えただけでやり直しになってしまうことにあります。履歴書用紙や筆記用具を揃えるのにお金がかかるところもデメリットのひとつです。

反対にパソコンによる履歴書は間違えても簡単に修正できる手軽さと、志望動機さえ変えれば何度もコピペできる点にあります。しかし、それゆえに手抜き、個性がないと思われてしまうリスクもあります。どちらでもすぐに対応できるように、あらかじめ見本を作っておくと慌てずにすむでしょう。

まとめ


最近ではパソコンによる履歴書も珍しくはなくなってきているため、応募する企業によっては活用していっても問題はありません。パソコンで作った履歴書は癖がなく読みやすいというメリットもあるため、スマートという印象を与えることもできます。応募先によって上手に使い分けたいものですね。


関連するワード