働いた分の給料に加えて、基本家賃0円で生活できる住み込みのバイト。

夏休みや冬休みに大自然に囲まれた場所でできるリゾート系バイトから、アクセス抜群の都心で働けるものまで職種はさまざまです。

この記事では、住み込みバイトのおすすめ職種を紹介します。


メリット多数!住み込みのバイト


住み込みバイトの最大のメリットは、基本家賃がかからない点です。「稼ぎたい」「貯金をしたい」という方にはもってこいですね。さらに、光熱費の負担がなかったり、食事の補助が出たりというケースもあるので、節約の意味でも大きなメリットです!


また、滞在場所から職場が直結していることが多いので、通勤が楽なのも魅力の一つ。勤務地にもよりますが、リゾート系のバイトなら旅行気分で楽しく仕事ができるという良さもあります。


住み込みバイトのおすすめ9選


ここでは、おすすめの職種を9つ紹介します。それぞれに魅力があるので、どの仕事が自分に合うか参考にしてみてください。


【旅館・ホテル】

旅館やホテルの住み込みバイトは、夏休みや年末年始などの繁忙期に短期で募集されることが多いです。特にリゾート地では、遠方も含めて広く募集がかかります。仕事内容としては、フロントや仲居、清掃などがメインです。


住まいは旅館やホテルの一室をそのまま貸し出してもらえる(募集先によって異なります)ので、温泉に入り放題なんてところも!仕事で浴衣を着たり、懐石料理をまかないで食べられたりするのも魅力です。また、バイトを通して礼儀作法を学べるというメリットがある一方で、お客様のさまざまな要望に対応したり、コミュニケーションをとったりするのに一苦労という面もあります。


【農業・牧場】

農業や牧場は長期の仕事になることが多く一般的には正社員募集がメインですが、バイト募集がかかることもあります。主な仕事は、野菜などの栽培や収穫、動物のエサやりや飼育小屋の清掃などになります。採れたての新鮮な野菜を食べられたり、動物たちと触れ合えたり、大自然に囲まれながらの仕事は魅力的で一度経験したいという方も多いのではないでしょうか。


農業・牧場の住み込みバイトは専用の寮を一室支給されます。朝早くから作業が始まることが多く、畑を耕したり重いエサを運んだりすることもあるので、基本体力仕事です。早起きの習慣と最低限の体力が必要になるでしょう。


【季節のアクティビティガイド】

スキューバダイビングやボートなど、アクティビティの案内が主な仕事で、繁忙期に短期で募集されることが多いです。広大な海や生い茂る森林など、、非日常の世界で仕事をすることができます。


専用の寮を一室支給されることが多いですが、コンビニやスーパーなどへのアクセスが悪い場合があります。また、アクティビティによっては利用者の命を預かる仕事ともいえるので、楽しい面だけでなく慎重さや責任感も求められます。


【寮の管理人】

学生寮や社員寮の管理人として、寮の一室に住み込みながら働きます。基本的には1年以上の長期で採用され、シニア層が多いのが特徴です。監視カメラのチェック、窓口対応、共用部分の清掃などがメインの仕事で、食事の提供を行う場合もあります。


体力的にも精神的にも比較的ストレスが少ないのが魅力の一つですが、管理人室に座っている時間が長いので変化は少ないかもしれません。また、勤務時間が朝早かったり夜遅かったりするため、プライベートとの区別が付きにくい面もあります。


【スキー場・プール】

リフトの案内、プールの監視員、レストランスタッフ、ショップスタッフなど、2~3ヶ月程度の期間限定で募集が行われます。社員寮や施設に併設されているホテルの一室に住み込みとなるケースが一般的です。


スキー場・プールスタッフの場合は、特典としてリフト券やプールの利用ができる場合もあり、冬のスポーツや泳ぐことが好きな人にはもってこいのバイトです。


【工場・軽作業】

自動車工場や電子部品工場では、工場の繁忙期に期間限定で契約社員やアルバイトを募集します。工場が郊外にあることも多く、交通の便が悪いため社員寮の一室を貸してもらえることが多いようです。


専門スキルが求められる作業は社員が担当し、バイトは出来上がった部品の検品などがメインとなります。人とのコミュニケーションが少なく、自分のペースで黙々と働くことができるのはメリットですが、一方で長時間同じ作業の繰り返しであることが多いので、仕事の向き不向きがあります。


【新聞配達】

深夜2~3時に出勤し、3時30分頃から配達作業がスタートする朝刊の新聞配達。始発も動いていない時間なので、社員寮が用意されていることがあります。基本は1年以上の長期で募集されることがほとんどです。


新聞の荷下ろし、チラシの折り込み、配達が主な仕事で、人と関わる機会が少ないので自分のペースで働けるのが魅力の一つ。ただし、多くの家を回らなければならないほか、特に夏や冬は天候によって体力的にきつい日もあります。


【警備】

深夜の交通誘導など、住み込みで募集させることもある警備の仕事。社員寮に泊まるケースが多く、人手不足の現場では短期でも歓迎される傾向にあります。


配置場所や警備の内容によっては重労働のこともあるので、比較的給料は高め。ただし、住み込みの警備の場合は、昼夜逆転の生活になることも想定しておきましょう。


【パチンコ店】

地域密着型のパチンコ店は交通の便が悪いこともあるため、住み込みでバイトを募集することがあります。専用の社員寮のほか、アパートやマンションの一室を貸してもらえることが多いようです。


パチンコ台の清掃、景品交換、飲食物の提供などが主な仕事。以前は、ドル箱を積むなど体力的に大変なイメージでしたが、最近は機械が行う店舗が増えています。パチンコ店特有の音がうるさいというデメリットはあるものの、高時給でもあるためデメリットが気にならない人やパチンコが好きな人にはおすすめです。




住み込みバイトのデメリット


魅力の多い住み込みバイトですが、デメリットもあります。たとえば、リゾート地の住み込みバイトは、近くにコンビニやスーパーなどがないこともあり、不便になるケースも。


また、長期の住み込みバイトのために一度引っ越ししてしまうと、途中で寮生活や仕事を辞めたくてもそう簡単にはいかないのも大きなストレスです。プライベートと仕事の区別も付きづらいので、仕事の内容や一日のスケジュールなどをしっかりイメージし自分に合った仕事を見つけることが大切です。


お金を貯めるなら住み込みバイト!


住み込みバイトは、家賃や光熱費がかからないところも多く貯金をしたい人にはピッタリです。中には旅行気分を味わえるような仕事もあり、まさに一石二鳥。短期で終わるものから長期でできるものまであり、仕事内容もさまざま。自分に合っている仕事を探してみましょう。


2022年11月16日公開



<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。



関連するワード